中西部(シカゴ)その−1HOME

(1) シカゴでの盗難事件

Chicagoはビジネスの街で、観光客は少なく、日本人に出会う確率は低いと思います。私もビジネスで3回訪ね、観光目的で訪れたのは1回に留まります。この大都会に数ヶ月滞在すれば、本当のアメリカを知る事になるのでしょう。搭乗機の機内放送で、「まもなくオヘアへの着陸体勢に入ります」と聞いて、瞬間的に「あれ!シカゴは未だかな」と思ったのも懐かしい想い出です。後日私(一等)に同行した部下(ビジネス席)は、隣の米人に Going to Cargo? と聞かれて、NO!と答えました。自分が荷物扱いされたと勘違いしたそうです。アクセントがカーゴに在り、Chiが聞こえないのです。
 シカゴの中心街は、ミシガン湖の南側に広がり、対岸は、もうカナダです。最初に訪ねた時は、国際会議の期間中で、適当なホテルが満杯で、地図を調べ、ビジネスにも便利らしい、ミシガン湖に面したホテル Hotel Black Stone を予約しました。 到着して先ず、予想よりもやや小振りなホテルと感じましたが、フロントで、割り当てられて部屋に入って、ビックリ仰天しました。 部屋の窓側のテーブルの上の灰皿に、部屋の鍵束がどっさり積んであるのです。
 鍵を数えると4組ありました。フロントで受け取った鍵と合わせて、私の手元には、5組の鍵があるのです。4組の鍵をフロントに返しましたが、何故そんなに沢山の鍵が部屋に放置されていたのか判りません。フロントの係員もThank you 以外言いませんでした。突っこんで訊ねるのも煩わしく、当方も何も言わずに、ホテルを出て近くのレストランへ昼食に出ました。お客さんの殆どが肌の黒い人でした。 こんな管理では、部屋に泥棒が入っても不思議はありません。
 次の出張では、やや高級なホテルHiltonを予約しました。 3回目は、ギャング、アル・カポネが長期滞在していたことで有名な由緒あるホテルを選びました。この時は珍しく、同じ会社の私より5つくらい若い「N さん」を連れていました。
 オヘアへは、早朝到着の全日空便だったため、タクシーでホテルに着いた時刻には、準備の出来た空き部屋が無く、フロントで小一時間待つこととなりました。 待ち時間が勿体ない、外を散歩しようと、二人でフロントの横のドアを入り、「荷物一時預かり所」に入りました。 スーツケースを預け、クレーム票を受け取った途端に、N君が「ヤラレタ!」と叫びました。アタッシュケースが無くなったのです。パスポート・キャッシュカード・帰りの航空券など、大事な品々が入っていました。
 私はドアを飛び出して、ホテルの玄関へ走りましたが、もう其れらしいアタッシュケースは見つかりません。 N さんは片言英語で何やら係員と交渉して、警察を呼ぶことにしたと言います。1時間ほどで部屋が準備され、部屋で警察を待ちました。2時間の後、私が、荷物一時預かり所に「警察はまだ来ない よ?」と電話した処、係員がN君に「警察を呼ぼうか」と訊ねたら、「No, No !」と言ったので呼んでいない、と言われました。 改めて、警察を頼みました。
 警察官2名が部屋に来たのは、彼の部屋でルームサービスの夕食を摂っている時でした。盗難品が出る筈もありませんが、明日、日本領事館でパスポートの再発行の手続きには、「盗難被害届け」が必要なのです。翌朝は、取引先に断って領事館に行きました。 私が保証人になって手続きを終わり、取引先へ行きました。
その翌日、不思議と(多分、ケース内の往復書簡から判ったらしく)取引先に電話が入ったそうです。女性の声で、「アタッシュケースが私の事務所の前に放置されていたので、N氏本人が来れば、本人である事を確認してから渡します」、と言ったそうです。夕刻指定された事務所へ出向くと、其処はAMEXの事務所で彼女は女性職員でした。朝、AMEX事務所の前に壊れたケースが放置されていたので、彼女が親切に保管して居ました。幸いパスポートと航空券は残されていました。また、領事館に電話です。シカゴとイースト・シカゴでの仕事を無事終え、序でにアトランタでの仕事まで片付けて、無事、帰国しました。
(その2)へ進む

HOME