ニュージーランドの冬と春−(上)HOME

  業務のため、1980年の冬のNew Zealandを訪れましたが、今回の紀行文は1996年の観光を基にまとめて見ました。 ご存じの様に、ニュージーランドの首都は、Wellingtonウエリントンです。観光客は殆ど訪れない此の街は崖の街です。雛壇の様な街並みが続き、大通りは崖に沿って延びています。 例えば、デパートの一階に入って、反対側に出ると2階だったと言う事は日常茶飯事です。
此処は、北島と南島を区切る「クック海峡」に面し、季節を問わず風が強く、航空機は大揺れしてから、狭い、狭い空港に着陸します。
 従って、Windy (風の) Wellington と呼ばれています。 観光客は寄りつきません。 
 
円形の国会議事堂はまるでUFOの様です。私を案内してくれた現地会社の人にそう言ったら、「UFOと呼んだ人は貴方が初めてです」と喜んで呉れました。 この珍しい首都をもう一度訪ねて見たい気がしてきました。
 さて、ニュージーランドは、著名な福祉国家で、子供の学費・医療費など無料です。 ある日本商社の方は、在勤中に肝臓移植が必要になり、自己負担なしで手術を受け、仕事が出来るまで元気になりました。 その方は、この国では採算を度外視してでも、恩返しの仕事をしたいと仰っていました。
 海外から日本に来た駐在員で、同様な感情を告白する外国人に遇ったことは有りません。 多くの方が、日本は世知辛い(We see no nitche here. = 手掛りも見付からない)と言っています。 私は、「日本人は非常に賢いからだね」と答えています。 以下には、業務出張の話は出ません。 
 1996年 観光旅行日程まとめ(9月はNZの「春の旅」です)

日付

 

9/23(月)

成田発20:45

9/24(火)

クライストチャーチ着AM10:50 空港からバスで市街→動物園→マウント・クックへ移動、新装のTHC The Hermitage(ホテル)泊

9/25(水)

散策、ヘリコプターでMt.Cook 山腹へ、→ワナカ湖 →クイーンズタウン→
ゴンドラで展望台に上り夕食

9/26(木)

観光船でワカティプ湖を廻る

9/27(金)

テカポ湖→農場でBBQ→クライストチャーチ観光(大学・庭園)、泊

9/28(土)

オークランドへ移動(Flight): 博物館、イーデン山など観光、ヨットで夕食

9/29(日)

市立美術館など自由観光・買物

9/30(月)

9:30オークランド発>>19:10成田着


9/24(火)
到着すると待っていたバスで市内を通り、動物公園で、鳥やキウイ(NZの国鳥)を見て、昼食を摂りました。キウイの飼われている部屋は真っ暗で、私はキウイを見ることが出来ませんでした。(見えたと云う人も居ました)。
テカポ湖と云う美しい湖を通り、教会を見学し、マウントクックに向かいます。

上は飛行場から市内への道路沿いの桜が満開でした。
右は良き羊飼教会、下は教会の中からテカポ湖の先にNZアルプス山脈を望む風景です。

途中、多くの満開の桜を観ました。 これはトイレ休憩の傍で。
テカポ湖の向こうに広がる雄大な風景、羊が遊ぶ広大な牧場など、この国ならではの景色が続きます。
未だ充分明るい内に、ホテル、ハーミテッジにcheck-inしました。 マウントクックが直ぐ傍に聳えています。
9/25日(水)
朝、ホテルの近くの散策コースを歩き、10時ころ、飛行場に向かい、ヘリコプターに搭乗しました。綺麗な写真を撮影出来、$220の飛行は、決して高ものではありませんでした。綺麗な写真の極く一部をご紹介します。
Hotel Hermitage の入り口付近 庭先の遊歩道
ヘリコプターからのマウント・クック山頂
上は絵はがきからの写真です。早春、8月上旬頃の撮影と思われます。
山腹に降り立ちました

7名が搭乗したヘリコプターです。防音ヘッドセットをしているので、静かです。機長と自分の声だけがハッキリ聞こえます。

 ▼▽ つぎ(下)のページへ ▽▼                        HOME