−その1 


   今回は、阪急交通のグループツアーを利用の、2005年10月19日(水)夜・成田発、24日(月)朝・成田着と言う慌ただしい旅となりました。たまたまこの間に予定していた国内のツアーが不成立となったので、突然思い付いて参加することとしました。旅の途中に日曜日を挟むのは、お勧めできないのですが、今回は私の思慮不足でした。忙しかったり、店が閉まっている日曜日は、行き先が無くて退屈したりになり、時間経済上の無駄が出ます。
 さて、33年ぶりに訪れたパースは、予想を遙かに超える変貌を遂げていました。 空港は10倍くらい広くなり、33年間はがらーんとしていた都心には、高層ビルが並んでいます。のんびり走る白帆のヨットは、白いプレジャーボートに置き換えられています。都心の真ん中を流れ、途中で幾つかの湖となる『 スワン川 Swan River 』には、何処からでも歩いて行けた様に記憶していますが、今や、川沿いに広い道路ができて車が疾走しています。ブラック・スワンの住処は、公園部分 だけになった様です。車で5〜10分で行けた、広大な庭付き住宅も、今は、狭く小さくなり、都心近くではマンション(コンドミニアム)となり、その価格と共に、高さを競っています。
 (下のパノラマは、Kings Park キングス・パークからの眺望です。 不思議と此処からの眺望の美しさは昔と殆ど変わっていません。)

 10/20日
  空港からモーガン湖へ行き、 30分ほど散策しました。丁度、ブラックスワンの子育ての季節で、可愛らし雛鳥に逢うことが出来ました。もっと接近したかったのですが、親鳥に厳しい目つきで睨まれて、下左の写真が精一杯でした。 現在、スワンの数が少ないのは、彼等が人間の少ない場所で「子育ての期間」を過ごすためもあるのでしょう。
 続いて、Kings Park キングス・パークへ行きました。此処は(野草)Wild Flowers で有名です。たまたま早朝なので、靜で、散策の人も少なかったのですが、日曜日は多くの子供連れの家族で賑わう公園です。Wild Flowersを野草と翻訳するのは適当でない様で、菊科の植物が多い様に感じられました。此処からは、市街・道路・橋梁の景観も楽しめます。 下はモンガー湖からの景色です。キングス・パークで説明を聞きながら野草の写真を撮りましたので、一番最後にWilde Flowerを纏めて表示しょうと考えています。


 昼食は中華風の飲茶メニューでした。午後はFremantleフリーマントルへ移動しました。 パースはスワン川の河口にあり、浅いので、代わりに、此処フリーマントルが、大型海上輸送港の役目を果たしています。東京と横浜の関係に同じです。コンテナー船、大型輸送船、大型観光船の発着する埠頭が 整備されています。今回は、海洋博物館や昔の監獄を見学する時間は有りませんでした。町をバスでぐるぐる回りました。ホテル・エスプラネードにチェックインして夕刻まで休息の時間をとってありましたが、 残念ながら昼寝も出来ぬ中途半端な時間になりました。夕食はホテルでバイキング(=スモガスボード)。

子育てのブラックスワン

ボトルブラシ、何処にでも見られる木です。

海岸で憩う人々

ホテル・エスプラネード