2002年 - 1月寒中のトルコを訪ねました。HOME

2002年1月4日(金)午前11:05分成田発 同日夜10時半、吹雪のイスタンブール空港に無事着陸しました。田中元外相は同日の昼ごろに到着しています。
先ず、今回の旅は、近畿日本ツーリストの極めて安い企画に参加したので、「安かろう悪かろう」を覚悟して参りましたが、予想に反して、充実した旅行であったことを報告しなければなりません。
イスタンブール空港に着いたのは、予定を45分ほど遅れましたが、吹雪は峠を越えていました。出迎えのバスはスノーチェーンを取り付け、ガチャガチャ言わせて、ターミナルを離れ、公道に出るとすぐ停車して、チェーンを外しました。 チェーンの着脱の素早さは驚くほどでした。 この国の運転手は、皆こんなに上手なの出しょうか?誰も質問しませんでしたが、車が好きな私は、感心することしきりでした。それほど、イスタンブールには雪が積もる事が多く、少し南へ走れば、雪の少ないエーゲ海の沿岸になるので、チェーンの着脱に上達するのでしょう。
ホテルは暖房が弱く、寒くて眠れないと、夜中に起きて下着を重ね着して漸く眠につきました。19年振りの寒波だそうです。部屋の暖房は、ビジネスホテル式に鍵を差し込んで初めてファンが動く方式を採用していましたので、到着時は廊下の方が暖か かったのです。ホテルが、暖房経費を節減し、早めの部屋暖房をしていなかったのです。 
 翌朝、早速、添乗員にクレームを付ける人が居ましたので、帰路 (1/11)同じホテルを使いましたが、眠れないほど寒くはありませんでした。

 

ホテルにはクリスマ気分が残っていました。

 翌1月5日は、早朝の出発で (トルコ最大の)ブルーモスクを訪ねました。内部はブル−のステンド・グラスが多く使われ、俗称「ブルー」の理由となっています。 アヤ・ソフィア大聖堂(写真省略)を見学し、その足でフェリーに乗り、アジア側の、チャナッカレの町に入って宿泊しました。ご承知の様に、トルコの領土の97%はアジアですが、イスタンブールはヨーロッパにあります。首都はアンカラで、アジア側に在ります。

ブルーモスクです。左の写真の様に、寒くても、靴を脱がねば入場出来ません。

  トルコは、イラン、エジプトと共に、世界の文明発祥の地と言われる程ですから、何処に行っても、古い物には事欠きません。私は、人類文明発祥の河、チグリス・ユーフラテスの源流はトルコに在る事を、この旅に出るまで、知りませんでした。

 3日目(1/6日)に訪ねたトロイは、ギリシャ神話の時代(BC2000年)の遺跡があり、その上に、幾つもの都市が建設され、遺跡の上に遺跡が重なって発見されています。保存状態は良好とは言えません。 紀元前に、上下水道を備えた大都市を形成した、トルコの文明の高さが窺える遺跡です。 かの「トロイの木馬」の胴体に有る狭い部屋は、観光客の展望台の役目も果たしています。 
 不思議と、何処の遺跡でも、数頭(匹)の犬と猫がいました。観光客から餌を強請る訳でもなく、大人しい犬と猫ばかりでした。 

BC2000年、ホメロスの記述、ギリシャ神話のトロイ木馬の復元.。
右はワンちゃんが遺跡の井戸を眺めているの図です。

 次に、ベルガモン王国の都市遺跡に行きましたが、丘の上で、寒風に曝され、体は冷え切ってしまいました。紀元前200〜300年、アレキサンダー大王が、ギリシャ、エジプト、アジアにまたがる、大帝国を形成し、此処ベルガマを首都としました。 当時、既に上下水道を備えた巨大都市を、丘の上に建設した技術の高さは驚きです。従って、ギリシャ様式の建造物が多く見られます。
 案内の、ムラットさんは、日本で2週間の実習をしたそうですが、彼の日本語には75点を付けます。 トルコの歴史に誇りを持ち、イスラム教徒としても、平均的信者の様に思われました。 「この街が建設されたのは、日本の室町時代に相当しま」すなど、日本史も可成り勉強していました。 後日、イスタンブールの香辛市場で会った少年が、「自分も日本語を勉強しているので、将来はムラットさんの様なガイドになりたいのです」と、日本語で話しかけて来ました。 ガイドの国家資格を取るためには、外国語だけでなく、歴史の試験にも合格しなければならないので難しいのだそうです。

ベルガマの遺跡で案内人の解説を聞く。

 1/5日宿泊のホテルは、新しい山荘風でした。1/6日泊のイズミールのホテルは、ピアノの伴奏を聞きながらの優雅な食事になりました。 私達はチップをはずんだ心算ですが、何しろ、貨幣価値が判りませんので、充分だったのか判りません。ドライブインでトイレを借りて、用を足すのに25万リラを取る国です。(日本円で25円です)。1,000円が1,000万リラで、25,000リラのお札が、1000万リラより新しい時は、25万が100万より上等に見えます。マルの数をよくよく、数えてから支払わねばなりません。
 珈琲党の私は、トルコ珈琲に期待して出掛けましたが、何処でも不味い珈琲でした。 豆は殆どブラジル産かコロンビア産で、これをエスプレッソ用程度に細かく挽き、煮込みます。 砂糖を沢山いれて、上澄みを呑みます。 砂糖で不味さを誤魔化していると思います。トルコ珈琲一杯が50万〜75万リラで、インスタントのネスカフェが100万リラと、この国ではネスカフェの方が高価なのです。 ガイドさんに拠るとドライブインやレストランで、トルコ珈琲を飲むのが間違いで、珈琲が煮詰まるまで友人と会話を楽しむのが正しい飲み方だそうです。そう言えば、以前、本で読んだなぁと思い出しました。
--------この後の旅行日程→→その2へ
   1/7(月)聖母マリアの終焉の地、アルミテス神殿(遺跡)、ニサの遺跡、石灰棚(温泉)
1/8(火)コンヤの神学校、メブラーナ博物館を訪ね、今回の旅の最大の目的地カッパドキヤへ移動。
  1/9(水)カッパドキヤをゆっくり廻りました(地下都市・絨毯工場・一般家庭)
   1/10(木)首都アンカラへ移動、アタチュルクの廟をみて、寝台車でイスタンブールへ。
1/11(金)トプカプ宮殿、グランバザール、ボスポラス海峡クルーズ、香辛料市場。
1/12(土)帰国の途へ/   1/13 11:00成田着
 HOME