北欧の旅その(2)へようこそHOME
(フィンランド)
>>スウエーデン>>ノールウェイ>>デンマーク

フィンランドの旅のご報告です  

フィンランドは日本の隣の隣の国です! 間には広大なロシアが横たわって居るだけです。ロシアの上空を飛べる様になって、身近な存在になりました。面積は日本の90%ですが、人口は517万人と日本の3.5%です。人口の密度が低く、全てにゆったりしています。しかし1917年ロシアの管理下に在った国であり、それ以前の12世紀にはスエーデンの支配下にあった暗い歴史を持っています。公用語は、フィンランド語とスエーデン語と聞きました。どちらも読めない私には困った事でした。
 土地面積の10%は19万ヶの湖の多と、大小の河川が占め、森と湖の国であることは皆さんのご承知の通りです。豊かな四季の変化と、森と湖からの大自然の恵みが、この国を豊かな国にしています。
私達は、ヘルシンキに午後3時半に到着し、その足で市内観光に出掛けました。おきまりの(Uspenkin tuomio kirkko)ウスペスキー大聖堂、魚市場、(Temppeliaukion kirkko)教会、シベリウス公園(Sibeliuksen puist)などですが、魚市場は重厚な建物の中に、綺麗な店が並んでいるのに驚きました。一番印象に残ったのは、テンペルアウキオ教会で、外からは岩の塊に見えるのに中は、広々して、美しい音楽が流され、素朴な、重厚な教会の雰囲気にしばし浸ることが出来ました。名所旧跡は、何処に行っても内部でのフラッシュ撮影は許されません。


(上)は、魚市場の外観 (右)は内部のカフェ

(上)はテンペル・アウキオの内部。
岩山の中に教会を造り、天井はほぼ密閉のドーム形で、光は天井を支える柱から斜めに差し込みます。ほの暗さが厳粛なムードを醸し、観光客はお祈りをしている人々の邪魔にならぬ様、静かに動きます。宗教音楽が流れていました。1時間位は座って居たかった場所でした。
(右)は教会の外観で、岩山です。密教的ですね。

他の観光の中身は飛ばして、翌日のトレッキングの話しに進みます。

欧の旅(2)続き    ヌークシオ公園のトレッキング

森林を抜け湖を望む、ヌークシオ自然公園は、とても広大です。 この国の公園は、ガイド無しで歩く人が、道に迷わないように、ペンキで、赤●青●、黄色のマークを、樹の幹に適当な間隔で付けて有ります。キロ数と健脚度に合わせて、どの○を選ぶか決めれば、迷わずにトレッキング出来るよう工夫されています。我々は、ガイドが付いて、僅か4キロの短い行程でしたが、足元は夜来の雨で濡れて滑りやすく、木の根っこを跨いだり、倒木を避けたりの歩行で、女性にはややハードと思われました。しかし、このトレッキングの先に、待っている、ブルーベリーの実、茸、湖、そして温泉は、トレッカーを勇気づけます。
 もう一度来ますと言う旅行者も少なくないと聞きます。

 (左)トレッキングを無視した服装ですが、何とか同行者に迷惑は掛けず (上)の湖の展望スポットまで往復しました。白樺が多く、道はしばしば花崗岩で塞がれます。
湿度が高いので、花崗岩は、苔が一杯付いています。誰かが、庭石に持って帰りたいと言いました。

(左)色々な茸(キノコ)があります。これは、裏にコビトが潜んでいそうな紅色の茸です。

 

(右)トレッキングの途中で出会う、小さな湖です。

トレッキングを無事終わり、反対側に抜けて、サウナを完備する レストラン/民宿で昼食を摂りました。歩いた後の食事は、美味しい野菜スープに始まる、バイキング料理です。(今回 も、英語のつたないガイドから、「バイキング料理」は、日本語です、スモガスボードまたはビュッフェですと繰り返し聞かされました。しかし此は英語であり、フィンランド語ではありませんよね)。

その3 へ