ソウル3泊4日の旅HOME

 2004年6月中旬、MLグループkoreisiyaが「ソウル・オフ会」を敢行しました。 敢行と書いたのは、初めての韓国の旅ながら私に強い印象を与えたからです。 朝鮮半島は、第2次大戦中、日本の植民地であり、日本の指導者達は領土の一部とさえ考えていました。 戦勝国のソ連とアメリアカ等は、大戦終了後の朝鮮半島を38度線で二分して勢力下に置き、北は中国共産党の影響圏に、南は米国の勢力圏に入りました。
 私が大学1年生の時、1950年6月25日、共産圏の北鮮は、突然38度線を越えて南へ侵攻し、此処に「米国・中国の代理戦争」が起こりました。南は無防備に近かったので、 3日後の6月28日にソウルは陥落し、やがて中国に助けられた共産軍は電撃的に釜山に迫る勢いでした。 国連安全保障理事会の決議を得て、米軍が軍事力を行使し、トルコ、英国、カナダ、フランス、などもこれに参加し て反撃しました。
韓国の人的損失は死者・行方不明者を合わせて180万人、米国は14万人と言われ、北鮮と中国はそれぞれ90万人を失っています。朝鮮戦争は1953年7月の休戦協定で交戦を止めているだで、未だ終わっていないのです。今回の旅では、(常に日本に遅れまいとする)韓国の戦後の復興を目の辺りにし、国境線の近くを訪ねることが出来ました。

(第1日)
 今回のツアーは、羽田発13時20分のソウル行きのチャーター便でしたから、空席が多く、窓際を指定しました。羽田を飛び立って間もなく「海ほたる」、「ベイブリッジ」、「みなとみらい」など、日頃親しんでいる風景を見下ろし、やがて、行きつけの厚木のゴルフ場も見下ろせました。機内も空席が多く、何だかとっても得をした様な気分でした。その後、見慣れない敦賀湾などの日本海へ出て、1時間40分で、ソウルに一番近い金浦空港に着いたので、時間経済でも得をしました。
 ソウルの人口は東京都より多いそうです。郊外も都心にも、高さと形を統一した(10〜15階建て程度の)アパートが林立し、生活レベルも日本に近づきつつあることを窺わせます。東京タワーより低いが、海抜では高いとガイド嬢が言うソウルタワーからの夜景も見事です。このツアーでは、ホームレスを全く見ませんでした。今、三種の神器の一つは「キムチ冷蔵庫」だそうです。

整然としたアパート群(金浦空港近く)

ソウルタワー(下)からの夜景

画像紛失

(上)平和を祈念するための祭壇
(下)死者・分断家族を悼む「平和の橋」にて

          ソウルタワー

(第2日)
 キャピタルホテルを8時に出て、市内のレストランでカルビクッパの朝食を摂りました。因みに、今回のツアーには宿泊したホテルでの食事は、1回も含まれていません。 高いのです。 食後「統一展望台」「自由の橋」を見学。 田舎風の食堂で「チャーハン?」らしき食事。午後は町中をバスの窓から観光、ロッテの免税店、民芸品店に時間を取られました。夕食は宮中鍋を摂りました。 この店で偶然、関西空港から来て別のホテルに投宿中の3人のML仲間に出会い、明日の約束をしてホテルに戻ったのは9時でした。

南大門

買い物に疲れて

ビジネス街

 (第3日)
 関西組をホテルに迎え、ホテル前の大衆食堂で朝食をとり、前日、約束していた現地のツアー会社のバスに乗ってMLグループのほぼ全員10名で市内観光に出掛けました。 雨の中でしたが、世界遺産に指定されている「昌徳宮」を 上手な、昭和初期の日本語のガイドさん付きでゆっくり周りました。此処は李王朝の政治の中心となった宮殿で1405年に創建され、1609年に再建されたそうです。市内にある名所「南大門」や「東大門」は、この王宮の門であったそうです。凄いスケールの宮殿であったことが解ります。日本の梨本宮家から后を迎えたのが最後の王様に当たります。特撮館にパノラマで2〜3を紹介します。午後は東京の秋葉原に相当する電気街に参りました。

「昌徳宮」の李王と妃の寝殿「大造殿」

「昌徳宮」の裏庭の一部

下の写真の左と中は、疲れたら、韓国の伝統茶をとガイドさんが案内して呉れた喫茶店です。中に小鳥が飛んでいました。

横町はキムチの匂うTeatime

落ち着いた喫茶店

朴先生(左)を囲んでの夕食会

夕食は日本からの全員11名にさらに、ソウル大学名誉教授: 朴 鎰忠 さんを囲んで和気藹々に愉しい3時間余を過ごしました。先生は閉会後、タクシーを呼び、ぼられないように運転手と値段まで交渉して下さいました。日本が統治した時代に日本語で教育を受けられ、(流行語は別として)先生の日本語は日本人並みです。
(第4日)
7時にホテルを出て、途中で韓国式「朝食」を摂り、金浦空港発10:00のKEで帰路につきました。わが家への帰着時刻が13:30です。羽田発のソウルは近いのですね。
お疲れ様でした。写真の一部は同行の方の好意によります。 HOME