2002年 -1月寒中トルコの旅(2)HOME

ルコの旅、その(1)で、途中まで書きましたので、今月号は、その後をお話いたします。
1/7日、何と朝 6:30分にホテルを出発し、エフェソス(Efesos)へ向かいました。此処は、エーゲ海沿岸でも世界最大の古代都市の遺跡が、最高に美しく当時(紀元前11〜3世紀)の姿を留めています。今から3000年以上前の、ヘレニズム文化が花開いた頃の都市が、半壊乍らもその姿を留めているのは、(ペルーを除き)この地を措いて存在しないと思われます。木の文化に育った日本人にとって驚異的な事実です。
先ず、聖母マリアの終焉の地と言われる「聖母マリアの家教会」を訪ねました。聖母マリアはこの地で尊敬を集めながら暮らしていたと言われます。キリスト教への迫害が始まったのは、3世紀からと言われていますので、聖母マリアは静かに余生を送ったものと思われます。教会の内部は例によって撮影は禁止されています。また早朝で、内部も薄暗く、写真にも適当とは思われませんでした。問題はデジカメで、時々シャッターが下りません。電池を取り替えても同じです。ホテルに戻ったときカタログを読み直した処、氷点下では使用不可能とありました。
 文明の利器は、得てして不便なものですね。

    左は聖母マリアの家の前で。
   上はエフェソスのBC10世紀頃の建造物。

  聖母マリアの終焉の地から6kmほどでエフェソスの都市遺跡です。
  この古代都市の壮大なスケールは想像を超えるものでした。(左)の写真は、ローマ帝国時代、AD125年に完成した図書館ケルススです。古代図書館として、これだけの建造物を持つ国は他に類を見ないことです。
 ガイドさんは、内部の図書類は大英博物館に収納されていると話していました。 日本には古事記の原本は有るのでしょうか? 2000年前の書籍が残っていることは珍しいと思います。 
  港から此の街までのメイン通りは、幅11m、長さ200mが残されています。 車の轍もはっきり残っています。 人に踏まれてすり減っていますが、歩道の途中には、船員相手らしい「娼婦の宿」の案内看板が、歩道に刻み込まれて、今なお、ハートのマーク、女性の胸から頭までの像、左足の足形が残されています。 旅行案内書には、その写真が出ていますが、素人が写真に撮れるほど明確な彫刻ではありません。 その足形の方向に娼婦宿の名残らしい建造物が有ります。 残念ながら、残雪のため、私達は其処までの冒険はしませんでした。
 エフェソスには、神殿が三つあります。 最大のアルテミスの神殿は、建設に120年を要したそうですが、BC356年に放火され、今は、柱一本を残すのみとなっています。 当時の水道管の見本も並べられていました。
 更に広大な音楽堂があり、観客/聴衆席は半円形広がり、その中心に劇の舞台があります。現在の野球場やサッカー場の逆円錐を想像される方もおありと思いますが、この国の遺跡の客席は、自然の崖を利用し、半円形です。観劇の目的には最適と思われます。(赤坂のサントリーホールには舞台を裏から見る席もありまが、不思議な設計で、指揮者の目障りではないかと案じられます)。

 (上)凱旋門の一部が残っています。

(左)は勝利の女神ニケの像、上は神殿への入口。

もう一つ残念だったのは、「エフェソス考古学博物館」に立ち寄らなかったことです。女神アルテミスの像、ソクラテスの頭像があると聞きます。
 近畿日本ツーリストが発掘に援助金を出していると言う、ニサの遺跡(劇場)を見学しました。左下の写真です。左端に見えるトンネルは客席および舞台への通路です。
さらに此処から、ヒエラポリス(Hielapolis) と呼ばれる、病院とそれに隣接する、温泉湯治場へ行きました。
湯治場は、温泉の湯に含まれる石灰分が析出・堆積して土手を形成し、段々畑を連想させる段々のプールとなっています。古来から湯治場として利用され、観光客も自由に入浴出来ましたが、2年ほど前に世界遺産に指定されから、入る場所が限定されています。  冬場に水泳パンツ姿になるのは無理で、我々は脚を浸ける程度でした。
 話は飛びますが、最近の日本ではトルコ風呂と呼ぶマッサージ風呂がなくなりましたが、日本からこの呼び名を追放するために、多くの方が苦労をされたと聞きます。私はもうすっかり疎くなってしまいましたが、今はヘルス--と呼ぶのですか?
 マッサージを伴う風呂が「浮き世風呂」などと呼ばれるのを想像するのも面白いですね?左下は湯気の昇る温泉に脚を入れた後、足を拭き、靴を履いている男達です。背後の白さは、真っ白な石灰石です。雪では有りません。私も足を入れて見ましたが、40度位のぬる湯で、例え温泉湯治と言えど夏場だけの集客しか出来ないと思いました。右下は古代の病院です。これは雪に覆われていました。HOME

 

 

 

 

 

 

 当夜は比較的新しいホテルで、民俗色豊かな服装の小母さんが、食堂に出て来て、目の前でチャパの様なパンを焼いて呉れました。 料理は例によって、ビュフェスタイルで、肉・野菜・デザートなど取り放題ですが、美味しくて記憶に残ったのは、野菜スープだけでした。 部屋は、やや寒いが、技術者の私は、カーテンをラジエーターの裏に裏側に下げて、室温を上げました。 その夜は、三日月が未明の夜空に冴えきっていました。 トルコの国旗の位置に星(多分土星)がありましたが、撮影した写真は手振れで失敗でした。

HOME

--------この後の旅行日程→→その3へ

   1/8(火)コンヤの神学校、メブラーナ博物館を訪ね、最大の目的地カッパドキヤへ移動。
  1/9(水)カッパドキヤをゆっくり廻りました(地下都市・絨毯工場・一般家庭)
 1/10(木)首都アンカラへ移動、アタチュルクの廟をみて、寝台車でイスタンブールへ。
1/11(金)トプカプ宮殿、グランバザール、ボスポラス海峡クルーズ、香辛料市場。
1/12(土)帰国の途へ/   1/13 11:00成田着