北欧の旅その(3)へようこそHOME
フィンランド>> スウエーデン >>ノールウェイ>>デンマーク

スエーデンの旅からご報告です  

  スエーデンもノールウエイと同様、森と湖の多い国です。しかし、面積は、日本の1.2倍と広く、人口も880万人と北欧5カ国中最大です。この国は1523年の独立までデンマークの支配下にありました。 17世紀にはバルチック海沿岸で最強の国となり、その後血生臭い戦争も有りましたが、19世紀には、ノールウェイを併合しました。 19世紀には、中立国を宣言し、第一次大戦・第二次大戦の間も中立を守って来た素晴らしい国です。 太平洋戦争で日本の敗戦直前には、イタリアとドイツも、日本に宣戦布告したのです。 20世紀初頭、福祉政策を推進し、戦争に加わらなかったお陰で、国が繁栄し、世界最高の福祉国家と言われる様になりました。
 戦争に巻き込まれない事が、如何に国民に幸せをもたらすかを実感します。 日本の自衛隊がShow the flag !と言われて、戦線へと押しやられそうな現在、スエーデンのこの事実を鑑として、第二次大戦の不幸を振り返る必要がありましょう。
 さて、私達は、9月14日 朝8時に、ヘルシンキ(フィンランド)空港を発ち、ストックホルム(スエーデン)に向かいました。 予め添乗員から「明後日(土曜日)に、ノールウェイに入国するので、ヘルシンキで、早めにノールウエイ・クローネを買って下さい」と指示され、ヘルシンキ(フィンランド)空港の両替所で、スエーデンノールウエイの両方の通貨を買おうとしました。  両替所のお嬢さんは、「自動両替機は、土日も動いているから、今此処で、ノールウエイ通貨を買うのは、手数料が2倍になるから損ですよ」 と私に忠告して呉れました。
 しかし、私は添乗員の指示に従い、両方の通貨を買いました。 実際ノールウエイに入ると、事の次第は、両替所のお嬢さんの言う通りでした。 添乗員は万一機械が動かない場合を恐れ、自分が2度忙しくなる事を避けていた様です。
飛行機は、同じ朝8時に、ストックホルムに到着しました。 時差一時間が有るためです。
 私達はストックホルムで、観光客のお決まりコースとなっている、 市庁舎(=此処でノーベル賞の祝賀晩餐会が開かれます)、ヴァーサ号博物館などを見物しました。
 利用するホテルは、市街から車で30分は掛かる郊外のニュータウンにありました。建物の半分は事務所で、ホテルがオフィスビルの中にあるのか、オフィスがホテルの中に在るのか判りません。 海外旅行でこんな宿は初めての経験ですが、思えば、この様なビジネスホテルのスタイルは、日本でも最近増えているのかも知れません。 旅行社のコスト削減・利益向上の選択でした。 東京では多摩ニュータウンで見られそうな環境です。

ストックホルム市庁舎の外壁(左)には800万個の煉瓦が使われ、彫刻が施されています。内部は壁画や彫刻で飾られ、
 (上)は:「黄金の間」と呼ばれるノーベル賞祝賀晩餐会の間です。晩餐会の絵はがきを見ると、食物を持って来るボーイが階段に50人位並んでおり、招待される人の数が多すぎると思いました。
 (右)は黄金の壁に施された彫刻です。
この市庁舎は、平常は、市議会など公共の目的に使われています。此処では、市民へのサービス業務はしていません。


ヴァーサ号は皇帝陛下の観閲式を受けるため出航した処で横波を受けて、あえなく沈没した戦艦です。そんな恥ずかしい船を、引き上げて、復元して、見せ物にする本意は何処に有るのか、怪しみました。
 船の画像は重くなるので省略します。

 翌、9/15日は、オプションでDrottningholm宮殿を観に行きました。旅行社のパンフレットには所要9時間とありましたが、実際は早めのイタリアン・スタイルの昼食を入れても4時間でした。 旅行社はこんな詰まらぬ事で点数を落とします。 宮殿内は殆ど解放されています。 ちょうど衛兵が交代の準備を始めていました。 デンマークの衛兵は人形の兵隊の様に決まっていましたが、此処では、服装は地味で、動作もだらだらしていました。 従ってその写真は省略します。 スエーデン政府は観光に力を入れていないのか、福祉にお金が掛かり過ぎる為でしょうか。
この日の午後ノールウエイのベルゲンへ飛びました。空から見る険しい山々、入江、湖がフィヨルドへの期待を膨らませます。
次号では、この旅のハイライト;ノールウエイの自然の素晴らしさをご紹介します。

(上)ドロットニング宮殿を庭から望む。秋空も綺麗。

(左上)当日、夫婦7組が参加した折りにご同行の奥様方:。自分だと思われればメール下さい写真を郵送します。
ホームページの画像では圧縮され、ぼやけ、汚れて見えますが、実写真も、実際も、美女ばかりです。

その4へ