2002年 -寒中トルコ旅の最後(3)HOME

ルコの旅は、四月号に、途中まで書きました。今月は、お読みになる皆様もお疲れでしょうと、一気にトルコの最終号にいたしました。
 これまで、私のホームページの各号は、それぞれ、1枚のフロッピーに収まる様に工夫して来ました。近い将来(次号?)、過去のホームページに掲載した多くの記事を、アクセスし易い形(一覧表)に纏めて、ご紹介出来たらと願っています。 過去の発行部数とページ数が余りにも多いので、リンクの方法とバックアップの手法に頭をひねっています。
前置きはこの位にして、
1/8 (火) エフェソスのやや高級なホテル(ヤプレステージ)を出た私達は、バスで、カッパドキヤへ向かいました。 途中コンヤという、日本で言えば京都に相当する、昔の首都で昼食を摂りました。 トルコは、1071年、セルジューク王朝を作り、ビザンティン帝国を確立し、トルコのほぼ中央に位置する、此処コンヤの街を首都とし、約100年間首都の機能を果たしました。 飾り気の無い街で、モスクワに似ているそうです。
 私達は、神学校と宗教博物館を見学しました。神学校は、正面入り口から内部まで美しい彫刻で埋められています(左下の写真)。博物館では礼拝をしている数人のご婦人方に出会いました。棺の地下には高貴な人の遺体が埋葬されているとのことで、トルコ人は、博物館と言う言葉から私達が抱くイメージと異なる、メッカの一つと言った宗教感覚で崇めている様です。 私達は、礼拝する人の邪魔にならぬ様注意しながら写真を撮りました(右下の写真は棺の一つ)。

棺の周囲の、金張りの彫刻も見事です。

昼食後、カッパドキヤに向かいましたが、到着は日暮れ時で、景色は明日のお楽しみとなりました。此処で近代的な設備の整ったホテル Dinler に2連泊しました。 就寝前、カーテンをラジエーターの外側に垂らし、少しでも部屋を暖めるよう工夫しました。今回の旅に於ける私のマル秘策でした。
1/9 (木) 猛烈に寒い朝です。外気温はマイナス25度くらいとの予報を聞いていました。尋常な寒さではありません。 朝日が昇るころ、外を見ると、駐車場のバス付近で、男二人が何か不審な動きをしています。 手に持っているのはバーナー(石油を使ったトーチ)らしく、紅い炎が見えます。 ドアが凍り付いて開かないのだと察しが付きました。 バーナーを近づけ過ぎればパッキングが燃えることは必至です。 じわじわ暖めているのです。
食堂で美味しい朝食を摂りましたが、運転手はどうだったでしょう、見掛けませんでした。 さて、7時45分にバスに乗りましたが、外気温は-10度くらいで、車内温度は+-0度位です。バスが走り出して15分くらいで、エンストを起こして停車しました。 凍結していた不凍液が融け始め、氷塊がラジエータホースを塞ぎ、エンジンがオーバーヒートしたのです。暫く停めて融けるのを待つしかありません。私は、30年以上前に、同じ様な経験をした事があります。
やがて、何とか走行を再開し、ギョメレ渓谷(下の写真)に着きました。気象の変化が激しく、渓谷を眺めている30分間に曇りから一気に晴れてきました。 

ギョメレから昼食までに時間があるので、トルコ絨毯の工場と革製品の店を訪ねました。

工場の手織り作業者は全て女性で、年齢も30才以下だそうです。設計図を目の前に掲げ、図面通りの細かい糸を選び、一本ずつ手繰り、横から桟を通して固めます。

 図面はやや拡大されていますが、30才を過ぎると視力が落ちるので仕事の能率が上がらないので辞めさせられます。

 広い絨毯一枚を二人の女性が共同で織り上げます。根気の要るしごとです。二人で2年掛かったと言う、6〜8畳用の絹織絨毯を180万円で買い求めました。 先方の最初の言値は700万円でした。

 これまで居間で使っている中国製のムートンの絨毯が、(室内犬を5〜7頭飼っていたため)ひどく傷んでいたので、そろそろ買い換えの時期と考えてのことです。

 

 (右の写真) 家内は、レストラン入口のドア・ボーイの 服装が綺麗だからと、一緒に写真に収 まりました。 

 しかし、近づくと、相当の お爺さんと判り、家内は自分の歳を 忘れて、 「アリャーがっかり」と言っていました。

右上の写真は、昼食を摂った洞窟レストランの入口ですが、中は驚くほど広く、夜は、男性ダンサーの勇ましいコサック風ダンスが余興に出るそうです。壁画にその様子が描かれていました。
午後は「地下都市カイマルク」の中を見学しました。アラブ諸国で迫害を受けたキリスト教徒が、トルコ山中のこの地に逃れ、人目を避け、団結して、洞窟生活をしていたのです。内部は6階建ての建物に相当し、煙を出さない様苦労したと思われる台所、突然の襲撃に備えた石の扉、顔を削られたマリアの壁画など、痛ましい状態でした。 人間の生命と宗教への強大な執着は、驚くばかりでした。 此処は、流石に見応えがあります。 下の写真は、見学者用の階段です。住居とされていた時代(AD500年前後)にこの様な設備は無かったでしょう。

現在も洞窟内に棲む家庭がありその一軒を訪ねました。内部は、清潔で石油ストーブ暖房も良く効いています。冷蔵庫があるのは、北海道と同じ理由でしょうか。下は、老夫婦とお孫さんの写真です。そのお宅の、渓谷に面した大きな硝子張りの窓からの夕景色(右下)は絶景でした。ただし、このお宅の入り口までの石段は、急勾配で、毎日の買物、外出にが、大変な苦痛だろうと思いました。
 今夜は昨日と同じホテルに宿泊しました。

1/10日(木) 朝食後、バスで首都アンカラへ移動して昼食。アンカラでは、定番の観光コース「アタチュルク廟」などを訪ね、更に、夜汽車までの余った時間(6時〜10時)をデパートでの買物と休憩にあてました。 デパートは、クリスマスの名残らしいきらびやかな照明で飾られ、日本のデパートよりも綺麗と思った位です。 出入口に、危険物検査のゲートが設置されているのは、NYのテロの影響でしょう。   延着の寝台急行に11時に乗り、
1/11日(金) 9時頃、イスタンブールに、到着しました。途中の駅で通勤客をやり過ごすのに少し後ろめたい思いもありました。サラリーマン時代に、九州からの寝台特急を、横浜駅で見ながら乗れない時の気持ちが甦る一瞬でした。HOME

早朝の到着から夜まで、目一杯忙しい一日でした。定番の「グランバザール」と「トプカプ宮殿」を回り、オプションで昼食付きの「ボスポラス海峡クルーズ」に参加しました。あいにく、小雨が降ったり止んだりでしたが、この国の裕福な階級の別荘を船から眺め、下船地では、貧しい人の多い「香辛料市場」を見学するのと言う次第で、その間の貧富の落差が何とも言えぬ心の痼りとなりました。 
 夜は自由食で、私達二人は、同行の食堂経営者のご夫妻、左官業のご夫妻と簡単な中華料理を摂りました。
1/12(土) 早朝ホテルを出て空港へ。 長い帰国の旅路に就きました。1/13(日)11時半、成田着。お疲れ様でした。最後まで、近畿日本ツーリストの添乗員田川さん、がてきぱきと処理して呉れたことに感謝しています。HOME