北欧の旅その(4)へようこそHOME
フィンランド>> スウエーデン >>ノールウェイ>>デンマーク

やっと ノールウェイ に参りました。  

  9月15(土)の午後、空路ノールウエイのベルゲンへ移動しました。空から眺める、入り江、湖、そそり立つ山々の景色は、明日からの旅の素晴らしさを期待させるものでした。今回は画像が多くて、やや重たい事をお許し下さい。
 今回の団体旅行は、12日間で約40万円/人の決して安くはない商品でしたが、ベルゲンのAirport Hotel 空港ホテルなるものは、バスルームに足拭きマットも無い、化粧ティッシューも無い、向かい合わせの客室から此方が(お互い様ですが)見えるのです。 空港から車で15分で、シャトルバスのサービスも有りません。ホテルに関して、今回の近畿日本ツーリストの旅は不満だらけでした。
 さて、13世紀、ドイツのハンザ商人に穀物供給などの経済力を握られていた、ノールウェイは、デンマークと同じ君主を頂き、連合してハンザ商人に対抗しました。 しかし、やがて、デンマークへの従属的な立場に立った事を嫌い、デンマークがナポレオン戦争(1803〜1815)に敗北したのを機会に、今度はスエーデンと同君連合を結びました。 こうして北欧三カ国の人々は、不思議な君主連合体を形成したようです。 自国防衛の為、同じ血縁の王家を頂くと云うのは、日本人には理解が難しい心情ですね。
 ベルゲンは、13世紀、ドイツとのハンザ同盟( Hanseatic League) 時代には、海産物取引を主体とする商業都市として栄ました。 9/16(日)は、このベルゲン市に世界遺産として残る街並;ブリッゲン地区を訪ねました。木造建築ですから、大変に傷んでいますが、当時の厳しい徒弟制度で、丁稚は、夜も横になって寝ることは許されず、棒鱈の吊された部屋の隅で、膝を抱いて寝ていたと云う窪み(アルコーブ)や、襲撃された時の逃げ道も設けてあり、旧き、悪しき時代を彷彿させる物でした。 さんざん苦労した丁稚達の行く末は、どうなったのか知りたくても、その術は有りません。

(上)はハンザ同盟時代の倉庫と事務所。
(右)は傷んだ壁。中の展示物が見えます。

(下)はブリッゲン地区の新しい建物です。
家と家の隙間はゼロです。

 

秋の気候は不安定ですが、この日は、雲も少なく比較的
良い天気と言えます。

 

 

 

 ケーブルカーでベルゲンを一望する丘に登り、緑と水の美しさを楽しみましたが、画像は省略します。 午後、フィヨルドへ向かって、バスを飛ばしました。バスは険しい山道を登り、下りして、最後はフェリーボートに20分ほど乗って、午後5時頃、目的地のハルダンゲル・フィヨルドの真新しい、此処で唯一のホテルに到着しました。ホテルは未だペンキ職人や電工さんが、最後の仕上げをしていました。 部屋からの夕景、夜の星空、静寂な朝のフィヨルドと凡て、値千金の景色でした。
翌朝、ホテルの岸壁から観光船に乗り、2時間の湾内クルーズを楽しみました。小さい滝が沢山あります。帰港して、ホテルの庭で美味しい昼食 (旅行社のパンフレットではバーベキューでしたが、簡単なコースメニューに変えられていました;屋外で火を使うための設備が未完成だった様です。これも旅行社の失敗)。 午後は湖畔の散策とスーパーでの買い物を楽しみました。 近くには民宿が数件あり、それぞれ、窓辺に鉢の花を置き清潔に見えます。
 翌日は Voss 駅から、鉄道で先ずミュールダールへ移動し、ミュールダールのホテルで、家内が「今度の旅で一番美味しかったと」言う昼食を摂り、さらにフロム鉄道に乗り継ぎ、オスロに向かいました。 フロム鉄道は、観光とウインタースポーツの為の鉄道で、車内は木目を基調に明るく、座席もゆったりとしています。 途中、大きな滝の前で 3〜4分間停車し、写真をとるよう案内 放送がありました。 この列車とフィヨルド観光船が今回の旅のハイライトと言えましょう。
 オスロで鉄道を降り、路面電車で15分位の距離にあるホテルに(バスで移動し)チェックインしたのは、午後7時でした。近代的なホテルで、フロントの近くにパソコンが有り、私は、試しに自分のホームページを開いてみました。今回の旅行の間、テレビは、9/11日の世界貿易センターの連続テロのニュースで持ちきりでしたので、自分のページでもホットしました。

私達は3階のほぼ中央のベランダ付きの部屋を与えられ、今回の旅で一番良いホテルでした。

フロム鉄道からの絶景

 

ホテルから乗った観光船、船長さんと家内

(上)ホテルの自室から眺めたフィヨルド。
(右)車窓からの農村風景。

 翌、9/19日のオスロ市内の国立美術館では、ルノアール、ムンクなど著名な作家の作品を、手に触れんばかりの近くから、鑑賞する事ができました。 バイキング船博物館と市庁舎を廻り、フログネル公園の見学を終わった頃は、薄暗くなって来ました。 フログネル公園はGustav Vigelandと云う彫刻家の裸体彫刻が、合計193体あり、中心の花崗岩の塔には、人間の一生を表現する、老若男女121体が刻まれ、下の方の出生、幼児期から、頂上の老人まで、気味悪いほどリアルに彫られています。

高さ17mの人生の縮図

台座の蔦紅葉

少年時代を現す像と

怒りん坊と呼ばれる人気者の少年

公園から港に直行して、デンマークへ向かうクルーザー( 40,012ton, 全長180m)に乗りました。
狭い船室ながら、シャワーとトイレの付いたツインルームでした。食堂も清潔で、接客員も訓練されていますが、料理は此処でも、バイキングでした。尤も、船客の大半は、大食堂に現れず、サンドイッチなどのスナックで済ませていました。船は翌朝9時頃、デンマークに到着です。

上欄の左は、夕刻の乗船風景。
上欄の右は、船内大食堂での朝食。

下欄
左は搭乗した船の全景。
右は、朝の甲板で。

 HOME

その5へ