西海岸公園巡りのツア−1HOME

(アメリカの巨大な自然公園を巡って) 

 若い頃から、私は、アメリカは BIG と言う言葉無しには語ることが出来ない国と考えてきました。 善し悪しは別として、戦後50年余年、日本のアメリカに追い付く努力が実り、東京を初めとする日本の都市も、アメリカ並みに巨大化して来ました。
 従って、今では、ニューヨークやロスアンゼルスに降り立って、アメリカの巨大さに驚く人は少なくなった様ですね。 私が初めて、ロスアンゼルスを訪れた1959年、飛行場から都心への、片側4〜6車線の無料の高速道路に大変驚いたものです。 しかし、その私も、慣れによる感覚の麻痺からか、やがて、ロスの空港からレンタカーで、ハリウッドに入り、短い休暇を楽しむまでになりました。最近、環状道路も出入りが楽な様に改造されています。
 しかし、今なお、私を驚かせるのは、アメリカの大自然の 「BIG」さです。 こればかりは、日本に移入出来るものではありません。 7月上旬、西海岸に近い国立公園を巡る(米国へは、生まれて初めての)近畿ツーリストの団体ツアーに参加しました。 総勢35人は、団体としては平均的人数の様です。

 この団体旅行は時間的にも経済的にも効率が良く、驚くばかりの、忙しい移動の毎日でした。
   6/29日、飛行機が午前11時にサンフランシスコに到着すると、添乗員の黒畑さん(29才男性)と現地ガイドの園田さん(女性)が、35名の通関を確認し、直ちに出迎えのバス(写真、左)に全員を、席の指定表に従って乗せます。
  45人乗りのバスは、若干の余席がある程度です。 直ちに空港を出発し、101号線を北に10kmほど走り、サンフランシスコ湾を跨ぐSan Mateo 橋に乗ります。 初めてこの有料の橋を通りましたが、全長約16km(入口/出口間13マイル)の2階建てで見事な橋です。 その全長では、米国でも一二を争う長さだと思われます。(1-スパンの長さが大きくないので、手元の橋の百科事典には載っていませんでした)
 ヨセミテへの順路は、橋を渡り、880号線からUS580号線を西から、道なりに南下し、途中ハイウェイを降りてModestoへの一般道を抜け、ハイウェイ99号線に乗り、南下を続けます。 Mercedから勾配3〜5%の140号線を登ると言う、素人には、判り難い順路でした。  みんな昼飯抜きでバスに乗っていたので、Mercedの近くの農家直売店で、トイレ・昼食休憩を取り、果物を買いました。 ここで、私はバナナを家内はサクランボを買って腹の足しにしました。(右下の写真) 途中皆さんが居眠りしたことは言う迄もありません。
 昔、社会人になったばかりの頃、私が原書で読み通した最初の本が、ノーベル賞作家、John Steinbech の「怒りの葡萄(Grapes of wrath )」でした。 「怒りの葡萄」を書いた頃の彼は、此処から近いMontereyに住んでおり、1930年代の大恐慌の中での、季節労働者の苦悩を見事に描いています。 その後も、彼の作品は最後の「Travel with Charlie」に至るまで、全部を読んだ心算です。  この産地直売の果物店で、機会があれば, Montereyにあると聞く、彼の記念館を訪ねたいとの秘かな願を再び認識しました。 この直売店は質素ながら、日本その他の国の旅行者で繁盛しています。
  ヨセミテへ140号線を登り始める頃、我々のバスは、オーバーヒートで動かなくなりました。 ニカラグア出身のバスの運転手が、エンジンを見に降りたので、私もファンベルトの緩みであろうと、一緒に降りて点検しましたが、原因は、エンジンを新品に載せ替えたばかりで、エンジンとラジエーターの不整合、あるいは異物による冷却水回路の目詰まりと判断されました。 この日は、クーラーを切ったり入れたりしながら、ゆっくり登坂し、なんとか翌朝、別のバスが届けられるまで、走らせる事になりました。 
 エンジンを見るため下車し、バスの後部に廻った時、私のズボンには沢山の盗人ハギの実がくっついて仕舞いました。乗車してから、手で一つずつはぎ取りましたが、今度は指の先に、棘が突き刺さって残るのです。仕方なくこれを安全ピンの先で穿り出す始末でした。 このspy-grass と呼ばれる盗人ハギは日本のハギとは大違いで怖い存在です。  もし、皆さんが、カリフォルニアの田舎を訪問しようと計画される時は、このspyglassに噛みつかれない様、ご注意下さい。 ガイドの園田さんは、柔らかい掌に沢山刺さって困っていました。
 運転手は私のスペイン語に感激し、翌日から朝食は私共の隣で摂り、機会ある度に私共に近づき、母国の話などを聞かせて呉れました。ニカラグアもヨセミテに負けない絶景があるのに、観光産業は殆ど無いそうです。
 今日は、ヨセミテの公園料金所から右(南)にルートを採り、マリポーサ・グローブと呼ばれる、セコイアの林に入ります。明日は左にルートを取ります。
  マリポーサは地名、グローブgroveは林と言う意味です。 セコイアは、ご存じの方もあると思いますが、松の一種で、北カリフォルニアの丘陵に植生する巨木です。 その大きさは30年前まで自家用車が幹の虚ろを通り抜けることが出来る樹があった程です。日本では類似種メタセコイアを見かけますが、杉科でマツカサは出来ません。 HOME
今では左下の写真が一番大きいものです。
 倒木を見ると、根っ子は意外に浅く5mも無い位で、直径でもせいぜい15m位しかない様です。 これでは強風の吹く場所での自生は難しいだろうと思われます。 倒木を大切に保管していることに、公園管理者の自然保護への熱意が感じられます。   野生の「鹿」を間近に見ましたが、住んでいると聞く「黒熊」に逢うことは出来ませんでした。
 巨木の落とす松毬(マツカサ)は人の顔ほどもあり、記念に持って帰りたくなりますが、この林から植物の持ち出しは一切禁止です。(下の写真で家内が持っているのがそのマツカサです。)
 ゴミ箱もきちんと用意され、ゴミも散らかっていませんでした。 日本も米国の公園管理に学ぶべきことが多いと思っています。米国やカナダでは、道路の各所に、ゴミ捨ての罰金$200とハッキリ掲示されています。 国立公園内では一般道でも同じハイウエイの規則を適用すると掲示されています。
 これまでの日本は、性善説に因るのか、掲示の必要は無いとされて来たのでしょうが、私は、ゴミを捨てる人を少しでも減らすためには、この種の掲示が必要だと思います。
  この日は、オークハーストと言う町で質素な中華料理を食べ、同じく質素な Comfort Inn に泊まりました。 質素でも清潔なので心配はありません。 
皆様のご参考迄に、今回のツアーの強行軍の日程表を下に添付しました。食事は、最後の1夕食と1朝食は含まれて居ません。(実際は到着日の昼飯も含まないので3食が自弁。)
8日間で20万円と安いので無理からぬことです。
 個人の手配旅行では、今度の行程を8日で消化することは、とても不可能です。私なら最低14日〜16日で組み立てる処でしょう。HOMEさて明日は、もう一度ヨセミテに戻ることになっています。
国立公園その2へ

2000629 18:00 成田発 JL002
11:00
サンフランシスコ着。直ちにバスで、ヨセミテへ向かう。マリポーサグローブ観光。
Comfort Inn, Oakhurs (オークハースト)泊
630 ヨセミテの頂上(グレイシャー・ポイント)へ。
サンフランシスコへ、同じバスで。Holiday Inn Golden Gate Way 泊
7月 1日 07:30 HP2702で空路ラスベガスへ、08:52 ラスベガス着
荒野を抜けてザイオン国立公園 および ブライスキャニオンへ。Shilo Motel Inn、Kanab泊
7月 2日 モニュメントバレーへ。
現地オプションでjeepに乗り一周。 
Hampton Inn, Kayenta泊
7月 3日 グランドキャニオン観光へ。Quality Inn at Grand Canyon 泊
7月 4日 グランドキャニオンで日の出の観光後、ラスベガスへ。ラスベガス2時間の観光
夜は自由行動。夕食は自弁。 San Remo Casino & Hotel 泊
7月 5日 朝食は自弁。 1125ラスベガス発 1245 ロス着
14
30ロス発  JAL 02
5
7月 6日 1750 成田着