アメリカ西海岸−1HOME

連邦行政が、管理の便宜上、決めている西海岸とは、ワシントン州、オレゴン州、ネバダ州、カリフォルニア州、アイダホ州です。首都ワシントンDCとの時差は3時間です。私が、便宜上と云うのは、米本土の標準時間帯を4地帯(Four Ranges) とし、通産局、鉱山監督局など州毎に置くほどでもない監督局をこれに合わせているに過ぎないからです。 あとの3地帯は、山岳部、中部、東部です。
西海岸へ人口の移動が始まったのは、鉄道建設が進んだ19世紀半ばのことで、「青年よ西へ行け!」と云う新聞の社説に、心を動かされた多くの若者が集まりました。 ロスアンゼルス市が、この国の第2の人口を誇る大都会になって、まだ100年位しか経っていません。ですから、全てがピカピカなのです。此処には、広大な土地があり、自然があり、石油があり、気候は温暖であり、良いことずくめでした。

ゲーリークーパーは、手も靴(左)も大きいですね。
乗用車サイズを越える車は、映画俳優の家が多い区域には入れません。

(ロスアンゼルス) 私が初めて米国に行った1959年、ロスの空港からの、片側4車線の道路、フリーウェイと呼ばれる無料の高速道路に、こんな国と戦争した日本の無謀さに愕然としました。 海岸線の近くで地下から石油をくみ出すポンプがゆったりと動いている様子は、更に驚きでした。完成後間もないディズニーランドのスケールの大きさに驚きました。ディズニーランド内の食堂で、セルフサービスの昼飯を済ませ、カウンターに戻って容器を返却しようとしたら、彼処に捨てて下さい、と言われて驚いたのも、懐かしい想い出です。
その後も、ロスに行く度に、飛行機から見下ろす住宅街に点在する青いプールにロスアンゼルスは、豊かなアメリカの象徴だなぁと思います。ご存じの様に、雨が少ないロスでは、時々山火事のニュースを聞きます。
 (サンフランシスコ) しかし、今でも米国で一番好きな街は何処ですか、と訊かれれば、私は、「サンフランシスコです」、と答えています。 シスコは、地味な街です。不思議とピッカピッカではありません。 隣家と全く隙間が無い小さな木造の家々、坂道、路面電車、ケーブルカー、霧、小雨、晴れた日の風、不思議と懐かしさを感じるのです。平気でポンコツ車を運転できるのも、この町の人が地味好みだからでしょう。時たま地震があるので高層建築も限られています。
シスコは住み易い街でもあります。東洋の香りと欧州の香りが混ざり合って、不思議な落ち着いた雰囲気を醸している街です。シスコの最大の産業は(Tourism=) 観光産業です。 初めて訪れる方にもゆっくりと過ごして頂きたい街です。 右下の写真は、震災に備えた外付けの階段が取り付けられた建物です。

続きとして、西海岸の景観(ヨセミテなど)に付いて私見を混ぜて書きます。HOME