北欧の旅(1)HOME
フィンランド>>スウエーデン>>ノールウェイ>>デンマーク

先ずは、旅立ちまでの報告をします。
 日本地図あるいは世界地図を眺めると、大陸の形状の不思議など、解けない謎が沢山湧いてきませんか? 小学生の頃、地図上のアフリカ大陸を東にずらすと、南アメリカ大陸西岸にほぼ嵌め込まれるので、太古には、両大陸は一つだったと教えられ感動しました。 中学校を殆ど勤労動員ですごした私は、地理など無関係な暮らしをして来ましたが、鉱山会社に勤めたお陰で、地質に若干の興味を持つようになりました。 

(フロム鉄道の車窓から)

 日本では、此処30年くらい、太平洋プレートの動きが話題を提供していますね。 飛行機で、ブラジル/アルゼンチンから、アンデス山脈を越えて、チリーの上空に掛かると、広大な緑の草原(Pampa) が一転して、砂漠地帯になるのに驚きます。 大西洋上の水蒸気が偏東風に乗って、ブラジル、アルゼンチンの平野と高原に多くの雨を降らせ、最後にアンデスの山に雪を降らせ、やっと西に辿り着く時には、からからに乾燥して砂漠を構成している様です。
 地図で見ると、スカンジナビア半島の地形は、ニュージーランドの地形に似ています。 半島は東から押し寄せるマグマのプレートに押され、島の西側に山脈を形成しています。 1200万年ほど前の氷河期に削られた、西側は西の海のに突っ込む様に急勾配に傾き、フィヨルド地帯を形成しています。フィヨルドの周りの植生はゴジラが出てくるかと思わせるシダ類など洪水期の植物が繁茂しています。 
 地図を開いて、このスカンジナビア半島付近を眺めると、複雑な地殻内のプレートが、主として東から西へ、副次的に南から北へ、大陸を押し上げて、北西に高い山脈を形成し、その後さらに浸食により、東南に湖の多い平野が形成された事が判ります。 此処では、ニュージーランド同様、一本の山脈の東と西での地形のみならず、気候も大きく違うのです。 
 ニュージーランドに出張するまでの私は、南島の西側は急勾配だから、海岸では海が急に深くなり、大型船舶のための港湾の建設に有利だろうと推察していましたが、現実は全く逆でした。 ニュージーランド南島の西海岸には堆積土砂があり、冬には海が荒れ、大型船舶には不向きだと判りました。
 東西に広い米国では、ロッキー山脈、コロラド山脈、アパラチャ山脈、シェラネバダ山脈など5本位の皺が盛り上がっており、砂漠を作り、肥沃な農耕地帯作っています。 ハリケーンの移動も山脈に左右されます。 日本に関しても、太古から現在も続く、マグマの動きを考え、気象との組み合わせをながら、日本地図を眺めるのは楽しいことです。

(ホテルの自室テラスからフィヨルドを望む)

 江戸時代に陸上に在った、「安宅の関」も、今や沖合100メートル以上の日本海の海中に没しています。 大まかに言えば、太平洋側は、陸地が拡大し、日本海側は海に潜り込むかに思われます。大地は常に動き、何時何処で地震が起こっても当たり前の様な気さえします。
 此処、スカンジナビア半島では、西のフィヨルドの反対の東側に、広がる緩い斜面を下りると、森と湖の美しい風景が広がっています。 東で渓谷の美を、西で平野の美を、分担しているいます。
 フィヨルド地帯は、不思議と多雨です(ニュージーランドに似ています)。 断崖が海からの湿った空気を遮り、雪や雨を降らせるからでしょう。 西側の鉄道は急勾配となり、建設工事は困難を極めます。 幸いノールウェイでは、奥に、港湾設備を建設出来るほど大きく、深いフィヨルドが存在し、トロンハイムに代表される工業都市が存在します。
 9月は、時雨の頃で、お天気が心配です。出発前の4日は、毎日、YAHOOで北欧の天気予報を見ていました。久し振りに北へ旅するので、携行品のリストに、セーターやカーディガンなどの冬ものの記入を忘れ、女房に叱られる事から、旅の準備が始まりました。手袋は必需品の様です。
携行品リストの一部を紹介すると、
     手荷物に: スリッパー、カーディガン、手袋、ウインドブレーカー(スポーツタイプ)、帽子
     スーツケースに: レインコート(スポーツタイプ)、長袖スポーツシャツ、セーター、折り畳み傘
     などが、南への旅と大きく違います。下にYAHOOの天気予報の例を貼り付けます。

 
Yahoo!天気情報
北ヨーロッパ
各地の日付はグリニッジ標準時に基づくものです。
  地点名   9/10(月) 9/11(火) 9/12(水) 9/13(木) 9/14(金) 9/15(土) 9/16(日) 9/17(月)
ストックホルム
(スウェーデン)
雨 曇り時々雨 晴れ時々曇り 晴れ時々曇り 曇り時々雨 晴れ 晴れ
16/12 16/13 18/13 18/12 18/11 16/10 16/10 17/11
コペンハーゲン
(デンマーク)
時々 時々 時々 時々 時々 時々 晴れ時々 時々
16/11 17/10 17/11 17/12 17/11 17/10 15/10 16/10
オスロ
(ノルウェー)
時々 晴れ時々 晴れ時々 時々雨 晴れ時々 時々雨 時々雨 時々雨
14/9 17/8 17/8 15/6 16/9 17/8 12/5 14/7
ヘルシンキ
(フィンランド)
時々雨 晴れ時々 晴れ時々 雨 晴れ時々 時々雨 時々雨 時々雨
18/11 15/10 17/8 14/10 16/11 16/10 15/11 16/10
  地点名   9/10(月) 9/11(火) 9/12(水) 9/13(木) 9/14(金) 9/15(土) 9/16(日) 9/17(月)

---------------------------大略の日程-----------------------------------

9/12(水)午前11時 成田発 午後3時半 ヘルシンキ着、観光/泊

9/13(木)ヘルシンキ滞在、観光/泊

9/14(金)8時ヘルシンキ発 >8時ストックホルム着(時差1hr)、観光 /泊

9/15(土)午後5時ストックホルム発>6時半ベルゲン着、観光、/泊

9/16(日)朝ベルゲンよりフィヨルド地区へバスで移動、フィヨルド地区泊(今回の旅の山場です)

9/17(月)フィヨルド観光、フィヨルド地区泊(今回の旅の山場です)

9/18(火)午前バスでオスロへ移動、観光/泊

9/19(水)オスロ観光、午後5時船でオスロ発/船中泊

9/20(木)朝10時 コペンハーゲン、観光/泊

9/21(金)コペンハーゲン滞在 /泊

9/22(土)11:45 コペンハーゲン発、ヘルシンキで乗り継ぎ

9/22(日) 午前9時 成田着

その2 へ進む