西海岸公園巡りのツア−4HOME

     モニュメントバレー
(アメリカの巨大な自然公園を巡って-4) 

 2000年7月2日8時、私達のバスは、田舎町カナブの清潔な Shilo- Motel Innを出発、途中、避寒地レイク・パウエルに立ち寄りながら、いよいよモニュメントバレーに近づきます。 
 バスが目的地に近づくにつれ、左の写真のような、モニュメントらしい形をした岩山が、そこかしこに見え始めます。 この写真は、昼食(ナバホインディアン料理)を摂った村での写真です。 此処に来るまでの私は、西部劇で見た幌馬車の道路が、そのままハイウェイとなり、その両側にモニュメントと呼ばれる岩石の塔が並んでいるものと想像していました。
 しかし、実際には、ハイウエイ163号線は、モニュメントバレーの中を突き抜けていおらず、ハイウェイ163を北上すると、モニュメント群を右に遠望しながら走り抜けて終わります。 モニュメントが近づいたら、右折して、観光案内所に入らねばなりません。 
(写真は昼食を摂った食堂の近くで撮りましたが、簡素なドライブインで物品の販売をしていた屋台店の残骸でした。 景気・不景気とは関係なく、土産物の販売は不振だった様子が窺えます。)
  モニュメントバレーは、580万ヘクタールの広大なナバホ・インディアン保護区の中に在り、約10万人のインディアンが住んでいます。 保護区は、米国から独立したインディアンの自治区であり、これにハイウエイを通す事は出来ません。 
 インディアンは政府からの生活援助を受けながら、観光産業で稼ぎ、まあまあの暮らしをしているのようです。 彼等は、保護を受ける一方で、選挙権も無いなど色々な制限が課せられています。 
(下の写真はジョンフォードポイントからのパノラマです.。軽くするため、小さい写真になりました)HOME

  アメリカン・インディアンは、独自の文化を所有し、昔から、タバコ、ポテト、ゴムの木、砂糖の採れる楓などの栽培を行い、動植物の性質を理解し、毒矢などを使って狩猟も行っていたと言われます。 最近、Indianを Native American と呼ぶ様になりつつあります。 私は、この表現が更に一般化することを期待しています。 その一方で印度人をAsian Indian と呼ぶことが必要になりつつあります。
 モニュメント・バレーの中へ自家用車を乗り入れる事は、インディアンにより規制されています。 インディアンに観光料を支払い、インディアンの車に乗り替えて、案内を受けることとなります。 
 ガイドさんはジープと呼んでいましたが、ピックアップ・トラックの荷台に、ベンチを取り付けた車でした。もうもうと、埃を巻き上げながら進みます。 先頭のトラックは未だ良いのですが、2台目の私達は、埃にまみれて仕舞います。
 下の写真は、トラックの荷台のベンチに座った観光客で、要領の良い客は、防塵のフードを被って、しかも、助手席に乗り込みました。 運転手はインディアンの20才に満たない様な少女でした。 此処でのガイドさんは中年を過ぎのイディアンで、ジョンフォードの様な服を、格好良く着こなしていました。
ジョンフォード・ポイントと呼ばれる丘が、観光と写真撮影の中心です。 此処には、観光客を馬に乗せ$10〜20で写真を撮らせる商売をしている人(白人)もいました。 私達ご一行様の中には、この男の写真を撮る人は居ましたが、この馬に乗った人は居ませんでした。 
 ジョンフォード(1985〜1973)が西部劇の映画監督として天才的な人であったことを知らない人は居ないでしょう。 彼の作った画面構成は、今も、後輩監督連中の教科書とされ、画面の中の椅子一つの配置にも、転がせ、左だ、右だと気を配っていたそうです。 それは映画と言うより、絵画であったと言われています。
 左下の写真は、ジョンフォードの「怒りの葡萄」の一シーンです。 映画産業華やかなりし時代に若き時代を過ごした現在の高齢者には、黒沢明と共に、忘れる事の出来ない監督です。 
 さて、観光トラックは、2〜3百年前にインディアンが描いた壁画を見たり、土饅頭の建物の中に入り、(右下の写真)インディアンの婆様が、糸伝統工芸の紡ぎ、編み物、髪の結いをするのを見学し、記念写真を撮らせて貰いました。 

 序でながらの話と写真です インディアンの婆様
ジョンフォード・ポイントで下の写真を撮り、此処で日没を見たかったのですが、観光トラックは待ってくれません。 私達は観光案内所に戻り、バスに乗り、日没を待って、此処を出発しました。 インディアンの婆様は、日没直前に、迎えの乗用車で村に戻りました。 さすが、このバレーでは、夜の寒さで、土饅頭の家での寝泊まりは難かしいのでしょう。

         

話は飛びますが、今年9月のシドニー (オーストラリア)のオリンピックで、アボリジニーと呼ばれる、原住民の参加が大きくニュースに取り上げられました。 Aborigine の語源は Ab+originです。  即ち、最初のAb-はAbnormal の Ab と同様、以下と言う意味であり、Originは原始ですから。 アボリジニーは、「原始人以下」と言う意味に由来します。 原住民を人間以下とした、入植者の差別意識を見ることが出来ます。 辞書では, Aborigineの訳も差し障りの無い訳になっています。HOME
 ラスベガスとグランドキャニオンは、何度も訪れているので、今回の旅では、記録すべき出来事はありませんでした。強いて言えばキャニオンの「日の出」と「日の入り」の両方を眺めたことです。
 当時ドイツ・ネオナチの不穏な動きが報道されていましたが、世界中の人々が人種的差別無しに、生活できることを祈っています。HOME

2000629 18:00 成田発 JL002
11:00
サンフランシスコ着。直ちにバスで、ヨセミテへ向かう。マリポーサグローブ観光。
Comfort Inn, Oakhurs (オークハースト)泊
630 ヨセミテの頂上(グレイシャー・ポイント)へ。
サンフランシスコへ、同じバスで。Holiday Inn Golden Gate Way 泊
7月 1日 07:30 HP2702で空路ラスベガスへ、08:52 ラスベガス着
荒野を抜けてザイオン国立公園 および ブライスキャニオンへ。Shilo Motel Inn Kanab泊
7月 2日 モニュメントバレーへ。現地オプションでjeepに乗り一周。 Hampton Inn, Kayenta泊
7月 3日 グランドキャニオン観光へ。日没を見終えて、Quality Inn at Grand Canyon 泊
7月 4日 グランドキャニオンで日の出の観光後、ラスベガスへ。ラスベガス2時間の観光
夜は自由行動。劇場でダンスのショーを見ました。夕食は寿司(自弁)。 San Remo Casino & Hotel 泊
7月 5日 朝食は自弁。 1125ラスベガス発 1245 ロス着
14
30ロス発  JAL 02
5
7月 6日 1750 成田着