北欧の旅その(5)へようこそHOME
フィンランド>> スウエーデン >>ノールウェイ>>デンマーク

デンマーク報告  

 デンマークは北欧4カ国の中で最も小さい島国です。 我々の記憶には、「アンデルセン童話」が強烈に残り、デンマークは、ロマンの国の様に思い勝ちですが、この国は、北欧で最大の経済力・軍事力を持ち、一人当たりのGNPは世界でもトップレベルに在ります。 嘗ては政治的に不安定で、英国に侵略されたり、ヴァイキングの勢力下に置かれたりしましたが、1世紀半ば以降は、安定した王政の下、北欧三国の盟主としての地歩を固めています。
 第一次大戦では中立を保ちましたが、第二次大戦では不可侵条約を結んでいたナチスドイツに占領されて仕舞いました。 これは、この国が戦略的・経済的に重要な位置にあることを示しています。 第二次大戦の後は、(1945)いち早く社会民主党が政治を掌握し、王国ながら、議会政治を定着させ、社会保障制度を充実させてきました。 
 さて、我々がノールウェイのオスロからの客船でデンマークのコペンハーゲンに着いたのは、9/20(木)の午前10時頃でした。 好天に恵まれ、早速、海辺の「人魚姫」に始まる市内観光を、夕刻まで楽しみました。 
 この日の現地ガイドさんは、ベテランらしく、冗談を交えながら、この国の福祉制度の良さと税金の高さを話して呉れました。 ガイドさんも3割以上の所得税を払うのだそうです。 こんな文句を言いながら、彼女の子供たちは日本に帰る気など毛頭無いと聞き、本当は素晴らしい国なのだなぁと思いました。 聞いていると、一般庶民の食事は大変質素で、朝食は冷たいものばかり、昼はサンドイッチ程度、夜も熱いのはスープだけで、毎食、ハム・ベーコン・ソーセージなどの厄介になっているそうです。 夫婦共働きが当然の国では、食事が粗末になるのもやむを得ないのでしょう。
 話を短くするため、アンデルセンから始めます。人魚姫の像は全長80cmと小さいものですが、観光客は引きも切らずです。 首が切り取られたり、腕がもぎ取られたり、人魚姫は、像になっても未だに不幸を背負っている様です。翌21日には、アンデルセンの生家を訪ねましたが、小さい小さい家に何家族も一緒に棲んでいたそうです。成人したアンデルセンは、生活と仕事場を兼ねる別の家に移り住みましたが、此処も小さな家でした。
 これらの家が、今なお大切に保管され、内部を見ることが出来ます。 そして、仕事場であった家の傍らに、アンデルセン記念館が建てられ、彼の文学作品、切り紙細工、絵などが展示されています。 手先の器用な人だったのですね(1805〜75)。彼の顔が入った硬貨の拡大模型まで飾ってありました。記念館の一部を除き、内部では写真が禁止されています。

左はご存じの、王子様に恋をして、一日だけ人間の姿になり、身を投げて魚に戻った姫の像。脚線美に注目して下さい。モデルさんが美人過ぎました。

右は生家。

下は青年期を過ごした、住所で仕事場。 彼は、結局独身のまま亡くなりました。国民的英雄としてのプライドが高すぎたと言われています。

右下はアンデルセン硬貨の模型。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  9/20と9/21日の宿は、今回、近畿日本ツーリストの手配のホテルは平均して程度が低かったのですが、此処が最悪のホテルでした。 ベルボーイの手が足りず時間が掛かりすぎると云うので、各自で荷物を自室に運びました。 やっと落ち着いて、洗面台でハンカチを洗って、水栓を抜くと、台の下から水が浸み出てきます。 私は、用心してシャワーで入浴を済ませましたが、家内は風呂桶(バスタブ)に湯を張って、後で栓を抜いたら、浴室は1cmほど全面の洪水になりました。後は水が退くのを30分以上待ってから、足拭きマットを使って拭きあげねばなりませんでした。
 更に、この270室のホテルにエレベーターは1台です。 これは1軒のホテルが、隣のホテル2つを買収し、各階を無理矢理に繋ぎ合わせ、1軒分のフロントで3軒分の客を処理することになった為です。 同じ2階でも途中に段差があり、2階と思って歩くと、何時の間にか3階になっています。 しかも、20日の夕刻はエレベ−ターが故障して、4階まで階段を登りました。 翌21日、夕食を済ませて帰館すると、今度は停電です。 北欧に関して、近畿日本ツーリストは、特別に弱いのでしょうか? 現地のツーリスト会社に良いものを確保出来ていません。 21日の現地ガイド(おばさんのアルバイト) のデンマーク語も英語も良く通じないのです。

 たまたま、アマリエンボーの宮殿を訪れていた時、迎賓館から出る国賓らしき人を見ました。国賓にカメラを向けると叱られますので、私が国賓並に写りました。 大学の前の広場で軽食・喫茶を楽しむ学生を見掛けて写真を撮りましたが、フランス絵画展の広告が風景の一部になっています。

 話を戻しますが、20日の午後は、ハムレットの舞台となった、クロンボー城(右下の写真)を訪ねました。事実は小説よりも奇なりで、シェークスピアは、旅人から、この城で起こった骨肉の争を聞いて、作品としたと言われています。

左は父親の幽霊が出たと言われる場所で、後にシェークスピアのレリーフがあります。塀の手前のお堀にオフェリアが投身した。

最後に、元城主の貴族が一般に公開している美しい城の写真を掲げます。

 チボリ公園は、コペンハーゲンが世界に誇る公園ですが、実際は浅草の公園並で、がっかりしました。広いのですが、「がらくた」を掻き集めた公園でした。 20日、公園内で夕食を摂っていると、突然雨になり、雨漏りが隣のテーブルに落ちてきて大騒ぎになりました。
 私たちは、翌日21日の夕刻の散歩で、「中央駅」前のビルに、中華料理店の看板を見付け、久し振りに美味しい麺類を食べました。中国語とデンマーク語のメニューが有りました。 以上、今回の旅行は、楽しくも苦しい旅となりました。END
 HOME