旅行の準備HOME

旅行案内書を読みましょう

最近の日本人にとって海外旅行は日常的な出来事になりました。戦後70余年の日本が此処まで豊かな国になった事を大変喜んでいます。今では、15歳から20歳の日本人の半分は、第二次大戦で日本が米国と戦争した事を知らないと云う調査もあるそうです。 韓国・中国への侵略、更には、アジア諸国に与えた莫大な被害を知らずに、その地に出かけるのは危険なことです。 自分が訪ねる国との歴史的関係を、簡単でも良いから、知ってから出かけたいものです。 良心的なガイドブックには、巻末などにその国の歴史を載せていますので、面倒がらずに読みましょう。私は、アメリカを訪ね、アメリカ人の心に残る、南北戦争の傷やベトナム戦争の傷の深さに驚きました。

旅行日程の立案

私は、出来るだけ無理のない日程を心掛けて来ました。 私の様な退職者が個人旅行出来るのは、退職後、健康に自信が持てる短い間に限られています。出来れば70歳に到達する前に行きたいものです。此の夏( 2012年)82歳になり気力・体力とも衰えを感じ、海外で自動車事故を起こしたらと等を考えると、個人旅行にやや困難を感じ、ハワイ諸島以外でのドライブには不安を感じはじめました。貴方が、65歳の退職者ならば、個人差は大きいとは云いながら、退職後、真の個人旅行に残されている時間は、5〜 10年しかありません。 急いで案内書を開いて下さい。

ホテル

私は、個人旅行では、一カ所で二泊以上を原則にしています。国にもよりますが、ホテルの選択は、Holiday−Innを基本に、デラックスかエコノミーかを分けて考えています。先進国では衛生面に問題ありませんが、後進国では余り安い宿は危険かも知れません。日本の大手旅行社が薦めるホテルは大体安全です。 米国に直接、電話で予約する時は、早めの予約がお得になります。 部屋選び では(Twin / Double, Nonsmoking, 料金等) を細かく指示されれば、旅慣れた人と分かり、より親切にして呉れる様です。
レンタカー
Hertz, Budget, Dollar, National, Avis いずれも使いましたが、Hertzは大きいばかりで、ハンドルがシミングを起こしたり、前輪ブレーキが効かなかったりでした。(空港を出てから、整備不良と判っても引き返すと約束の時間に遅れるので、仕方なく走らせましたが、ぞっとする思いです)。 Budget, Dollar がお勧めですが、Localの空港では、レンタカー屋が1社しか無いこともありますので、予約時に確認して下さい。外国人の客には、対人事故補償保険を掛けさせないレンタカー屋もあります。対人保険は東京海上など日本で掛け、米国で借りる時に車両損害 (LDW)を掛けると、チェック無しでCar-Return がスムースに出来て便利です。米国の空港では二四時間、何時でも返却出来ます。(無人のキーボックスに走行マイルを書いた用紙と鍵を放り込むだけで済みます)。
なお、念のため、Checking-out は、車を借り出す動作です。Checking-in は車を返却することです。ゴルフのTee-time(日本ではスタート時間)と 同様、日本英語とアメリカ英語の落差を感じます。
ご参考までに私の、最初の米国内のドライブは1960年代半ばのフロリダ一周でした。 2、3数年後、ニューヨークの会社に研究所での打ち合わせを申し入れた処、「明日、独りで、ヴァージニアに飛んでくれ。レンタカーも申し込んでおいた。切符は空港カウンターで受け取れ。M博士が待っている。」と云われ、度肝を抜かれつつ、役目を果たしました。
地図(マクナリーなど)は、丸善などで買えますが、詳細地図はレンタカー屋でも無料の資料を求めて下さい。英語で読むのも億劫ですが、往々にして、読むと得することが書いてあります。こう云う私も、旅疲れで読まず仕舞いが多いのですが、若い人に読ませる手もありましょう。

手回り品・携行品のメモを作りましょう

最近は、税関申告書の提出を求めない国が増えましたが、税関で、「貴方の荷物に何がはいっているのですか?」と尋ねられ、即座に Personal Effects only ! と答が出てくる人は少ない様です。私は、この程度の英語が出て来る人には個人海外旅行の資格有りと考えます。仕事で低開発国に行くと、出国時に、入国時と出国時の所有現金の差を説明せよと云われることもあり得ます。これ に答えられず、空港で足止めを喰らい、袖の下を払って出国した友人もいます。低開発国の税関で荷物をひっくり返して検査する係官から、Nothing for me? と言われたら、貴方はなんと答えますか? 
行き先の天候を調べましょう。予想以上に寒くて震えないように。インターネットで、http://www.tenki.jp/world/ を開いて、世界地図を表示させ、目的地の週間天気予報を探して下さい。Yahooなどの提供する予報で、気温は、C=(F-32)*5/9で換算します。 気象衛星からの映像を見ることも出来ます。
携行品のリストを作りましょう。一例を下記します。日程表と共に大切な表です。なお、Credit Card は個人旅行の必需品と考えて下さい。
盗難防止について
11月に訪れたカナダ・バンクーバーの例、シカゴの例などをご参照下さい。
アッという間に盗まれます。

旅行の時期(日本と旅行先)、目的、期間、目的地

服装

ジャケット×1 
スポーツ・ズボン  
スポーツ・シャツ(半袖)
合い上着(秋もの)
腕時計  
スニーカー  
ハンカチ  

搭乗前に預けるバッグに  

替えズボン

長袖スポーツ・シャツ、半袖スポ−ツ・シャツ

 ショートパンツ 
 ベルト(スポーツ用)

(下着類は宿泊日数・洗濯の可否を考慮して数を決めます)  
 
 
パンツ×
Lパンツ×
シャツ×(夏・冬)
ハンカチ×
ソックス 短×   長×

ダスターコート

パジャマ   
目覚まし時計  
替え靴

(雑品)
 日焼けとめ  
 洗剤、物干し鋏
 

その他:傘
    サングラス
    帽子
(雨具無用の地域あり)

後進国ではタオル、石けん、下痢止め、防虫スプレーなど

 

ポケット  

名刺入れ  
VISA, Master Card  

運転免許証 
めがね(小)
ハンカチーフ  
ボールペン  
メモ帳  
財布(ユーロ・ドル・円)

機内持込み
バッグに


パスポート  
ドル ・ユーロ 
航空券(旅行社案内書)
旅程表  
地図・案内書  
国際 運転免許証  
電子辞書   眼鏡(読書)
スリッパ  

カーディガン

(洗面具)  
  電気かみそり  
  クリーム  
  歯ブラシ・ペースト  
  はさみ、 鏡  

(くすり) ex  
ビタミン剤
常用薬(誘眠剤、抗アレルギー剤)
  
カメラ、電池、記録メディア、
風呂敷(足休め用*)

業務出張は想定していません。業務の場合、スーツ・ネクタイなどのお洒落を考えて下さい。替え靴も必要と思われます。風呂敷(足休め用*)は、エコノミークラス症候群の予防のためですから、 ファーストやビジネスクラス利用時は無用です.。HOME