ドイツ周遊10日間の旅−その3 HOME

その1 その2 その3 その4 その5

             第四日:9月/14日(金)

 今日は早朝8:15にDresdenのホテルを出てLeipzigライプチッヒの聖トマス教会とMeissenマイセンの工場を訪ねます。移動距離は110km+100kmと比較的短い日です。今夜は昨夜と同じDresdenのホテルに戻ります。 (此のページ下段には9月15日を含みます)

 此れまでと同様、移動はアウト・バーン(無料高速道)を使います。途中トイレ休憩ではサービスエリアを使いますが、トイレは無人の有料で50セント、但し 毎回1ユーロの商品券(サービスエリアでのみ通用)が出てきます。 結果的にマイナス50セントという不思議です。

 サービスエリアで、売り子のご婦人に「珈琲の買い方を説明して下さい」と聞いて、云われた通り煎れてカウンターに持参すると「貴方は綺麗なドイツ語を話しますね」「何処で会得したのですか?」と云われ、今回初めてドイツに来たことなどを話すと頻りに感心していました。

 迷子になって以来、吾がバスの運転手、ジョンさん(1日目から7日目までの運転を担当、55才)と親しくなり、色々質ねました。私が知っているドイツ炭坑節を聞かせましたが、彼は知 らないそうです。知らぬ筈で、 彼はアイルランド出身のイングランドの大学中退でした。世間は広くて狭いもので、8日目の運転手とはスペイン語で話しました。

 さて、話を本流に戻します。今日はLeipzigで聖トーマス教会と旧市庁舎を訪ね、更に(Meissen)マイセンに移動し、有名な陶磁器工場の2階で簡単ながら美味いコースメニュー料理を摂りました。

聖トーマス教会は田園風景の中にぽつんとあります。ミサの最中でしたが、撮影を許されました。

 Meissenの様子は次の写真の通りですが、中は工場を見せるより売店(高級品からお土産まで)と食堂に力を入れています。多分、日本の陶磁器の細かさには敵わないでしょう。HOME

陶磁器工場の入り口(番人) 千客万来

 原料を練る段階からのモデル工程を見学させます。
 写真は最終の色付け。

工場の前に博物館があります 売店の入り口。トレードマークは二本の刀剣です。

陶磁器会社のトレードマークの二本の刀剣です。入り口の壁にマークの変遷がタイルで貼られています。私はマイセンでは時間を持て余しました。

 マイセンを3時半に出発、ドレスデンへ戻り、オペラ広場でゲーテとシラーの像を観て茶色の(Zwingerburg)ツヴィンガー宮殿などを見学しました が、内部の撮影は一切禁止で記録に残せませんでした。宮殿を出てエルベ河の風景を撮影し更にフラウエン教会を見学しました。
 ドレスデンには著名人を記念する像や家屋が多いのに驚きです。ドイツは古いものを大事にする様ですね。何か暗さが付き纏うのは否めません。HOME

 上は、シラーの住居です。左上の写真は少し離れて撮りました。

左は銀杏通りで、ドイツでは銀杏(ギンナンはドイツ語でギンコと呼びます)が育ち難い様で、大切にされて居る様子が覗えます。

下の写真は、寂しい広場のやや明るい一角のお菓子屋さんの前で撮って貰いました。

 

 日本人にとってマルティン・ルターの宗教革命は身近には感じられない出来事であるが、彼はドレスデンに潜んで、新約聖書の出版に情熱を燃やしたらしい。像は1983年と最近造られた。

彼はツヴィンガー宮殿(ツヴィンガー)に匿われていたと聞きます。

下の写真は宮殿の広々とした庭園です。
HOME

下の4葉はルター派の聖母教会(FrauenKirche)で、全容の撮れる場所が有りませんでした。

エルベ川の風景合成写真;


第 五日:9月/15日(土)

 8時にホテル発、11:45に着いたBambergのマルクト街はお祭りの最中で大変な混雑でした。途中でバスを降りてLange通り を抜け(途中で再集合場所と時刻=街のど真ん中・13:30)を指定されてから、レストランで軽食、食後は自由行動でした。大変な混雑の中、集合場所を気にしながら、橋の袂を降りて川岸に出ました。小ベニスの名に相応しい家々が並んでいます。

Bambergの市役所(マーケット) Rathaus は市役所を意味します。RAT=評議員

バンベルクのLange通りの混雑は大変なものです。添乗員は此の通りの名前を知らず、ただ此の店の前に13:30集合と云うばかりでしたから、私は後で辻に掲示された案内図を見て 通りの名は(Lange)と判るまでは、ヴィジターが多い、通行人に 「お祭りの屋台が沢山あるストリート」と尋ねて、左と云われたり、右と云われたりで苦労しましたが、無事戻りました。 添乗員の不親切と勉強不足です。同行者の多くが添乗員の傍を離れショッピングだけで終わった様です。

救護所まであります。飛行船らしきものも浮いています。 人々の大半は街の外からの観光客です。

集合の目印となった顔の像(下に公衆トイレがあるそうです)

子供のための車輪で走るミニSLがありました。

人力車は有りません。HOME

小ベニスの名に相応しい家々が並んでいました。この河辺まで降りたのは私一人の様でした。

此処からヴェルツブルク(此処でもお祭りでした)へ移動し、レジデンツを急いで見学、大聖堂を見て、更に77km走り、Rotenbergローテンベルクの城壁に囲まれた旧市街を観光です。
HOME

 ローテンベルクの旧市街は高い塀で囲まれ、塀の上に監視のための通路が有ります。観光客もその一部に上がることが出来ます。塀の中に幼稚園から高校まである様です。昔の領主は民を保護し、城下の農家も野良仕事を終えたら塀の中の住居に戻ったのでしょう。 塀の外には外で、新しい市街が広がっています。

Rotenberg入り口。壁の上は事務所らしい。 壁の上へは階段で上がれる
写真は右隣の地図の赤の矢印の鼻の部分に立つ私です。壁の形は人頭に似ています。

同じ場所から展望を撮りました。壁の外の景色です。右上には此処に続く壁の一部が見えます。


此等、教会、美術館、ホテル、ワインセラーなど皆、壁の中の風景です。HOME

壁の外には観光客の車が沢山。マルクト広場では若い人が可成り酔っ払っていました。

 6時になると、時計の両側の窓が開き、音楽と共に二人の紳士がビールジョッキで乾杯を繰り返しました。

午後7時半にBad-Windsheim の宿に着きました。HOME

その1 その2 その3 その4 その5

「その−4」へ