−その2 HOME

   10/21日 (ロットネスト島)

フリーマントルから、僅か30分でロットネスト島に到着します。 この日の船は可成り揺れました。ロットネストは世界で三番目に風の強い町だそうです。(一番はニュージーランドの首都のWellington と言われ 、航空機は揺れながら、崖すれすれに着陸します。観光客には縁の少ない街です。)
 


 ロットネスト島を直訳すれば「鼠の島」ですが、正しくは鼠に非ず、「クオッカQuokka」と言う有袋類の小動物だそうです。 此処で、5〜10分間の雨でしたが、春時雨とも言うべき風と雨に遭いました。クオッカたちもずぶ濡れになり、我々も傘のお世話になりました。折りたたみ傘の発明者に乾杯。
 

餌を探しているのでしょう

雨に濡れて寒そうなQuokka

 雨で気温もさがり、昼食の店では、ストーブを焚いて呉れました。若いお兄さんが、着火剤を使って簡単に着火するのには感心しましたが、火持ちが悪いストーブで、6本ほどの薪も10分で燃え尽きます。食後30分もすると天候 は回復に向かい、パースへ帰る船は、揺れも少なく、特に、寄港のフリーマントルを出航の後は、流れの緩いスワン川を行くので快適でした。船から30億円の豪邸が見えるとのことで、カメラを構えましたが、丘の上の屋敷の全景を捉えることは出来ませんでした。
下は帰路のスワン川からみた、高層ビルの並ぶダウンタウンです。午後の光に、ビル群が美しいスカイラインを造っています。


都会は、何処も同じですが、新宿、東京よりはきれいですね。夕食は固いオージー・ ビーフで、ナイフで切るのに苦労し、1/4は残しました。
*****************************************************************
  10/22日 ( 1−ピナクルズ・野草)
  まず、海岸線に平行する公道を北上し、ヤンチャップ(Yanchep)国立公園 を訪ねました。此処で野生のカンガルーとコアラに出合ふことが出来ました。例によって、コアラは朝から眠っていました。公園内には、珍しい植物が多い様でしたが、素人の私には判りません。 逃げ足の速いカンガルーの親子をカメラに納めることが出来ました。此処のカンガルーは小柄です。西豪州のアウトバックへ行くと、大きなカンガルーに逢うことができます。
 西豪州は、蝿の多い処です。パースの街にも少なくはありませんが、所謂アウトバックと呼ばれる、北部砂漠地帯には、特別に蝿が沢山います。何故か判りませんが、蝿は比較的乾燥に強いらしく、砂漠 に居る中小動物の糞や死体に群がるらしいのです。乾燥時期には、人間など動物の目玉の水分を求めて、集ってきます。コンビニには蝿除けのネットが売られ、これを頭からスッポリ被るらしく、ガイドさんが3枚を希望者に貸して呉れました。

コアラ

カンガルーの親子


  午後は、ハイウェイを更に北上して、奇岩で有名なピナクルズPinnaclesの在る(Nambung National Park)へ移動しました。
  此処では、左図の様に、石灰岩が雨と砂で削られ、雨で溶けた石灰石が下方へしみ込み、セメントの役目を果たし、固い板状の岩を形成しました。地表の柔らかな酸性土に植物が根付くと、「固い板状の岩」の植生の周囲だけが風雨の浸食から守られ、植生の根は「固い板状の岩」に食い込み亀裂を深くします。植生に守られた部分だけが、奇岩として地表に残されたと言う訳です。

春と言うのに太陽光線は強烈です。何万もの石碑が立っています。

          (2−Lancelinのデザート・ストーム)
ヤンチャップ国立公園を更に北上すると、真っ白な砂の丘が所々に見えて来ます。その1つを、ジープ或いは4輪駆動車で走ることをデザートストームと呼んで観光名所にしています。我々は、名物運転手が運転する中古のスクールバスに乗りました。これは、バスに大型ダンプのタイヤを履かせ、車体や座席のサスペンションを改造したものです。車体には「Ape Suspension Technology」と書いてあります。若くはない運転手は Ape (猿)の様に毛むくじゃらで、裸足です。乗客も運転手の指定する席に就きます。大音響のBGMと共に、道無き砂漠の丘陵を走り、上下に揺さぶられ、正に遊園地のジェットコースターです。最後に、添乗員と私ともう一人の客がサンドサーフィンを愉しみました。 「ただ45度の急坂を下るだけ」と言っても忘れがたい遊びでした。此処ランセリンは、砂丘上のウインド・サーフィンとして世界的な名所でもあります。

運転手は撮影係りでもある。

サーフボードを仕舞っている

パースへの帰路、牧場の傍に停車して、野草撮影の時間を呉れました。下は紫のパタソンズカースの草原。

HOME