エジプト会・旅の仲間HOME

添乗員を務めた遠藤 美奈子さんの旗に従いてエジプトを旅した仲間の有志が定期的に会合を持つようになりました。以下は会合の記録です。同行者は、安倍 樹夫妻、藤村 葵夫妻、山根 健一夫妻、芦野 鐵男夫妻、佐々木夫 夫妻、是松三雄夫妻、脇 周子さん母娘、仲村夫妻でした。脇さんのお母さんは亡くなられ、仲村夫妻は一度も参加されぬまま、今日に至っています。元気な間は時々顔を合わせたいと願っています。
第一回に
相当
ナイル川のクルーズ船にて
女性のエジプト衣裳に注目
原版なしです
第二回
第三回
第四回
第五回
第六回
第七回
第八回
第九回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回
第16回
第17回
第18回
第19回
第20回
第21回
第22回
第23回
第24回
第25回
ハイラト<=別画面で出ます
見終えたら画面左上の×印で閉じて下さい
第26回  


第26回 2016年10月5日(水)昼食会@花楓

藤村さんご夫妻、芦野さんご夫妻、佐々木さんご夫妻、山根さんご夫妻、安倍さんご夫妻、是松夫妻が出席しました。安倍さんの健康状態も大きく改善された模様でほっとしました。
会長の藤村さんに私と芦野さんから、私達の高齢化で足腰が弱りつつある事などを理由に、
全員が揃った此の26回を最終回とする事が決まりました。此のホームページのトップから「海外紀行」を開き「エジプト紀行」と「旅の仲間」を開いて想い出して下ださい。
エジプト会262
2004年12月27日に帰国後、毎年2回開いて来ましたので、12年余を経過したことになり、良くも続いたものと感じます。皆様、有り難うございます。ご壮健を祈ります。


第25回 2016年4月6日 昼食会@花楓

藤村さん、芦野さんご夫妻、佐々木さんご夫妻、山根さんご夫妻、是松夫妻が出席しました。期待した安倍さんご夫妻は欠席でした。私、是松は今回でリタイアを表明しましたが、もし安倍さんの出席が叶えば、もう一回参加しますと約束しました。それが、10月になれば幸いです。

 第24回 2015年10月14日 昼食会@花楓

前回欠席の安倍さんが、元気な笑顔を見せられ安心しました。写真機を持参しなかったのが残念です。写真は撮りませんでした。

第23回 2015年4月8日 昼食会@花楓

 3月31日上野公園で桜が満開となった10日後に当たる今回のエジプト会は、真冬に逆戻りしたかの様な寒い日となりました。何時もの様に藤村さんのお手配 により「花楓」で開くことができました。藤村さんご夫妻、安倍さんご夫妻、芦野さんご夫妻、佐々木さんご夫妻、是松夫妻の5家族が出席しました。山根さんご夫妻は地方選挙の関係でご欠席でしたが、集まった全員が和やかに近況を語り、 当会会長兼世話役の藤村さんの景気動向などの経済談義も拝聴することが出来、勉強になりました。安倍さんの体調が大幅に改善され、にこやかに過ごされて居たのに安心しました。
 散会の後、藤村さんのご提案で、ブリッジストン美術館の「The best of the bests」を観賞しまし、本物の迫力を充分味合うことが出来ました。
 序でながら、私は、自分の年齢や体力から、今回を最後のエジプト会にして良いのではと考えていましたが今年10月14日(水)に第24回を開こうと云う多数決に従うこととし、体調不良や特別な要事がある場合を除き出席のこととします。今回は、前回同様、集合写真は撮りませんでした。
 時折、芦野さんから届くエッセイの中から、今回の集まりについての部分を、大幅に圧縮してご紹介し、送付頂いた写真を挿入します。 当然ながらご本人は入って居られません。
平均年齢は75歳ぐらいではないかと思われる。高齢者集団であるが、どなたも元気いっぱいで、ナイル川を船で遡ったあの日の様子と変わらない。談論風発、時折エジプトでの体験が話題に上ることがあったが、多くはメンバーの皆さんの日ごろの暮らしを語る展開であった。その道のオーソリティである方から経済時評とも言うべきレクチャーをいただくという場面もあった。老人が集まると病気や健康の話に終始するのが一般的であるが、この集まりではそれがない。老いを嘆き、慰めあうことが中心話題にならないということは、それだけ生命力にあふれた皆さんの集まりということである。それぞれのメンバーが、老いに埋没することなく、文化度の高い暮らしを日々営まれておられる証拠である。旅先で結ばれた縁が10年以上も続いているというのは、それぞれの人たちがこの集まりに限りない愛着を持っておられるということである。エジプトを旅したのは2004年12月のことである。旅の記憶が風化しないのは、その後もこうして旅の仲間が集まりをもち続けているからである。

 第22回 2014年10月15日 昼食会@花楓

 今回は、猛烈な台風19号の2日後となり、朝から雨が降り、JRの山手線では2度に亘り全線がストップするなどのニュースもありました。何時も一番乗りの私共は少し遅刻しました。今回は安倍さん夫妻も出席され、六家族が揃いました。それぞれ小さな健康問題を抱えては居るものの、常連が揃うのは、珍しく目出度いことと思います。 エジプト会が第22回と言うことは2004年12月15日に成田発、27日に帰国したエジプトの旅からほぼ10年半が経過したことに成ります。
 世界的に見れば、エボラ熱、イスラム国、地球温暖化、など多難により、不況が迫ってくると言う話も出ていますが、私は日本に集中する、地震・台風・火山の爆発、更に近隣諸国との軋轢を危惧しています。藤村さんのお世話で、来年4月8日に第23回も此の店に揃うことを決めました。遠藤さんを含む全メンバーが揃うことが出来ればと願っています。 なお私が習慣的に撮って来た写真は、老醜を晒すのみと感じて、今回から止めることにしました。了承下さい。

第21回 2014年 4月9日 昼食会@花楓

今回も「花楓」で美味しい昼の膳を頂きました。天気も良く、暖かでした。しかし今回は安倍さん夫妻が欠席で、五家族が元気に(それぞれ小さな健康問題を抱えては居るものの)再会 しました。揃うのは、しみじみ目出度いことと思います。 エジプト会が第21回と言うことは2004年12月15日に成田発、27日に帰国したエジプトの旅からほぼ10年が経過したことに成ります。 同じ様に見えてそれぞれ年齢だけは確実に足されて行きます。芦野さんは、趣味の焼き物から手を引くとのことで、各家族へ作品の碗を戴きました。私もそろそろ、俳句から足を洗わねばと思っています。 約半年後 の10月に、また全員が元気に再会を約して別れました。全員が出来る様に祈ります。

第20回 2013年 10月9日 昼食会@花楓

今回も懐かしい「花楓」で価格もリーゾナブルで美味しい昼の膳を頂きました。半年ぶりに、この六家族が元気に(それぞれ小さな健康問題を抱えては居るものの)再会できることは、しみじみ目出度いことと思います。 エジプト会が第20回と言うことは2004年12月15日に成田発、27日に帰国したエジプトの旅からほぼ10年が経過したことに成ります。半年後また全員が元気に再会出来ます様に祈ります。 今回はシェフの挨拶まで戴きました。

第19回 2013年 4月10日 昼食会@花楓

 織音の廃業の跡を居抜きの形で花楓と云う和食店が開業したと云うことで、今回は懐かしい店を訪れることが出来ました。価格もリーゾナブルで美味しい昼の膳を頂きました。
 半年ぶりに、この六家族が元気に(それぞれ小さな健康問題を抱えては居るものの)再会できることは、しみじみ目出度いことと思います。
 最年長の私も何とか皆さんに附いて活動出来ています。半年後また全員が元気に再会出来ます様に祈ります。
次回の会合は10月9日と決まりました。

第18回 2012年10月10日 昼食会@北大路

 今回は、恒例の料亭「織音」が閉店のため、これも藤村さんのご紹介で6家族12名が、日本橋三丁目の「北大路・八重洲店」に揃いました。暑くも寒くもない秋日和に恵まれ、11時半集合、お互いの健康を祝して乾杯の のち、料理を頂きました。会員は病気を克服した安倍さん始め皆さんお元気そうで安心しました。第一・三回の会合に出席された当時92才の脇さんのお母さん (平松さん)の話も出て皆励まし合いました。

 「織音」に比べると可成り見劣りしますが、最近の不況を考えれば、絞れる処を絞らねばと云うのが、店舗の常識なのでしょう。最後に来年の春4月のエジプト会は、織音 が居抜きで復活の話もあり、又しても、藤村さんにお願いすることと決まりました。


第17回 2012年4月25日 @日本橋「織音」にて昼食会

 今年は4月に入っても寒い日があり天気も安定しません。しかし、4月25日は雲が多いながら、恒例の「日本橋・織音」に午前11時半に集合しました。 前回と前々回と幹事役をして頂いた安倍樹様が春のエジプト会の翌々日に病に倒れたので、一同案じていましたが、今回は所用有りご欠席のこととなり藤村・葦野・佐々木・根本・是松の夫妻の10名の集会になりました。
 集まった10名は健康に恵まれていることを感謝して「乾杯」サービスで品数の増えたランチを戴きながら「近況報告」などで午後2時半まで、個室で過ごすことが出来ました。今年の秋の集会は、藤村様にお任せする。高齢化も考えて10月10日の昼食会と云う結論になりました。
  散会のあと、私どもと芦野様夫妻は、近くのブリジストン美術館を見学しました。当館は1952年に開かれたとありますが、私は、当館が八重洲に開かれたのは1955年頃だった様に記憶しています。「石橋を叩いて渡る」様に、石橋正二郎氏が最初に購入した名画は「ルノアールの少女」で椅子に座った少女の横顔で、これが館の看板娘でした。足袋屋だった家業を戦時下の「地下足袋」で成金となられましたが、道楽で、まだまだ円が安い時代に新聞紙上で騒がれました。   家族で株式を持ち、娘を「鳩山家」に嫁がせたことで知られています。戦時下に炭坑成金の麻生家が吉田家に結びついたのと同類ですね。麻生和子さんは秀才の誉れ高いひとでしたが、私の父はその秀才臭を嫌っていました。

第16回 2011年10月18日 @日本橋「織音」にて昼食会

 晴天に恵まれ10月18日、佐々木様を幹事として、藤村様紹介の「日本橋・織音」に午前11時半に集合しました。 前回と前々回と幹事役をして頂いた安倍樹様が春のエジプト会の翌々日に病に倒れたので、一同案じていましたが、今回は10分ほど遅れて来席されました。会員のほぼ全員が高齢者なので、明日は我が身と云う思いで、安倍様の回復を願っていましたので、全員ほっと安堵しました。脳内出血からの回復は時間が掛かりますが、既に日常会話と挨拶もしっかりして体の痺れも無い様子でいらっしゃいました。(私がゴルフ場で脳の打撲をうけたのは43才の時で、回復と感じるまでに半年から1年は掛かりました)
 今回は個室に、藤村・安倍・葦野・佐々木・根本・是松6家族、12名が揃いました。近況を連絡し合い、全員のますますの健康と長寿を願う挨拶と報告が多かった様です。挨拶・近況の内容は省きますが、落ち着いた雰囲気の中、手の込んだ和食のコースを美味しく頂きました。この店での昼食会は3回目です。今回は料理長の無垢品玄一さんの挨拶もあり、久しぶりに満足の行く昼食でした。一同の記念写真も撮って3時に解散しました。
上の写真は織音への入り口の階段で記念撮影。

下右は待合室に飾られていた活花、

下左は個室の床の間の活け花です。

織音のホームページのurlは無くなりました。
 

HOME


第15回 2011年4月12〜13日 @箱根・翡翠 一泊の旅

 久しぶりに一泊の旅となり、六家族が、安倍様を幹事として、藤村様紹介の箱根翡翠に投宿し、ゆっくりと湯に浸かり、美食を頂き、相互の近況を報告する会となりました。個室を提供され、酒類を用意された安倍様、酒と震災の詳しい話題を提供された藤村様はじめ山根様夫妻、芦野様夫妻、佐々木様夫妻に感謝しています。当たられれた部屋は下図(同ホテルのホームからの図)の通り早川に面し、露天風呂があり、少し広すぎるベッドと居間があります。何時の間にか私が常連のカメラマンとなって仕舞いました。
 HOME
ホテルで水のカーテン(動画を削除しました) 解散前に宿の前で
 

13日は、四家族で長安寺の五百羅漢を参拝しました。みどりの苔を着た寝羅漢さまなど、愉快な羅漢さんが沢山あり紹介仕切れません。更に、乙女峠で富士山を眺め、宮城野の早川沿いの桜を観ました。


俯いて居る片栗の花は下から撮ります。

第14回 2010年10月16日 @日本橋「織音」にて昼食会

 晴天に恵まれた秋の土曜日、今回も安倍様を幹事として、藤村様紹介の「日本橋・織音」に集合しました。
前回同様、6組の夫婦が元気な姿で歓談を交わし、偶然に旅先で知り合ったメンバーが全員無事に再会を重ねることを喜び、美味しい和の昼食を摂り、酌み交わし、歓談しました。男性群では民主党の危機、チリー鉱山の事故、海外投資なども話題となりました。
 食後、次回は、来年の早春に、伊豆半島のホテルに一泊し、緋寒桜あるいは河津桜を観たい希望が出ました。結局、又しても安倍様・藤村様の手配を御願いすることになりました。全員が無事に元気で再会できることを祈っています。

上は藤村会長のご挨拶

下は全員揃って店の出口で

献立

一の膳のみ撮りました


 第13回 2010年 5月25日 @鬼怒川温泉ホテルハーベスト

今春は幹事を安倍様として、藤村様のバックアップを得て、首記ハーベストホテルに一泊の旅となりました。会で宿泊の旅は2回目です。私は旅行前には、チェックインしたら先ず「東武ワールドスクエア」を見物しようと考えて居ましたが、鬼怒川温泉駅に着いた頃から、大雨になりました。仕方なくホテルのロビーで読書と決めていたら、やがて幹事の安倍様、続いて藤村様が到着され、部屋割りなどの準備をして頂きました。
生憎の天気ですが、ベランダからは霧の流れる新緑の山々を望めました。 大浴場は午後3時から開いていると聞き、3時10分ころに行きました。広い浴場に私独りでした。雨で露天風呂へは出ませんでした。谿谷は新緑に狭められ、折角の水流は殆ど見えません。五時半からの夕食には可成り広い個室を用意して頂き、6家族12名が、それぞれの近況などゆったり語り合う空間と時間を持つことができました。
 食後、幹事さんの部屋で、更に経済談義など話に花がさきました。9時頃に明日は明日の天気を見てからと、それぞれの部屋に引き上げました。翌26日の朝、相変わらず天候の回復に望みが無いので、早めの解散となり残念でした。

第12回">第12回 2009年 10月24日 @日本橋 織音

今回の会合は、幹事の芦野鐵男様と藤村様の手配により、日本橋のお洒落な和食の店での昼食会となりました。春には体調を崩されていた方も快復され、6組の夫妻が無事集合できたことは、先ずは嬉しいことでした。当日は土曜日で、街も人出が多く東京駅八重洲口から地下道に降りたり登ったりで、お店を探すのに予定より時間を取りました。 織音は新装開店したばかりの様でしたが、一番広い部屋の壁側一列に席が設けられていました。
 店内は暗くしてあるので、入り口で「これは今晩は!だね」と言いながら案内された部屋は、天空に星を頂く様な雰囲気ででした。下の宣伝写真よりやや暗かったと思います。
織音膳はこれに茶碗蒸・椀・米飯などが付きます  遠藤さんの近況などを幹事さんから報告
それぞれの近況などを報告したり、酒を批評したりで、楽しい食事のあと、贅沢にも、テーブルを変えて珈琲・紅茶を飲みながら、次回は、幹事として安倍様を選び新緑の季節に1泊の旅をと言うことになりました。また全員が健康で参加出来ることを願っています。

HOME


 第11回 2009年 5月31日 @舞浜 「シルク・ドゥ・ソレイユ」観劇    

 藤村様の手配で、舞浜駅(ディズニーランドの入り口そのものと云って差し支え有りません)に、旅の仲間の4家族が、午前11時20分集合。舞浜イクスピリアと呼ばれる商店街の「人形町・今半」で軽く昼食を摂り、劇場・シルク・ドゥ・ソレイユで、午後1時からの公演をみました。 楽しい公演の可成りの詳細を次のURLのクリックでご覧になれます。但し演目は様変わりして居る様です。http://fujitvdirect.jp/pc/sp/totem-ls/index.jsp

 観劇のあとイクスピリア内の喫茶店で、秋の集合を約束して解散しました。もっと多くの仲間が集まることを祈りつつ。

第10回 2008年11月4日@新橋「つきじ植むら」と浜離宮散策
   

旅の仲間@新橋付近 


 HOME


第9回 2008年 5月17日 @日本橋 皆美 
2013年現在、添乗員を務めた遠藤美奈子さんの最後のご出席となっています。

第8回 2007年 10月27日 横浜 みなとの見える丘散策 @石川町 梅の花


第7回 2007年 4月21日 東御苑散策 @日本橋 ざくろ 

しゃぶしゃぶの店の様です。可成り歩く「東御苑の散策」には3家族の同行と記憶しています。店は、日本橋3丁目8−2 新日本橋ビルディングの中とされて居ます。写真の記録は有りません。多分気忙しく済ませたのでしょうね。

写真の手持ちがありません。HELP ! 


第6回 2006年 10月15日 横浜文学散歩 @ ローズホテル(中華)


第5回 2006年 4月16日 @舞浜 ベイサイドホテル東急 


第4回 2005年 10月29日 「いち に さん」銀座店

 


第3回 2005年4月15〜16日 箱根の桜を観る会  @箱根ハーベスト・明神平

  静かな桜が堤いっぱいに満開でした。(上)

 箱根ラリック美術館を訪ねました。(右)


第2回 2005年1月25日@日比谷・松本楼


1月25日 ツアー参加の皆さんのほぼ全員が、日比谷・松本楼に集まり反省会を開きました。 ナイル船上を第1回とすれば、第2回に当たります。