ドイツ周遊10日間の旅−その5

その1 その2 その3 その4

第 八日:9月/18日(火)             HOME

 今日で観光は終わりで、8時半にホテルを出て、リューデスハイムのワインセラーを訪ね、更にボンへ足を伸ばしベトーベンの家など を訪ねます。バスの運転手は若いニコライ君に交替、バスの車体もやや狭くなりました。ボンの方向へライン川添いの路を北上し9時にライン川添いの町:Ruedesheimに着きまし試飲ワインセラー・プロスドに入り、ゆっくり見学 しました。

ライン河辺では古城を多くみます。走行の窓からローレライの像・碑は撮れませんでした。
ライン川を左手に、ブドウ畑が次々に現れます 下は下車したリューデスハイムの町

ブドウを収穫のバケットを吊したケーブルカーが走っています。

(下)ライン・クルーズ船が着桟せいています。 小さな町は観光の町で、カフェ・みやげもの屋などが多い

ブドウ畑の近くのお城からの風景(左端に猿の橋が見えます)


 
モニュメント故に「猿の橋」と呼ばれる橋からの景 下は、モニュメントに頭を差し込んで

この町に近いライン川添いのレストランで昼食を済ませ、ベートーベンの街・ボンへ走ります。HOME


 ボンは暗い街です。

 ベートーベンの生家では珍しい楽器や自筆の音符などが展示されていますが、撮影は一切禁止でした。本人は16才まで住んでいた様です。
HOME

 ボン市街の中に、有名なケルンの大聖堂Koelner Domがあります。2代目の堂で12世紀後半に東方三博士の聖遺物がおかれたことで多くの巡礼者を集め、ケルンの発展に貢献しました。現在の形に近い3代目の堂は宗教改革で工事が中断し、完成の1880年当時、高さ157mの聖堂は建築物として世界一の高さを誇っていました。
 参拝する人で溢れています。資料館などを観る時間はありませんでしたが、内部の撮影を許し、おおらかな教会です。HOME

 夫婦の物乞いがいました。内部に自分の墓を持っている権力者が3家族以上あります。勿論、聖人の類の墓も3つくらいあります。バス停が混んでいるので喫茶店で帰りのバスを待ったのは正解でした。


夜景は聖堂のホームページから借用しました(版権無し 私としては、珍しく絵はがき6枚を求めました。

午後5時ボン(ケルン)を離れフランクフルトに近いホテルに戻りました。


 第九日:9月/19日(水)

ホテルを10:30に出て、13:50定刻発のLHAで帰国の途に就きました。エコノミーはほぼ満席で、隣席に訊いても国名の判らない若者が座りました。ドイツ語は少し判る、英語も少し判ると云って居ました。私が通路側で4回程度立ち上がってトイレ行きに協力しました。仲間3人(席はバラバラ)で来て、日本でコンファレンスがあり、その後、慰労旅行があるとの事でした。旅のエンジョイと仕事の成功を祈ると云い握手を交わしました。HOME


後書き

 此のページは意外と短くなりましたので「後書き」として反省と同行の皆様への御礼を書きます。

 先ず、旅先で会話の仲間となり、楽しい時間を下さった方々、鈴木さん、山本さん、長谷川さん、大野さん、青梅からのご夫妻、そのほか凡ての同行者に御礼を申し上げます。そして、皆様と何かの機会にお逢い出来ることを祈って居ます。久しぶりのドイツ語が通用したので慢心し迷子になった時も、皆様は笑顔で迎えて呉れました。

 今回の旅は突然思いついた ため勉強不足、準備不足でした。旅行案内書を読む時間も無いまま費用を払い込み、薄いロマンチック街道の本だけ求めてぱらぱら捲りました。久しぶりの旅で10日間と永いのでスーツケースは大型を山陽レンタルサービスから借り、容量に余裕があるのに、カメラの予備電池を2個入れたからと、充電器を持たなかったのは失敗でした。無用な写真もどんどん撮り過ぎました。車内からの風景だけ集めても30枚以上になるでしょう。
貴重な時間を割いて此のホームページを開いて下さった方々に感謝しています。

その1 その2 その3 その4