マウイ島 ハナ を訪ねてHOME

今回の旅の主な目的は「秘境のハナ」あるいは「天国のハナ」と呼ばれる、マウイ島の西端の小さな町を訪ね、大統領夫人ヒラリー・クリントンのお気に入りのホテル・ハナに宿泊してみる事でした。
先ず日本で手に入れたガイドブックに拠れば、「カフルイ空港から80kmの道は、600ヶ所以上のカーブ、車が1台しか通れない橋、崩れ落ちた路肩---と、まさにドライバー泣かせ」と紹介され、「ハナがいつまでも静寂を保ち、天国のように感じるのは、そこにたどり着く迄の困難さに大きな理由があるのだろう」と書かれています。どうも大変な辺鄙な場所の様です。ハナから先の道は砂利道で更に危険が多いと書かれています。11月11日正午頃マウイ島のカフルイ空港着いた私達は、直ちに此の道に挑戦するのは危険であろうと考え、先ず庶民的なキヘイの町のホテルに1泊し、翌12日の朝、9時に宿を出てハナに向かいました。
 20分程走って、これから先はは無いと本に書かれていたPAIA(パイア)のガソリン・スタンドで満タンにしました。確かにフエロの村を過ぎると、ルートの名前も36号から360号となり、狭く曲がりくねった道になりますが、速度制限を守れば、日本の狭い道と海外での左ハンドルに馴れた私にとっては、何の事はない道でした。 ただし、カーブの連続であることは確かなので、30M/Hから10M/Hなどと、しばしば、突然に変化する制限速度を厳守しなければ危険です。
  マウイ島のWaileaのホテルからの入り日  360号線沿い海岸から奇岩

上:ホテル・ハナの質素なリセプション

下:ハイクと呼ばれる地区の植物園

右:ハナから更に細い道路を進むと、
この見事な滝に出合う

途中のカウマヒナ州立公園、ワイルア渓谷展望台、ワイアナパナパ州立公園、何れも素晴らしい景観と休息を与えて呉れます。 私設のケアナエ植物園も入場料は4ドルとやや高めですが、その価値は充分ありました。 ワイルア村の近くで、道端にボイラーを置いて、女性が、肉や魚を焼いて売っていましたので、此処で昼飯を簡単に済ませました。 彼女は自分のために持って来ていたスター・フルーツの一切れを、私に分けて呉れました。 初めて口にする此の果物は蜜柑の味に似ていましたが、日本人は皮ごと食べるのに抵抗を感じるのではないでしょうか?  無人のスタンドが道端に出され花や野菜も売られて、日本の田舎の風景ですね。
ハナには午後1時半に着いてしまったので、ハナ海岸で休息の後、ホテル・ハナのフロントの前に車を置き、家内を車に残してチェックイン手続きに行くと、若い女性が、私に「レイ」を掛け「おしぼり」と「パッション・ジュース」のグラスをお盆に載せて出し、更に車まで歩いて行って、家内にも同じ儀式をしてくれました。ちょっとVIP気分にさせる儀式です。
宿は凡て別荘風で2戸が1軒に纏められています。各戸の庭先にジャグジーが備えられ、温泉気分を味わえます。材料・設計は特に良い訳ではありませんが、部屋は無駄に広く造ってあります。 フロントの近くに駐車し、ホテルのカートに乗って部屋まで行きます。 高級感を重視し、能率を無視した設計なのです。 ヒラリーさんの泊まった306号もほぼ同じ造りですが、プロパンガスのボンベが付けてありましたので、キッチン付きで、2戸分を1戸としているのだろうと思われます。
各室にジャグジーが付いています ホテルの庭先:乗馬クラブの馬
宿泊したバンガロー403号室 ショートゴルフのコース(手入れ不良)
朝、車で更に奥地まで進み、HALEAKALA(ハレアカラ)国立公園の東端の Ranger Station に立ち寄りました。
此処で、「62マイル悪路走行証明書」を発行しているのには驚きました。もう悪路は昔のことで、カフルイからの日帰り観光が増え、ホテル・ハナも宿泊客が減り、今日の宿泊者は25組ですと、嘆いていました。開発が進み客が減る、この矛盾にどう対応するか、ホテル経営も楽ではなさそうです。
1泊$500のこのホテルは2泊で済ませ、11月14日ホノルルに飛び、定宿のBeach Comber に2泊し、少し贅沢に、ビジネス・フライトで帰国しました。HOME