-(その1)HOME

  猫も杓子も海外旅行の幕開けを1970年頃とすると、此の旅の頃(1997年)は、第二の幕開けと呼んでも良い時代でした。参加者僅か7名に添乗員同行の旅が成立していたのです。私達は、南米スペイン語が、本場で役に立つか験してみる心算で参加しました。 参加者:是松夫妻、大場夫妻、堀江嬢、大貫母娘
  此の旅では真冬の1月で寒いだろうと覚悟して出掛けましたが、南スペインは驚くほど暖かい日々でした。旅の見所は、なんと言っても、天才建築家「ガウディ」の作品です。

ガウディの作品、アパートのベランダが髑髏の形をしています。
プロと素人の写真の差は歴然です。

およその行程を表にしました。

日付

スケジュール

ホテル

1/8(水)

成田発12:45 SR169/SR664 
チューリッヒ経由、バルセロナ21:10着

(バルセロナ)
メリアコンフォート

1/9(木)

午前中

市内観光:サクラダ・ファミリア教会、グエル公園,モンジュイック の丘

同上

午後

自由行動 夕食も各自で(パエリア)

1/10(金)

早朝

空路 マラガへ

(グラナダ)
プリンセス・アナ

午後

グラナダ川の畔で昼食
Alhambra宮殿、ヘネラリフェ庭園

1/11(土)

午前

コルドバへ(バス):メスキータ寺院、花の小道、(ます料理)

(セヴィーリア)グランラール

午後

セヴィーリアへ、セビリア大寺院(コロンブスの墓所)、スペイン広場

フラメンコ・ショウ

1/12(日)

AVE鉄道でマドッリッドへ、プラド美術館(ゴヤ、ベラスケス、グレコ)、スペイン王宮

(マドリ−ド)
フロリダ・ノルテ

午後

トレド観光(教会の町)(オプション)

1/13(月)

 

レイナソフィア美術館(ピカソなど)、館内で昼、午後ショッピング、夕食付き

同上

1/14(火)

08:00
12:50

マドリード発 SR3659/10:15
チューリッヒ発 SR168/ 

機内

1/15(水)

08:40

成田着

A.バルセロナ BarceronaHOME

1.サクラダファミリア教会
 サクラダファミリア教会は、ガウディの設計とされていますが、設計図が残されている訳ではないので、彼の遺志を継いで、弟子たちが工事を続けています。今以て完成は、100年後とのこと、私達は工事現場の中を歩くことになります。更に、教会その他の主要部分は機能していますので、不思議な世界に足を踏み入れたという気持ちになります。
 晩年のガウディはこの教会の中に住み、工事の指揮をとっていました。ある朝、買い物に出て路上で倒れ、そのまま病院に担ぎ込まれましたが、誰もこれが有名なガウディとは判らず、浮浪者であろうと、考えたそうです。その病院で遂に返らぬ人となりました。 盛大な葬儀が行われ、今も偉大な建築家と尊敬を集めています。



 これは最近完成した部分です。強度計算は誰がしているのか分かりませんが、全てどっしりとしています。

左上の写真は絵葉書です。クレーンがかすかに見えます

2.グエル公園(バルセロナ)
此の公園もガウディの設計です。

公園の下に教会があります


此処は市民の憩いの場でもあります。

裏側にガウディの設計による小さなアパートがありますが、住み難そうです。

(その2)へ進むHOME