アメリカ南部
(1)今昔物語HOME

 初めての渡米で、ニューヨークを午前11時のパンアメリカンで発って、「パナグラ航空」へ乗り替えのため「マイアミ空港」に降り立ったのは、もう45年も以前のことになります。 当時の南米は「GRACE−Airline」の営業圏でしたから、Pan Americanは、GRACE と提携して、南米各地へ路線を拡張していました。もちろん、搭乗客の中の日本人は、私と連れの電気屋(田中初次郎−故人)だけです。
 タラップを降りた時は、もうすっかり真っ暗な夜でした。心細い旅でしたが、待合室への通路に、各国の言葉で、Welcome, Ben Venida, Wilcommmen などたくさんの文字が並んでいる中に、日本語で 「歓迎」と書かれているのを見つけて大いに感激しました。 今考えると、「旧敵国・敗戦国」日本の文字がそう易々と大書されるとは思えませんから、中国語だったのでしょうね。
 その後、1967年頃、鉄鉱石の選鉱試験のためJackson Ville ジャクソンビルを訪れたました。この時は、伊藤さんと言う中堅商社マンと一緒で、同市内の従業員15人位の小さな会社を訪ね、特殊な選鉱試験を依頼しました。(帰路には、この選鉱理論を開発した、ローバー博士をミネソタ大学に訪ねました)。
選鉱試験を依頼したのは火曜日で、試験結果が出るのは土曜日になるとのことで、小さな試験所の見学をしても、待ち時間を持て余すので、レンタカーでフロリダ半島を一週しようと、木曜日に ジャクソンビルを出発、デイトナビ−チから、マイアミ、キーウェスト入り口まで行き、帰路は高速道「オレンジハイウェイ」で戻りました。
 無料の「オレンジハイウェイ」は、上下線間に、100メートル以上の間隔があり、両側斜面には、巨大な草刈り機が側面のメンテナンスをしています。150キロ毎のパーキングには、オレンジやスナックが売られていました。2泊してマイアミに1泊して、帰路は名前も分からぬ村に泊まりました。
 これが、米国で初めてのドライブとなりました。懐かしいことです。そのの後仕事でアトランタ、ジョージアやヒューストン、テキサスなどを回りましたが、南部では、1960年台前半まで、公然と人種差別がありました。例えば、ホテルの食堂のウェイトレスは白人と決まっていました。真っ黒な手で出される皿からは、食べられないと言うご婦人などがいたのです。 数年後、食後の皿を引き下げる仕事に黒人が従事し始めましたが、1970年台に入っても、彼らがテーブル上のチップに手を出すことは 未だ許されない様子が窺えました。

(2)キング牧師の教会と記念館

 1999年の旅ではアトランタに立ち寄り、黒人・人権問題に取り組み、1964年に黒人の投票権を確立し、同年ノーベル平和賞をうけ、1968年に暗殺された Martin Luther King 牧師の墓と教会を訪れました。現在の米国では、保守的なブッシュ政権でも、黒人秘書官や国防長官が居るなど、すっかり変わっています。KKKの活動もようやく下火になりました。それでも、未だに黒人少年を殴打する警官の存在があります。

キング師はこの教会の牧師だった

 内部は極めて質素で、キング牧師の演説「私は、夢見ている−−」がテープで流されています

今、キング牧師の墓には、小さいながらも、24時間火が点され続けられています。たまたま、見学を終えて外に出ると、教会の周りで給食を待っているらしい貧しそうな複数の黒人男性を見たのが気がかりです。

キング牧師記念館

映画「風と共にさりぬ」のタラの家とされる

 アトランタで有名な「南北戦争記念館」を訪ねました。日本では、「南北戦争は奴隷解放の戦争」であったかの如く語られることが多いのですが、米国では、誰も、そのような解釈はしていません。記念館の書店員に相談し「南北戦争史」を買って目を通しましたが、戦争経緯の詳細説明があるばかりで、原因に就いて確たる説明が無いのが腑に落ちません。私は、戦争の原因は「中央政府内での南北の勢力抗争」と見るのが妥当と理解しています。
 40年前のフロリダで、何人もの人が「ヤンキー野郎が−−」と未だに、北への対抗心を抱えているのに驚いたものです。しかし、9−11連続テロなどで、こうした対立意識は徐々に薄れて来ることでしょう。

(3)ディズニー・ワールド

 さて、フロリダでの観光名所と言えば、ディズニーワールドですね。日本では、ディズニーランドディズニー・シーが人気を呼んでいますが、本場フロリダでは、これに、EPCOT センターと言う、世界中の街の模型が、ほぼ実物大で並ぶ公園があります。ディズニー映画製作所も見学できます。つまり、此処は、「ディズニーランド」+「エプコット・センター」+「ディズニ・スタジオ」+「ディズニーシー」+「動物園」と考えて良いでしょう。
 1996年、私たちが訪れた時は、丁度イースターに当たり、子供連れで混んでいました。 ディズニー系列のホテルでは、チェックインの時、宿泊料と遊園地入場券を組み合わせて販売します。ホテルのフロントで、キャッシュカードを提出して、ディズニー・カードを貰います。宿泊期間は、遊園地までのバスが無料です。 チェックアウトの時、カードのサインをすれば、日本に帰国してから、自分のカードから引き落としされます。ディズニー・カードは一人一枚ずつ必要です。

 

 

 

 

 

 

上は、3泊4日の利用券です。部屋の鍵であり、かつ入園証でもありますから、もし、なくしたら大変だろうと思います。

オールスター・スポーツ・ホテル;部屋の前で

このボールの中にジェット・コースターがありました

アメリカ人の大好きなパレード

楽しいマジックショー「I shrink the audience」(撮影は禁止で不可能)

子供に戻る時間です

撮影の小道具として飛行機が並んでいます

EPCOTでは、日本、東南アジア、欧州の街が再現され、日本の五重塔もあります
EPCOTに日本食堂があると判り、わざわざ立ち寄りましたが、不味さに愕然としました。あれが日本食と思われたら堪りません。とにかく、この町では、ホテルを含めて、美味しいものは有りませんでした。
兎に角楽しい遊園地。日本のディズニーしか知らない方は、是非一度、4〜5泊で訪ねてください。損はしません。ただし、ここから日本に直行での往復は、大変辛い旅になります。西海岸やホノルルでのんびりして下さい。 詳しい説明は、多分「ガイドブック」で調べて下さい。「出し物」も次々に替わっていると想像します。HOME