西海岸公園巡りのツア−3

国立公園ザイオン&ブライス・キャニオンHOME
(アメリカの巨大な自然公園を巡って-3) 

 200年7月1日、私達は、アメリカで一番好きな街、サンフランシスコをゆっくり見物する時間も無く、5時に起床し、一昨日着いたサンフランシスコ空港に戻りました。 空港でバスを降りるとき、弁当を渡され、チェックイン直後、開いて朝食です。一人旅では少し恥ずかしいですが、団体の力で平気で食べました。 質素な「おにぎり弁当」でしたが、私達が一昨年と昨年、続けて立ち寄った「勘太郎」寿司の弁当であったことに心が和みました。 
 「勘太郎」はUnion Square からも近く、美味しい寿司屋です。味は東京の一流に引けを取りません。機会のある方にお奨めの食事処です。値段も手頃で、昼飯時は外にまで列が出来ています。店に頼まれた訳ではありませんが、少し我慢して待ってでも、食べて見てください。
ラスベガス空港では到着口を出ると、周囲では、朝から、チャリン・ジャラジャラと、パチンコならぬスロットマシーンの音が彼方此方から聞こえます。 スロットマシーンは、「Single handed bandit」=「片腕の盗賊」と呼ばれて来ましたが、今や日本のパチンコ同様、ボタンを押すだけで、お金が吸い込まれて行きますから、「Single buttoned bandit」とでも呼ぶのでしょうか? 
 昔の風情を惜しむ中高年の客を満足させるため、引きハンドルは未だ残されていて、爺様・婆様はハンドルを引いて、ゆっくり楽しんでいます。  (左上の写真は、左から 倉坂さん、私、黒畑さん、倉坂・黒畑の両氏は、今ばりばりの、1959年生まれです)
 考えてみれば、このハンドルは皆、機械の右側に有りますから、左利きの人には不便かも知れませんし、腕に障碍のある人は使えない訳です。 ボタン式は車椅子からでも使えそうです。
  今朝は、機械に金を入れる余裕も有りません。  回転テーブルから出てくる荷物を受け取ると、同行のツアーコンダクター、黒畑さん、に従って、外に出て、出迎えのガイド、倉坂さん、に従いて荷物を曳き、バスに向かいます。 高齢者には一番辛い10分ほどの作業です。 がまん、がまん。
 外に出ると、正面を少しはずれた裏手に、比較的新しいバスが待っていました。昇降口に「Lifting Step」と書いてあるので、翌日、運転手に訊ねたら、車体全体が、停車時に、25cm下がるのだそうです。 つまり空気バネの空気を抜いて下げるのです。 
空気バネと、重ね板バネの組み合わせも素晴らしく、乗り心地は VERY GOOD です。 横浜市には、ステップだけが下がるバスがありますが、若い人が躓いたり、年寄りが踏み損ねたりします。 車全体が上り下りするバスはありません。 空気バネは、30年も昔、日本でも一時使われましたが、妙な揺れ方で、乗客は車酔いに悩まされ、評判が悪く、今は見掛けない様です。 身障者や老人に優しい国の技術には学ぶべき処が多いですね。
  さて、バスは砂漠の中をザイオンへとひた走りました。「ザイオン」とは聞き慣れないでしょうが、「シオン」と読めばお判りの方も多いことでしょう。  旧約聖書に記されている場所で、エルサレムにある丘の名称です。
紀元前10世紀ころ、ダビデがシオンの丘に城を築き、その子ソロモン王がエホバの神殿を築きました。 ザイオン国立公園と呼ばれるのは、ここの巨岩が、イスラエルの三聖人(アブラハム、イサク、ヤコブ)に似て見えるからです。 日本人には人物彫刻に近いかなぁーと思える程度です。  更に、West Temple「西の神殿」もあり、この地域全体が、(私の未だ見ぬ)気象条件や地形が、荒れ地の多いエルサレムに似ていて、ユダヤ系の人には懐かしい場所なのだと思われます。 上と左の写真は三聖人に見立てられる風化岩です。
 公園入り口の観光案内所でサンドイッチを食べ、可成りの時間的余裕を以て、近くを散策しました。公園と言っても三聖人に似た岩を見るだけのことで、時間は掛からないのです。 公園の中心部を廻ってから、ブライスキャニオンに向かって移動する途中でステーキの夕食を摂りましたが、時刻が早すぎて、昼飯か夕飯か判らぬまま食べました。 
 ユタ州、アリゾナ州、コロラド州の三州を跨ぐ国立公園を廻るのには、移動に多くの時間を割かねばなりません。 ザイオンとブライスの距離は近いのですが、ラスベガスからザイオンまでが長距離です。
  Monument Valley とGrand Canyon を含む、4つの公園の観光の拠点としては、Lake Powell= パウエル湖が、その中心部で便利な様です。もし、個人旅行でこれらの公園を訪れたい方は、Lake Powell を拠点に3〜4泊程度で廻れば、良いでしょう。  但し、Lake Powell では、湖でボートに乗るか、魚を釣るか、泳ぐかしか楽しみは無いと思います。
 案内の倉坂さんは、素人ながら地質を勉強し、説明も丁寧で、鉱山に関係した経歴の私は感心しました。ツアーの多くの人は理解しようとせず聞き流していたかっも知れません。  彼は今後アメリカで何の仕事をするか迷っている様でしたが、その熱心さを見て、彼の今後の発展を願っています。
  (右上の写真は神殿殿に見立てられるWest Temple)
 ブライスキャニオンに早めに到着し、その数、千本と言われる奇岩の風景の見事さに、驚きました。 ただし、広大なアメリカ大陸では、この風景は小形で、「箱庭的美しさ」だと感じるのは、私だけでしょうか?  もともと、此処の地域は、水成岩で形成されています。 激しい隆起の後、厳しい太陽と雨と風の浸食で作られたこの造形には、天然の不思議を感じます。 これらの奇岩の高さは、100mに近く、中高年の観光客には、谷の下まで降りる体力も時間もありません。 途中まで降りる写真愛好家も2、3いましたが、視界がせまくなるだけのことで、写真にはならないと、ぼやいていました。
 私達は奇岩を見下ろしながら、入り日を見るために午後7時過ぎまで待ちました。 空気が乾いた、この砂漠の土地柄では、明暗がクッキリするため、谷底が暗くなり、奇岩が次第に見えなくなるだけで、特に強い印象ではありませんでした。 仲間の一人が、鍾乳洞を逆さまにした様な風景だと言いましたが、先の尖った千余の奇岩は、太い針を並べた様にも見え、古代ギリシャの太い柱の様に見えます。

この日の宿、Shilo Motel Innに着いたのは、夜の9時頃で、ガイドさんが部屋割りなどを交渉している間、バスで永く待たされました。 部屋に入ったのは、10時近いころだったでしょう。  夕食を早く摂りすぎたので、私は、近所の(と言っても200mは有る)Denny's レストランで、 オープンサンドとスープを買って帰り、ホテルの部屋で食べました。 
 うっかり者の私は、フォークもスプーンも取らずにホテルに戻り、食べるのに苦労した事も付け加えておきます。
 ひなびた場所ながら、ホテルは立派な造りで、安テラではありませんでした。  朝食はホテルの会議室を、我々だけの為に、臨時のビュッフェスタイルの食堂にしていました。 団体には嬉しいサービスです。 この朝は、比較的遅めのスタートとの事でしたが、8時半には食事を済ませて、バスに乗りました。
(右の写真はホテルの前庭で) HOME