ドイツ周遊10日間の旅−その4 

その1 その2 その3 その4
その5

             第 四日:9月/16日(日)        HOME    

 今日はいよいよ旅のクライマックス:ノイシュバンシュタイン城を訪ねます。8時にホテルを出発、ロマンチック街道を走り Schloß Hohenschwangau城を遠望するホーエンシュバンガウに立ち寄ります。文献によれば[この名は「白鳥の里」の意味であり、ワーグナーのオペラ『ローエングリン』で有名な白鳥伝説ゆかりの地であった。ルートヴィヒ2世(後年ノイシュバンシュタイン城を造った)は幼年時代をホーエンシュヴァンガウ城で過ごし白鳥の騎士に憧れたらしく、この城の近くにノイシュバンシュタインベルク(新白鳥石城)の建設を始めた]と有ります。

ホーエンシュバンガウ城(行政の為のシュロス) ホーエンシュバンガウ城(シュロス)

 Shloss Neuswansteinは1869年9月5日に建設が開始され、1886年には、なんとか居住できる程度になり。以後、ルートヴィヒ2世は、この城に住まうようになるが、その期間はわずかに102日間で、王は軟禁されてしま った。美しさのため世界中から観光客を集めています。吾々はまたも最終旅行日程表の中身を逆転し(カメラの記憶が混乱)、先ずWiesの教会を観て、シュロスの麓のレストランLISLへ移動し、昼食 の後、城への小型バスに乗りました。

 上はSpeyerに在るWies礼拝教会です。下はNeuswansteinの遠景。

 左はレストランLISLです。上は途中に掲示された地図。

 看板上のこの地図でLISLと書いた地点に食堂・土産物屋・小さなホテルがあり、此処まで大型バスが入ります。
 此処から、地図の中央右の交差点まで満員の小型バスで登りました。その先に馬車もありますが、吾々は徒歩で登り城の入り口まで行きました。LISLまでの帰路も徒歩で下りました。

 地図の左の奥にルートヴィヒ2世が幼少を過ごしたHohenswangau城が描かれています。HOME

撮影に絶好のマリエン橋の袂で
パノラマでも撮影しました。

 城の中は撮影禁止でした。螺旋階段を昇り、召使いの間・王の間(何と召し使いを呼び出す電鈴がある)・寝室・更衣室・居間から洞窟を通って、秘書の間・歌人の間・更に階段を地下まで下りて厨房を観ました。此処には外の日が差すので、 模型の写真2枚を撮りました。


 

 厨房には大型の鍋・釜・窯などがありますが、何時の時代の物か疑問があります。

此処に示す写真はノイシュバンシュタイン城の紙製の模型です。右の写真に城の入り口が見えます。

上の写真では城の右の別館が見えます。此処の地上階に厨房があります。

HOME

ノイシュバンシュタイン城を出て暫く走った路上から振り返った写真です。城は画面中央の少し右の丘に在ります。

 第五日:9月/17日(月)

  今日はハイデルベルクへ360kmの移動。ハイデルベルク大学・学生牢などを見学。この大学は多くのノーベル賞受賞者を誇り、留学生が多いことで知られ、アルトハイデルベルクの小説でも若者の憧れをそそ学校です。 ハイデルベルクでは短いケーブルカーで昇りました。狭い谷間を岩壁とすれすれに走ります。上ではカメラの電池が切れて、撮影不能でしたが、大して観る程の風景も有りません。ダイナマイトが暴発した現場までは行きませんでした。HOME

一番上はハイデルベルク大学の図書館 一番下はハイデルベルクでツアー参加者(撮影は業者)

 ご夫妻での参加者は5組に留まった様で、私のように単身参加が多いのに驚きました。此処からシュバイヤーへ移動し大聖堂を見学し、フランクフルトへ戻りました。HOME

ジョンさんは今日までの運転担当で明日は別の人です 帰路、多くの城を撮るために停車した時の野草

その1 その2 その3 その4 その5

「その−5」へ