マニラの恐怖HOME

 マニラは何時訪れても、気温27℃、湿度70%と過ごしやすい所です。 しかし、国民は、特に怠惰とは言いませんが、気候の良さが仇になるのか、街は喧噪に包まれて活気があるのに、貧しい人々をたくさん見かけます。 市の中心部にある、独立の英雄を記念する、ホセ・リサール公園には、日本軍の横暴を忘れない様に、水攻めの牢が展示されています。 市中には、日本軍と戦った戦士の像も建てられています。 もし、観光バスで郊外に出れば、バスが停まる度に、物売りの子供や婦人が押し寄せて来るのにおどろくでしょう。 一人で街を歩いていると、街角で、片言の日本語で話しかけてくる怪しげな人に出会います。 ごく一部を除き、マニラ全体が雑然とし、カオスの状態にある様な気がします。

  後年、私の勤めていた会社が、ボホール島に石灰石鉱山を開発することとなり、私の部下など5人を送り込みました。 長期間に亘るので、事務長としてMさんが付けられました。 Mさんは、月に一回マニラに来て、銀行で皆の給料を卸し、ボホールに持ち帰っていました。 

 ある日銀行から出て、タクシーに乗り、空港に向かいました。すると、途中でポリスが手を挙げて車を止め、後部席に入り、パスポートを見せろ、書類を見せろと言われ、彼は、がさごそと鞄を開けました。 暫く経って「よし、行け!」と言われ、ホッとして空港に着いてから、そこで初めて、全員の給料を入れた袋が無いのに気づいたそうです。 私に言わせれば、そのポリスは民間の警備員であった可能性が高いのです。 最近の日本でも、警備員か警察かを服装で判断するのは難しいですね。

 タクシーで山奥に連れて行かれ、現金は帰路のタクシー代だけを残して、全てとられた電気屋さん。 女の子に「街を案内しましょう」と声を掛けられ、シャワーを浴びる間に身ぐるみ剥がれた採鉱屋さんもいます。 マニラは怖いところです。 米国の友人(スマイスさん)は、ビジネス上のトラブルで生命の危険を感じ、 屡々ホテルを移動したと言っていました。

-------------------------------------------------------------------------