最後(Last)のハワイゴルフHOME

  (ゴルフツアーの計画)
 2007年に満77才になろうとする私は、かねがね、若き日の最初の訪問地、「ハワイ」を次の旅行に選ぼうと考えていました。昨年の夏、ゴルフ仲間の一人からもう一度ゴルフツアーをやりましょうとの誘いを受け、最後のゴルフツアーになるだろうと思い、第12回のツアーを計画しました。この ホームページでは、 2001年に6名で催行したツアーを第10回として 記事にしていますが、弟と行ったゴルフ、仕事仲間を誘ってのゴルフを入れると今回は12回目または13回目のハワイ・ゴルフになります。 (Lastは、英語で最新や近直を意味します) 
 既に、第3回に参加した方と、2001年に参加した6名の中の一人、一回だけ参加した1人、計3名が鬼籍に入りました。体調が優れずゴルフを止め ている人も少なくありません。従って、今回は同じクラブの常連3名で行くことになりました。同行者は、私より3才年下と5才年下です。しかし、最高齢者の私が、航空機の予約・格安旅行パックの予約をするばかりか、ホテルは私が1部屋をとるので、費用 も他の人より2万円割高になります。(後述の様に、ネット予約ではシングルで1泊$49からある此のホテルがHISでは、ツインで1泊1万円に相当しました)。
  HISで安いパック ツアーを探しました。窓口の女性が、5泊6日のツアーで最新の情報がありますと出して呉れた商品を選ぶこととしました。(ハワイ各島で使える)Multi-Islandのレンタカーを予約しようとしたら、担当者 はMulti-Island方式のレンタカーを知りませんでした。
 私がレンタカー会社の名を教えて、調べさせたら、此処のレンタカーを予約するためには、先ず、各島への航空機の到着時刻を決めなければならぬと云うのです。 (前回までは、1週間分の切符(バウチャー)を購入すれば、好きな時間に好きな場所で借りることが出来ました。)
 担当の女性によれば、そもそも「旅行会社HISは、レンタカー利用のホテル・チェックインは認めません」との話でした。私が前例の多いことを話して、最後の帰国日はHIS指定のバスを利用すると云うことで、上司の了解を得たそうです。
 従って、先ず各島の「ゴルフ場」のスタート日時を予約しなければなりませんでした。4つのゴルフ場に電話しましたが、マウイ島の1つのゴルフ場は潰れかけているのか、電話口に出るのはテープ だけで「議論したいテーマがあれば、貴方のの電話番号と問題の要点を吹き込め」と云うメッセーが流されていました。オアフの Makaha West Golf Course は、親切に「到着当日なら遅刻して来て貰ってもプレー出来る様にしておきます」との返事、カウアイ島のKauai-Lagoon ではゴルフ場の名前はLagoonだが、Lagoonと云うコースは有りません、Kiele-course とMokihana-course ですとのことでした。マウイ島では 、もっとも歴史あるWaileaゴルフクラブのBlue Courseを予約しました。
 先ず、予約したスタート(Tee off )時刻に間に合う様に、且つラウンドのあと戻りの搭乗に間に合う様に、Hawaiian-Airline の時刻表を調べ、ホノルル発−カウアイ着・発、ホノルル発−マウイ島着・発の便名を調べました。WEB上でHawaiian-Airlineのホームページから 搭乗予約を入れようとしましたが、日本からの予約は受理せず(米国とカナダのみ可)やむなく 日本の代理店(東京)に電話し、代金を振り込んで、早割の予約をしました。Hawaiian-Airlineでは、出発の1時間半前にチェックインして欲しいとのことでした。これでやっと、レンタカーの予約が出来る状態になった訳です。 
 旅行の大凡の日程表が出来、HISでMulti-IslandのRent-a-carを予約までをすませました。しかし、未だ、成田を何の飛行機で何時に出るのか、 ホノルルで宿泊のホテル名も判らないのです。上記のゴルフ場は宿泊のホテル名も判らない人にスタート時間を呉れる訳は無いので、不明なままBeach Comber Hotel を予定していると嘘に近いことを告げざるを得ませんでした。こうして、予約はすべて「常識」とは逆の順序になりました。心と頭が痛みま した。

各コースのWebsite 

から持ってきました。

 

 

マカハ・ウェスト カウアイ・ラグーン ワイレア・ブルーコース

 旅行日程は次の通りとしました。

11月7日夕刻成田発/11月7日朝ホノルル着
    夕刻ホテルにチェックイン

オアフ島のマカハ・ウェストでラウンド

11月8日朝、ホノルル発−カウアイ島
      夕刻 カウアイ島発−ホノルル着

カウアイ・ラグーンでラウンド

11月9日朝、ホノルル発−マウイ島
      夕刻 マウイ島発−ホノルル着

ワイレア・ゴルフクラブ・ブルーコースでラウンド

11月10日 体力に余裕があれば市民ゴルフ場でラウンド
       &ショッピング&レンタカー返却

 

11月11日 朝、ホノルル発

 

11月12日 午後、成田着

 
 出発の7日前にHISからの郵便物でホテルは、Aqua-Continentalと知らされましたWEB上で調べると、とんでも無い一つ星のホテルで、プール は勿論食堂もありません。WEB上の客の評価も最低です。 ネット上での予約はsingleが$49でした。プリントアウトしてHISに持って行き交渉しましたが、全く相手にされませんでした。最低のコースを選んだで ホテルの変更は不可、キャンセル料を払って再度予約しても、予約が取れる保証は無いと冷たいかぎりです。
予め利用航空機としてチャイナ・エアラインは到着が早過ぎるので嫌だと伝えていましたが、最終的に呉れた予約はChina-airlineでした。 最低のスタートです。HISから(石油価格高騰のための)燃料サーチャージとして2万円の支払いを求められ、応じざるを得ませんでした。因みにホノルル空港から直行すると、その名のホテルは存在しません。住所には別の名のホテルが有りました。

(旅の実行−第1日)

横浜からSさんの車で成田空港へ向かいました

色々苦労しても搭乗前はたのしそう

 China-Airlineの座席は、緊急脱出ドアの横で 、手荷物も強制的に天井のロッカーに入れさせられ、足を置くために用意した「足置きマット」も使えません。床に空気枕を置いてその上に座りましたが、一睡もせずホノルルに到着し ました。
 用心深い私は、まずはレンタカーでワイキキへ走り、今夜のホテルAqua-Continentalを探しました。だがクヒオ通りにAqua-Continentalと云うホテルは 見当たりません。HISの呉れた紙の番地を探しても存在しません。ぐるぐる3度回って、違法にならぬ様気を遣いながら、当該の番地にContinental-Surf と云う文字を見つけ、もしかしたら此処かもと思い、近くのコンビニの前に車を停めました。
 道路から3〜4段下がった処の 狭いドアを押して、薄暗いフロントで  「”Aqua-Continental”を探している が見付からない。一体何処に有るのか?」と訊いたら、「此処ですよ」、「表看板の”C-Surf”は古い名のままなのです。」との返事。道路から一段下がる玄関は、ニューヨークのハーレム地区やブロンクスの貧しい地区に見かける方式です。「 今日の夕刻にチェックインするが、此処では一時停車も出来ないではないか?」と言うと、 「あのトラック (ホテルのピックアップ車)の後ろに一時停車してからチェックインして呉れ」とのことでした。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 ワイキキをぐるぐる回り時間を無駄に使い、且つ、マカハの入り口を一つ間違ったため、Makaha-West Golf course には予定より30分遅れて着きました。軽くサンドイッチをたべて、快晴の中、Outスタート。しかし機内で眠れなかった私は、12番ホールのグリーンで心臓が異常な鼓動をしているのを感じ、一人、途中で切り上げてクラブハウスへもどり、2階の食堂でコーヒーを啜って他の2人を待ちました。 ゴルフのスコアは問題外となりました。
 夕刻、ワイキキに戻り、ホテル前に停車しようとしたら、既に例のトラックの後ろに別の乗用車が停車していたので、その後ろの私の車は道路にはみ出して 仕舞いました。同行者に、「急いでパーキング料金を払って来て呉れ」と頼んで車内で待っていても英語の分からぬ2人には無理でした。後方から来たバスに警笛を鳴らされ、急いで下車し (私は自分の車のドアで左目の横を傷つけました)、フロントで3日分の駐車料金45ドルを払い、駐車の暗証番号を受け取りました。そして、道路が一方通行のため、またぐるりと カラカウア通りまで1周し、やっとホテルの駐車場に入りました。 2階〜4階が駐車場です。荷物はそのまま、半地下のフロントに降りてチェックインしました。
 与えられた14階1号室は、強烈なタバコの臭いが充満しています。ドア横の壁のスイッチを押しても電灯も点きません。スタンドも点きません。フロントに電話し たら、メンテの男が来て、隣室のスタンドと取り替えてやっと点灯しました。 壁のスイッチはもう使用不可能になって、スタンドのスイッチを回す必要がありました。小さな流しの水道はキーキーと鳴っています。メンテの男 も私と一緒になって首を傾げている間に音は徐々に消えて行きました。多分、下の部屋で水道を捻るとその音が上がって来るのでしょう。
 エレベーターは業務用と兼用です。全館冷房は壊れていました。替わりに取り付けたらしいクーラーが、窓の一部に嵌め込まれています。従って、 ウインドウクーラーを動かすと、カーテンを締めることは不可能です。バスルームのドアを開けたまま、便器に座ると、隣のマンションから丸見えです。男で良かったです。 バスタブには栓が無いのでシャワーしか使えません。使えないバスタブでは、宣伝リーフレットの「バス付き」は嘘と言って差し支えないでしょう。夕食は、 鬱憤晴らしも考え、やや贅沢なKing's Village 内の馴染みの「田中オブ東京」に出かけステーキを食べました。


(旅の実行−第2日)HOME
 
ホテルを6時に出ました。荷物は車のトランクに入れたままのバッグだけです。ホノルル空港のネイバーアイランド行きの建物で、Hawaiian Airline の自動発券機に暗証番号をInputすると、プリントアウトされた搭乗券が出てきます。座席も予め指定した通り良い座席です。9時にカウアイ島のリフェに到着、Kauai Lagoon に直行と思ったら、愛煙家のFさんが途中でライターを買いたいと言います。早朝のショッピングセンターに入りましたが、その様な店は有ろう筈も無く、有っても見つけるのは至難の技で、あきらめて貰いました。 Kauai Lagoon のMokihanaコースを11時スタート、お天気も快晴で、スコアも纏まりました。
 ゴルフは4時前に終わり、プロショップで買い物などして、リフェ空港に4時半に戻り、間食を摂りました。ホノルル空港に午後7時過ぎに到着、 散歩がてらに見つけた韓国料理店でビビンバなどの夜食を摂りました。なお、ホテルでメンテナンス担当作業員にチップを渡し、上手な話し方でバスタブの栓をもって来させて、やっと入浴を果たしました。HOME

(旅の実行−第3日)
 ホテルを7時に出発。ホノルル空港で車を戻し、マウイ島へ飛びました。ワイレア・ゴルフクラブは初めてのコースで、探すのに手間取り、2カ所で車を降りて尋ね、やっと到着した時は予約したスタートの時間12時4分にぎりぎりでした。プロショップの案内人はハワイ2世らしく、日本語が達者。11月からがゴルフシーズンと言っていました。しかし、私は矢張り、5月下旬−6月下旬が、日照時間も長く、ゆっくりラウンド出来ると思います。11月から2月までは米国本土の避寒の客が増えるのでしょう。
 ワイレア・ブルーコースはマウイ島で最初の会員制クラブで名門とされています。確かに、此処、ワイレアリゾートには別荘なども多く、ゴルフ場はリゾートの ど真ん中にあります。しかし、20年くらい前から、それまで不便だった北部のカパルアにリゾートホテルが増え、中型・小型機用のウエスト・マウイ空港も整備され、今 はマウイ島の名門コースはカパルアに集中していると言っても良さそうです。ここ数年、米国の景気が良い からか、此処ワイレア・ブルーコースの中にも新しい別荘が建築中の状態でした。「保守的なワイレア・リゾート」と「国際的・庶民的なカパルア ・リゾート」の競争すれば軍配は後者に上がりそうです。 振り返ってこの著名なブルーコースは確かに綺麗ですが、プレーの場所としては特筆すべき長所は無いと言えそうです。 私の好きなバンカーが多いのは良かったと言えるかも知れません。
 夕食は、以前家内と来た時に利用したワイレアリゾート内の高級レストランで摂るつもりでしたが、見つけることが出来ず、又しても、島の飛行場のセルフサービスで済ませる羽目になりました。

(旅の実行−第4日)
  繰り返す移動と3回のゴルフで心身ともに疲れ、3人の中に、4日目のゴルフをしたいと言う人は居ませんでした。10時頃、私とSさんがレンタカーをホノルル空港へ返却に 出かけました。「市バス」でホテルに戻ったら、もう正午です。ホテルのすぐ傍の小さい昼飯屋の弁当で昼を済ませました。午後、ハワイで知り合った大学名誉教授のYさんに、突然の電話を差し上げ、ホテルへ来て頂き、高級住宅地内のご自宅へ参上し、珈琲と菓子を頂きながら暫しの情報交換をしました。 タイマーで二人を撮るべく、先生が私のカメラを弄っていたら、不用意に、それまでの画像がすべて消失して仕舞いました。これが、この報告が遅れた一番の理由です。
 生憎、カラカウア通りではロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターが改装中で、センター街は寂しい限りでした。夜は、恒例の「プラザ寿司」へと、 ワイキキ・ショッピングプラザ(Duty-Free Shoppers.の隣) の地階へ行きました。1962年から馴染みだった同店は閉鎖し、新たに別の名の和食堂に入れ替わっていました。新らしい店名は「たけ屋」(Take-ya Sushi Restaurant)でした。ここの寿司は矢張り美味いのでお奨めです。40年の転変を思います。
HOME

(旅の実行−第5日)
  もう帰国の日です。6日の旅でも正味使えるのは4日です。これだからハワイ旅行は嫌ですね。まだ暗い6時 (市バスが稼働するとHISはバスを停めることも出来ません)5分前に、HISの差し回しのバスに乗り、空港へ。あとはお決まりのプロセスで、朝食と買い物で終わりです。帰国のフライトもまた同じ番号の緊急避難ドアの横で、足を伸ばす余地も有りません。スチュワーデスに文句を言ったら、足置き用の 段ボールの空箱を持ってきました。やっと脚を高くしてエコノミー症候群の畏れから逃れました。
 
(旅の実行−第6日) 成田空港から寒い寒い冬西日の中をなんとか無事帰宅しました。車をだして呉れたSさんに感謝して、最後になる らしい(最新の)ハワイゴルフの報告を終わります。Sさんは、もともと体のコンディションが悪かったので、ゴルフのスコアも纏まらず、当分ハワイ再チャレンジを希望されることは無いでしょう。かく言う私も、ゴルフツアーを計画する年齢ではなくなりました。少し懲りたのです。ENDHOME
上2枚と左下の写真はいずれもコースのスコアカードです
 
過去の主なゴルフ・ツアーは下表の通りですが、これには含まれて居ない(親族などとの)ゴルフ・観光ツアーが2件ほどあります。
NO  日 時    場     所     ゴ ル フ 場   費用
 (万円) 
H3年5月 オアフ島4泊6日 マカハ・ウエストGC、コオリナCC、ハワイ・コナCC
(メンバーは土建・輸送関係)
20
 2 H4年3月 オアフ島4泊6日
ハワイ島、カウワイ島へ日帰りゴルフ
カウワイ島:キエレラグーン、ハワイ島:マウナラニN、オアフ島:コオリナ 22
 3 H5年6月 マウイ島2泊、オアフ島2泊 マウイ島:カアナパリ、カパルアベイ、オアフ島:ハワイプリンス 20
 4 H6年7月 ハワイ島3泊、オアフ島2泊 ハワイ島:ワイコロアピーチ、マウナケアマウナラニN、オアフ島:マカハウエスト 25
 5 H7年5月 オアフ島4泊6日
モロカイ島、ハワイ島、カウワイ島へ日帰りゴルフ
モロカイ島:カルアコイ、カウワイ島:キエレカグーン、ハワイ島:マウナラニN、オアフ島:マカハウエスト 26
 6 H8年3月 マウイ島2泊、オアフ島2泊、ラナイ島へ日帰りゴルフ マウイ島:カアナパリ、カパルアベイ、オアフ島:コオリナ、ラナイ島:エクスペリエンス・オブ・ラナイ 22
 7 H9年6月 マウイ島4泊6日 カパルア・ベイ、プランテイション、ビレッジ、カアナパリ 20
 8 H10年2月 マウイ島4泊6日 サンダルウッド、カパルア・プランテイション、ビレッジ、シルバーソード 19
 9 H11年3月 マウイ島2泊、ハワイ島2泊、オアフ島2泊 マウイ島:カパルアベイ、プランテイション、ハワイ島:マウナラニS、ワイコロアキングス、コナカントリー 23
 10 H12年2月 カウワイ島3泊、オアフ島3泊 カウワイ島:ポイプベイ、ラグーン、キエレ、パールカントリー、マカハウエスト 24
11 H12年11月 オアフ島4泊6日 ワイケレCC、リンクス・クイリマ、マカハ・ウエスト、ミリラニGC 16
12 H16年11月 オアフ島4泊6日
カウアイ島とマウイ島へ日帰り
マカハ・ウエスト、カウアイ島Kauai-Lagoon、
マウイ島ワイレアGC
25