第11回ハワイゴルフの顛末HOME

 2001年11月10日:機内で、殆ど眠れぬ夜を過ごし、同じ11月10日の朝、コーヒー/ジュース/缶詰フルーツ/マフィンの簡単な朝食を済ませる。 寒い日本と、夜間は気温の下がる機内に備えて着込んでいた、セーターを脱いでナップサックに突っ込む。 機内持ち込みの手荷物は、最小限を心掛け小型のナップサックだけにしているので、パンパンになる。 
 搭乗機が高度を下げると、やがて、左下に山 (Waianae) が見え、パイナップル畑が見えて来る。 これで良くパイナップルが育つものだと思うほどの赤土である。 パイナップル畑の色は、訪れる時季により微妙に違っている。 今回は、枯れ草色である。 次に真珠湾が見え、海軍のゴルフ場 (Hickam) を真下に見ながら無事着陸態勢に入る。 有り難い事に、ハワイでは管制官の着陸許可を待って上空で旋回を続けたことは一回も無い。
 ボーディング・ブリッジを出て、ウイキウイキ・トロリーに乗る、午前8時頃だが、地上はもう暑くなり始めている。 11月は、観光の閑散季で、入国と通関は30分で終わった。 観光客と判れば、当然ながら、審査官は親切である。 但し、ここ十年ほどで審査官の笑顔はあまり見られなくなり、事務的になった。 以前は愛想良い笑顔で迎えて呉れたのにと思う。 しかし、何時もブスットとして、此方を憎んでいるような顔を見せる成田の審査官よりは、遙かに増しである。   
 今回のゴルフツアーは、 HIS の格安ツアーを利用したので、我々、一行 6 人は 「団体専用出口」から屋外へ出る。 外は一際暑い。 荷物の監視を友人に頼み、独りレンタカー「Dollar」のオフィスに行く。 前回の 3月に一週間借りて、5日間しか使っていないので、今回は、24時間無料のTicket が残っている。 
 日本から、電話で「大型7人乗り」を予約しておいた。 窓口の女性が、大型にも 2 種類あると言うので、「大きいほど良い」と再確認し、書類にサインする。 対人補償を追加するだけで、他の費用は 無料Ticket に含まれている。
 友人達を連れて、レンタカー屋のピックアップのバスに乗る。 貸し出しの事務所で15分ほど待つ。 何故か何時も待たされる。 特に今回は、客も閑散としているのに何故待つのか判らない。 車の駐車場所(アルファベット+番号)を教えられ、そこまで取りに行く。 大きいと言っても、貸し出された車は、7人のスーツケースと、7個のゴルフバッグを入れたら、後部席の人は、ゴルフバッグに足を乗せる形になった。 おまけに、荷物の山で、バックミラーで後方確認が出来ない。
 走り出して、運転席からサイドミラーを遠隔調整しようとするが、故障なのか、動かない。 腰を少し浮かせ、頭を動かして側面を見ながら、HIGHWAY-1を西へ走る。 初めて訪れる ワイケレ Golf Club まで、不安と緊張の一時間である。 ゴルフ場には、集金のために、ゴルフ場紹介業者の中年男性が待ち構えていた。
 今回は、最低の費用で、オアフ島だけのプレーと決め、Oさんが、日本から メールの遣り取りで予約をして呉れた。 ハワイのゴルフ紹介業者はホテルからの送迎付で、妥当な価格で多くのゴルフ場を紹介している。 しかし、これら業者は、飛行場までは、迎えに来ては呉れないので、レンタカーを利用せざるを得なかったのである。 レンタカーの無料券が無ければ、若干の費用増となる。 

主なゴルフ場紹介業者

連絡方法

ホームページとメール

 KATO GOLF TOURS

Tel : 0120-49-1230 (日本9〜19Hr)
Tel :+1(USA)-808-947-3010

 

 パー ゴルフ ツアー

Fax :+1(USA)- 808-955-8877 
Tel::+1(USA)-808-388-5588

 

 BIG TOURS

Tel:+1(USA)-808-226-5290

 

 マコ

Tel : +1(USA)808-732-2237 
Fax: +1(USA)808-735-5747  

  

 この日、無事 1ラウンドを終えて、帰路に着いたのは、もう日暮れに近く、ホテルに入った時は、すっかり暗くなていた。 さて、レンタカーを返却する場所が判らない。 レンタカー屋のパンフレットに出ている住所の近くをうろうろする。  遂に、或るホテルのフロントで尋ねたら、カラカウア大通りのガソリンスタンドだと教えて呉れた。 大凡の見当で其処に行き、ガソリンを入れて、支払いの小母さんに此処で返却するよと言ったら、「此処はレンタカー屋ではない」とつれない返事。 
 ガソリンを入れに来ていたご婦人が、Dollar は彼処ですと指さす方に看板が見えた。 やっとの思いで辿り着き、車を返却したが、なんと、その場所は、我々のホテルから100メートルほどの近くであった。 パンフレットが間違っていたのか、私の判断ミスか未だに不明のままである。HOME
 なお、HIS の格安のツアーは、航空券+出入国税+ホテル+朝食券+トロリーバス利用券 などが含まれて、6〜7万円の安さである。 出発日を 月曜、火曜にすれば、更に安くなり、金・土は高くなる。 利用するホテルは、中級の下と言ったHotel Ambassador であったが、決して悪いホテルではない。(観光目的だけの方もご利用の価値があります)。 
 余談だが
、HISは95%安心して任せて良いと思う。 近畿日本ツーリストで予約したホテルが、料金を取り過ぎたことが2度もある(明らかに、バウチャーを発行しない、ツーリストのミスで帰国後に精算手続きした)。 HISで予約したオーランドのホテルでは、3倍取られそうになった(これは、ホテルの受付のミス)。 精算時は、よくよく計算書をチェックしなければ不可い。 但し、今回の様なパックツアーではほぼ安心である。
(左はミリラニ・ゴルフコースでの早めの昼飯)
 今回の一行は、6名と、ゴルフには中途半端な人数なので、ゴルフ場では、3名=所謂、スリーサムを 1パーティとし、2パーティを組むことになる。
 1パーティー3名の中の、1名は1台のカートに乗り、2名が別のカートに乗る、と言う不規則な組み合わせとなる。
 この為、どうも行動に纏まりが無く、写真を撮る回数も少なくなって仕舞い、全員 6名が揃って写真に収まる機会は更に少ない。 矢張り、4名で行くのが理想的なのだろう。
 二日目からは、朝 9:15〜9:30 に迎えの車が、来て、ゴルフ場で可成り待たされて、午後にスタートする。 従って、ホテルに帰館する頃は、もう夕方である。 6名全員(1室 2名)がシャワーを浴びて、揃って夕食に出かけ、戻ってから、部屋で一杯やるだけで就寝時間となって仕舞う。 観光の時間は皆無で、初めて参加した2名には大変気の毒であった。 今回はケチケチ作戦を採用したが、早めのスタートを取り、午後2時頃以降、自由行動が出来る、レンタカーの使用が理想的なのだ。

(上の写真は、田中オブ東京での食事風景;私は左から3人目。下はクイリマに向かう途中のNorth Shore )
HOME

  日   時        行   程  備  考
 11月10日(金)
成田発(UA826) 19:55
ホノルル着     7:40
ワイケレCC 12:03スタート

アンバサダー・ホテル 18時 チェックイン
 「プラザ寿司」で夕食
成田集合 16:55
レンタカーにてゴルフ場へ。この車は、その夜、ワイキキで返却($30)。
その事務所探しにうろうろした。
 11月11日(土)


リンクス・クイリマ 11:00

夕食はめいめいの自由、私はSさんと「京樽」で
9:15 迎車


 11月12日(日) マカハ・ウエスト 12:28

夜:ショワーバードで食事

9:45 迎車
 11月13日(月) ミリラニGC 11:08 

夜:田中オブ東京で食事で打ち上げ
9:45 迎車
 11月14日(火) 5名 ホノルル発
私は、ホテルをポロインに変更。
パソコンのソフト探しなど、無料のトロリーで散策。
5名 7:30 バスでホテルを出て空港へ。
私の異動先のホテルは安く、トロリーの始発場所でもある、アラモアナ・ショッピングセンターに近く便利だが交通騒音が大きい。
 11月15日(水) AM:ワイケレ・ショッピングセンターへ
PM:ハワイ大学の書店と図書館へ
バスは何処まで乗っても1ドル、乗り換えが必要ならば、時間を示す乗り換え券を貰う。
  11月16日(木) ホノルル発 (UA827) 10:35 8:30 雨の中、ホテルをチェックアウト
 11月17日(金)   成田着14:00