(まえがき) アメリカ合衆国  HOME

米国の地形

 地図から解る様に、 (太平洋側の)西海岸を少し入ると、Cascade Range 及びSierra Nevada と呼ばれる山脈があります。これ等の山系は、花崗岩などの火山岩で形成され、此の山脈と太平洋に夾まれた細長い部分が西海岸(Pacific Coast) と呼ばれています。 この温暖な地帯は、時として地震もありはしますが、米国では珍しく、緑豊かな、住み易い地帯で、此処150年くらいの間に、シアトル、サンフランシスコ、ロスアンジェルスなど大都会が生まれました。西海岸は西部と呼ばれる区域には入っていません。
 Cascade Range 及びSierra Nevada とRocky Mountains ロッキー山脈に夾まれる高原、及びその東のデンバー付近までは、Mountain Range (山岳地区)と呼ばれ、連邦行政上、西海岸とは別に区分されています。 
 山岳 地帯の入り口には、美しい景観を誇るヨセミテ国立公園などが、中央には、ラスベガス、グランドキャニオンなど不毛を連想させる台地が広がっています。 此の山岳地帯の中央部は太古の海底と考えられ、積層する水成岩が、(風と水の浸食)という神の手になる芸術品が揃っています。 
 Rocky Mountains は火山岩系で、開拓時代には多くの金鉱山が掘られました。チャップリンの映画「黄金狂時代」は、ロッキー山系を舞台としています。 
Rocky の東側からアパラチャ山脈までの広大なエリアを大平原と呼び、アパラチャに近い部分を、中西部(Midwest) と呼んでいます。
 開拓時代のアメリカでは、東海岸のすぐ西にある Appalachian (アパラチャ)山系を越えた処こが西部でした。 
 これらの山系の麓では、隆起によって海底が地表に近づき、各種の天然資源が採掘されています。 Appalachianの石炭、メキシコ湾岸の石油採掘、西海岸の石油の採掘が良く知られています。大西洋の沿岸では、北部のヨーロッパ的な寒さの厳しい処と、南部の温暖なフロリダとでは、住む人の気性も異なる様に感じるのは、私一人ではないと思います。

アメリカの行政

 1776年7月4日がアメリカ建国の日です。(1976年に、$200、$2 の記念紙幣が発行 され、私も手に入れましたが、何時のまにか無くして仕舞い残念です)。 アメリカがの50の州から成る合衆国である事はよく知られています。 ご存じの方も多いと思いますが、ワシントンDCは州ではありません。 飽くまでも首都なのです。 DCはDistrict of Columbia の省略で、日本語に翻訳された例は聞きません。最初、Washington市の周り約100平方哩をWashington D.C.と呼び、その後、150平方哩まで拡張され、例えば、アーリントン墓地はヴァージニア州に食い込んで造成されました。
  州により異なる法律が有り、例えば、ミシシッピー州で女性参政権が認められたのは、第2次世界大戦の後です。 最近、発電所を公害産業として隣接の州に引っ越しさせ、クリーン環境を謳ったカリフォルニアのエネルギー政策が、大失敗した事はご存じの通りです。結婚・離婚の簡単なネバダ州などは日本でも知れれている通りです。
 もう一つ、日本人に誤解されるのは、大きな都市が、「郡」=Countyの中に存在することです。日本では、市(中に町村を含む)は郡に属していませんが、例えば、ハワイには4つのCounty があり、州都・ホノルル市はホノルル郡の中に在ります。
 大統領に対する国民の感情は天皇と総理大臣を併せた様な性格で、大統領は私生活までアメリカ市民のシンボルとして、人気が集まります。「ホワイトハウスのホームページ」を開くと飼っている犬猫の話まで出てきて、市民に親しまれたいと云う大統領府の願望が読みとれます。貴族がいませんので、一般市民から見てロックフェラーの様な古くからの大金持ちは、貴族と考えて差し支えないと思います。
書き続けると切りがありませんので、今回は此処までにします。

アメリカ観光旅行

  何を措いても、BIG!Great !と云う単語無しに、アメリカを語れません。 自然のスケール、都会のスケール、学問のスケール、芸術のスケール、スポーツのスケールの壮大さを味わう旅行を計画して下さい。 BIGの連続です。日本が追いつき・追い越せとあと100年頑張っても、面積・自然・人口の格差から来るレベル差は、カバー出来ないでしょう。 それに今や、平均的日本人は 「頑張ることは良いことだ」とは思わなくなっている様な気がします。
 最近のアメリカでは、稼いで、金を貯めて、老後は、南部でゆっくり暮らすのが、最高の理想の様です。其処まで出来ない人は、私の様に、観光旅行を楽しみます。単身で観光旅行中、突然、隣の中年男/中年女性から、「私達は、00年に移住してきた。貧乏を抜け出し、やっと旅行が楽しめる身分になった。此の旅行は父母と家族への感謝だ」とか、あるいは、「私達の銀婚旅行よ」と、自慢げに話掛けられることが、少なくありません。HOME