ドイツ周遊10日間の旅−その2         
 HOME

その1 その2 その3 その4 その5

第三日:9月/13日(木)

 今日はベルリンからポツダム更にドレスデンを訪ねます。8時にホテルを出て、8時半にガイドさん、ハイケさん、と合流しました。勝利の塔とビスマルク通りでパントマイムをする失業者が記憶に残ります。ブランデンブルク門の近くで下車して、東西を分断していた壁の跡を見学しました。

 ブランデンブルク門とベルリンの壁の現場に来て驚いたのは、今なお国内・国外からの来訪者が絶えていないことでした。ご存じの様に、1961年8月東ドイツ政府によって建設された壁は、1989年11月10日に破壊されもう22年経ちますが、この辺りには今も東ドイツの持つ暗さが漂っている気がします。

1872年に造られた(デンマーク戦争の)勝利の塔 ブランデンブルク門の遠景
門の周囲は人が絶えない様です。 東西の壁を記念するプレート

 此処からゲルニカ橋に移動し、少時、下車撮影しました。この橋は連合軍のベルリン侵攻作戦に大役を果たしたことで知られています。ポッダム市へ移動し、市役所の中の食堂で昼食でした。味もまあまあで、しかもツアーを安く上げるのに市役所が一役買っている訳です。

次に、バスは隣町の公衆駐車場に停められ徒歩10分で「ヤルタ会談」の場として知られる、ツェツィリンホフ宮殿を訪ねました。なかなか見事な住宅で、希望者だけが有料で内部を見学しました。ゆっくり観て、外に出たら誰も居ないので、添乗員が口頭で指し示して去った近道を選び駐車場へ向かいましたが、見つからず、 そちらと思う方向へ小走りに歩きました。

 いざ迷子となれば、日本大使館・領事館に連絡すれば何とかなるのですが、何とパスポートはバスの座席のバッグの中に置いたままでパスポート番号も覚えていません。頭の中が真っ白になりました。 真っ白な頭では適切な言葉が出て来ません。野良仕事の男や小学生にバスの居そうな場所を聞きましたが、男性は私が自分の車の駐車場所を探して居ると誤解し「車種は何だ」と聞き返す始末。ああ、Pferdestelle馬留を知っていても Parkplatz を知らぬ私でした。

幸いにも他のツアーバス(米国からの観光客)に拾われ、次の見学先(サンスーシー宮殿)まで乗せて貰いました。吾が添乗員の口頭説明が 不明瞭だったのも一因だったと考えます。

上はPotsdam市役所で、2階がレストランになっています。1階に厨房やトイレがあり、ビアホールと軽食堂を兼ねる。
上はゲルニカ橋。ピカソとは関係ありません。 以下はヤルタ会談の場:ツェツィリンホフ宮殿
ヤルタ会談の現場が保全されています。

次の見学先(サンスーシー宮殿)で皆さんと合流し、顔を合わせた方々にお詫びしました。 以下の写真はこの地に馬鈴薯を普及させたと聞く領主の宮殿(住居)の外見です。

 遅れた私に気持ちよく接して下さった方々に、 今なお深く感謝しています。



今日は此処までで、ドレスデンへ移動し、レストラン(ビアホール)でポーク料理を摂り、ホテルにチェックインしました。此のホテルでは、格別の問題は有りませんでした。

その1 その2 その3 その4 その5

その-3へ