日本の冬とは?、横浜山手の小さな秋

ブロックされているコンテンツを許可してご覧下さい。
 
 2014年11月7日の「立冬」から4日後の、11月10日(月曜日)晴天との天気予報を見て、重たい写真機を首から提げて、山手の「元町公園前」で、バスを降りました。
 欧米では、子供のころから、春は春分から、夏は夏至から、秋は秋分から、冬は冬至からと教えられて居るのに、何故、日本では、8月7日から秋になるのか等、兼ねて日本の四季の定義に疑問を持 って居ます。季節に敏感な俳句作るのには、小さな心労の種でもあります。特に今年は、立冬だと云うのに庭の楓は青々とし、夏蜜柑もまだ青いのです。 其処で今日は此の街の何処かで、「小さい秋」を撮ろうと思っ て散歩に出ました。
 弓道場とプールを覗 いた後「日本庭球発祥之地」まで引き返すこととしました。テニスコートでは二組の若い人が球を打ち、心地よい音を響かせていました。再び徒歩で、港の見える丘公園に戻り、山下公園内 に降りて、コンビニでチキン・ナゲットの昼飯を済ませました。皆様に大桟橋のすぐ目と鼻の先に「米軍基地」が在ることを知って頂きたかったので、大桟橋へ歩きました。 大桟橋はガラガラでした。コーヒーショップの店員が「月曜は、湾内のディナー・クルーズが無いので暇なのです」と嘆いて見せました。 空が曇って、撮影には最悪となり、今日はお仕舞いです。後日、「米軍基地」の写真を撮り直しました。
下の写真それぞれをクリックして頂くと。大きな写真が別 のウインドウで表示されます。それを消してくだされば元の画面だけが残ります。「強行軍」に疲れ、大桟橋から観光バス「赤い靴」に乗って桜木町へ行き、バスで早めに帰宅しました。 
庭の夏蜜柑(収穫は来年3月頃)です バス停「元町公園前」の桜は薄紅葉です
プールサイドのみ紅葉していました 山手八十番館遺跡には
銀杏が沢山落ちていますが、公孫樹はまだ緑です 1878年のレディース・ローンテニスが此処だそうです
テニス発祥の地、記念館 日本庭球発祥之地の展示品
西洋館、レストランのエントランス 公孫樹はまだ薄黄葉
元町公園前に戻りました 外人墓地から初秋の景
港の見える丘では、美人モデルを撮影中 山下公園前の海岸通りの公孫樹並木
赤い靴はいてた女の子の顔 何を撮って居るの?
新婚さんが演技中 湾の観光船には既にサンタさん
小さい秋はなかなか見付からず 米軍の輸送基地の風力発電機が珍しく回っています