ニューヨークで遇った親切。
HOME

 私が初めて海外に渡航した1995年(昭和34年)は、アメリカを中心とする戦後の世界経済体制が確立され、日本もやっと戦後の貧困から抜け出そうといていました。
 未だ20才台の私と30才台の電気技師の二人は、戦後の三菱グル−プの海外企業投資第一号としての鉱山開発のため、南米に赴任を命じられました。同年9月4日、羽田から搭乗したPANAMのプロペラ機の乗客の中で日本人は、我々二人だけでした。太平洋路線へのジェット機の就航は、同年12月のフランス航空(タヒチ島経由の南米路線)が最初であったと記憶しています。 
それに当時は、通信手段も貧弱で(電話も通じ難くファクシミリもありません)、米国のホテル情報など入手出来ず、日本から米国のホテルに予約を入れる術も有りませんでした。 
 私が自ら組んだ旅行日程に従って、ハワイとロスアンゼルス(2泊)で休息し、ロスから、生まれて初めてのジェット機(TWA)でニューヨークに向かいました。このジェット機の乗客の中の
日本人は我々二人だけでした。グランドキャニオンを眼下に望み、スチュワーデスが親切で美人揃いなのに驚き、成層圏に近い、暗い青色の空にも驚いたものです。
ニューヨークの Idlewild Airport 空港(今のJFKです)に到着したのは、7日の日没後でした。真っ暗な空港には、誰一人迎えに来ていません。ホテルの予約もしていません。
早速、空港内のTWAカウンターに行き、カウンターの女子事務員に適当なホテルを教えて呉れと頼み、同社の乗務員も泊まると云う、お勧めの高級ホテル、HOTEL−INTERNATIONAL に泊まることとしました。 
タクシーに乗り、走り出してから、運転手に「HOTEL INTERNATIONAL!」と告げると、そんなホテルは知らない、と言います。とにかく空港ターミナルから出ました。ところが、空港から僅か2km走った時、私は窓外にこのホテルの名前を書いたネオンが10階建てのビルの壁に輝いているのを見つけたのです。 
「ここだ!」と運転手に叫ぶと、彼は「ニューヨークに何泊するのか?」と訊きます。 そして「今日から3連休だ。3泊なら、こんな所に泊まっても仕様が無いよ。どうせダウンタウンに行くだろう」。「Yes」と私。「このホテルはすっごく高い。ドル泥棒だ。ダウンタウンに行くなら、良いホテルを探してやろう」と、真っ暗な道をどんどん走ります。9月の第一月曜日が「労働祭」の祝日であることも知らなかったのです。不思議とその時は、本当に暗く、狭い道を走るものだと思いました。

運転手は、若く貧しそうな日本人に同情して呉れているのでしょうが、私は不安で一杯でした。やがて、幾らか明るいタイムス・クエアー(翌日判ったこと)に入り、近くのホテルの前に停車しました。 
 運転手がドアボーイに、「空室あるか?」と訊きます。「No」です。 そして、次のホテルも「No」でした。 やっと3つ目のホテルで「Yes」。 ここで、運転手は、我々に「ちょっと待ちなさい」と言って下車しました。 彼は、わざわざフロントに確認に行って呉れたのです。戻って来て「降りなさい。良い部屋があった」と荷物を降ろしドアボーイに渡しました。
ホテルは中流で、安く(12ドル/室/日)、広く、窓にエアコンもあり、清潔でした。が、洗面台には、汽車が走り去る絵の入ったカードがあり、「待ちくたびれたわ。BYE」と、走り書きの置き文が残されていました。 たまたま、男友達を待っていた女が、部屋を飛び出し、空室になったばかりの処に、我々がチェックインした様でした。土曜の夜のこと、夜更けの下の道路からきゃーきゃー言う声も聞こえて来ましたが、若さと疲労で、熟睡しました。 

次の日曜、月曜の2日間は近くを散歩しました。 

 火曜日の朝、三菱商事に電話したら、びっくりして迎えに来ました。商事で60頓トレーラー購入・搬入の確認をして、昼食をご馳走になった後、飛行場まで、送迎を下請けしているらしい人に送って貰いましたが、今も残る私の商社不信はここに始まっているらしいのです。 ベトナム敗戦後のニューヨークでは想像出来ない親切な運転手との出遇いでした。
(序でながら、二年後、ロスに家内を迎え、彼女の搭乗券と私の券の指定機が違うのに驚き、ホテルからPANAMに電話して切り替えましたが、翌日、カウンターで私が事情を説明する間、 三菱商事下請けの送迎人は知らん顔をしていました。更に、途中、機体の不備でメキシコ市に一泊し、南米に向かいました。メキシコ市ではスペイン語が役立ちました。)
「地獄に仏、世は情け」?の諺の通り、困った時は訴えさえすれば、不思議に、助けて呉れる人に出逢うのかも知れません。
左上の写真は1998年12月、有名なニューヨークのロックフェラー・センターのクリスマス・ツリーの前です。高層ビルに囲まれたツリーは実力よりも小さく見えます。