西海岸公園巡りのツア−2

国立公園ヨセミテHOME
(アメリカの巨大な自然公園を巡って) 

 7月上旬、西海岸に近い国立公園を巡る(米国へは、生まれて初めての)近畿ツーリストの団体ツアーに参加しました。 これは、第2回の報告です。 参加者は熟年の夫婦3組、女性の友達3組、姉妹1組、男性一人4人、
女性一人3人などで構成されていました。 ガイドさんに依れば、最近の特徴は高齢の夫婦が多く、若者は団体旅行から、個人手配旅行に移行しているそうです。 40年くらい前には、米国から年金生活者と思われる老夫婦が団体で日本各地を旅行する姿を見掛けましたが、日本も、いよいよ、アメリカ形の社会構造になってきたのだと実感しました。
  6/30日、オークハーストのホテル(と言っても、実質はモーター・インで、造りが安テラですから、チェックインした時の室内はすごく暑く、クーラーを効かせて、やっと寝付くことが出来ました。 一人旅のある女性はクーラーの動かし方が判らず、殆ど眠らなかったそうです。ご苦労様。)を早朝に出発、近くのデニーズ・レストランに立ち寄り朝食を摂りました。 前日故障したバスは、やや新しい車に取り替えられていました。 
  
 ニカラグア出身の運転手は朝食を済ませ、私共のテーブルに来て、よく眠れましたか?と挨拶して、一緒にコーヒーを飲みました。 私は、彼に、連休(勤労感謝の日)を犠牲にしての仕事は辛かろうと訊ねましたが、今夜、帰宅するので、家族との連休は充分エンジョイ出来ると、誇り顔でした。
 朝食後直ちに、ヨセミテ公園へ向かって出発しました。 座席の指定表は日替わりで、不公平が無いように添乗員が、大きな紙に書いてバスの入り口に貼りだします。
 途中、一時下車して、昨日見た山々の風景の写真を撮ったり(写真左)、行程を再度楽しみながら、140号線を上り公園入口ゲートを抜け、今日は左の坂を登ります。
 この道路は、途中から一方通行となり、公園のインフォーメーション・センターに10時半ころ到着し、昼飯の弁当とお茶が配られました。 
 Information Center の隣に、大きな土産屋があり、絵葉書やインディアン細工など、日本の観光地並みの安物が並べられています。 駐車場のスペースが山頂に不足していること、排気ガスなどの公害を減らすことなどから、ここから先は、一般車の通行は禁止となり、公園の専用バスに乗り換えます。 この公園バスは発着の時刻が厳しく、本数も限られています。 帰路、乗り遅れたら皆さんに迷惑を掛けるので、団体旅行では時間の厳守に気を遣いました。 

 

 

 

 

 

 ヨセミテはシエラネバダ山脈の一部で、硬度の高い、火成岩の山々です。 ごつごつした山、奔出した時の形でマグマが突き出している山などが連なっています。 
 ヨセミテの背後には、更に高い山が連なり、山間に集まった水が、彼方此方で滝を造っています。 右の写真奥の高さ189メートルの滝は、何故なのか判りませんが「ブライダル」=「花嫁」とよばれ、Yosemite で No.1の名瀑と言われています。
 11時半ころ、公園バスで山頂の広場に着き、与えられた時間は、僅か45分でしたが、弁当を食べ、5本もの滝を見下ろす雄大な景色を堪能しました。
 左下の写真は、岩場の一つです。  写真の向かって右手奥の尖り山は、エルキャピタンと呼ばれる奔出岩で、ロッククライミングの修練場として若者を惹き付けています。
 帰路、このエルキャピタンを正面に望む場所で停車し、巨岩に挑む若者のパーティーを望遠鏡で覗かせて貰いました。 4〜5組が登っているらしいのですが、望遠鏡でその中の1組だけを見ることだ出来ました。 
 望遠鏡の持ち主は、自分も嘗て、登攀していたが、今は、観光客に望遠鏡を覗かせ、自分と一緒の記念写真を撮らせて収入を得ているとのこと、只で覗いて悪かったかなぁ。  
再びブライダル滝を望む川のほとりで休憩し、たまたま、新婚さんが家族と記念写真を撮るために、川辺に降りて行きました。 
 右下の写真はニカラグア出身の運転手と一緒に川の辺で撮りました。 彼は、がっちりした体格で、運転も確かでした。 自分ほど機械の事も理解できる運転手は、社内に居ないと言っていました。 私の知っている南米諸国と同様に、貧しいニカラグアでは、車は、修理に修理を重ね、20年以上使う、半永久的資産でしょうから、故障の多い車を運転するコツを学ぶのに最適なのです。 必要は発明の母と言えます。
  中南米では、車が故障すれば、通り掛かりの車の運転手が手を貸すのは当然の国柄が多く、ニカラグアもそうであろうと思います。私も、南米から日本に帰って来たころには、4〜5回、故障車を直すのを手伝い感謝されました。((ホーンが、鳴りっぱなしのアメ車。ガソリンスタンドでエンジンオイルを入れ替えたら点火プラグのワイヤーを付け間違えられた車。 料金所にぶっつけた車。ガス欠でガソリンを入れたけれど起動しない車など))。   砂漠を走るコツも、南米で学びました。   しかし、1968年頃、「結構です」と断られてから後は、故障車に声を掛けるのを止めました
 車が普及し、車は故障しない物と思いこまれる様になりましたし、最近の車は修理せず部品交換するほど複雑になり、うっかり私共が弄ることは危険な構造になり、故障もし難くなりました。 しかし、車の故障しにくさと、寿命は反比例している様で、充分走り、用を足せる車がポイポイ捨てられる様になって仕舞いました。 故障し難い事と、丈夫であることは別物ですね。
 1960年代の南米では、1935年物のシャシー付きの乗用車が沢山走っていました。 貧しい国の人は、物を大切に使い、家族を大事にします。 物の豊かな国の人は、てんでバラバラに生きている様です。 社会構造のアメリカ化と同時に、日本もアメリカ並みに豊かなのだと錯覚して育っている若者の将来、即ち日本の将来、が心配です。  HOME
さて、バスはヨセミテを後にし、途中のトイレ休憩を挟んで、一路サンフランシスコに向かって走りました。 シスコの岡田屋で降りて買い物の後、Fisherman's Wharf のレストランで蟹料理を食べました。この「レストラン・サブリナ」は見掛けと名前は立派ですが、蟹は中身がかすかすで、食べる処は殆ど無く、味も二流でした。 左はその時の写真です。
今夜(6/30)はホリデイ・インに宿泊です。エレベーターに乗って、行き先階のボタンを押しても動きません。 老眼の私には、その案内板が読めず、エレベーターを降りたり、乗ったりして苦労しました。 エレベーターの中のスロットにキー・カードを差し込んで、初めて動く仕掛けになっていました。 保安上の工夫でしょうが、カードを盗まれれば同じ事ですね。高齢者に優しい社会の米国に相応しくない安全装置でした。
 明朝、南下して、ラスベガスに行くのに、何故、シスコまで戻ったのかも理解し難い事でありましたが(なぜロスアンゼルスに方向に南下しないのか)、最初から、来た道をシスコに戻って宿泊するスケジュールが組まれていました。 HOME