ドイツ周遊10日間の旅−その1 HOME

前書きとその1

  参加の経緯:左眼の黄斑変性で気分が優れず、気晴らしに海外旅行に出掛けたいと考えながら、新聞紙上で見つけたこの旅行(トラピクス主催・17都市を巡る ドイツ大周遊10日間:単身参加歓迎)に参加することとしました 。電話に出た担当者の薦めで9/21出発のグループに申し込みました。この9/21出発の日取りは新聞紙上には無いので「おかしい!」と思って居ましたら、果たして2週間 ほど経ってから9/21分は催行中止との電話。結局9/11発に繰り上げの参加を強いられました。
 26〜27才の頃、日本国内で最初に使った外国語が、(採炭機導入の為の)ドイツ語であったので、すっかり錆び付いているだろう此の言葉を思いだすことで、海外旅行 の最後を締めくくるのも一興と考えました。
謂わば、海外旅行の総括にしたいとドイツの旅を選びました。海外・団体ツアーへの参加はこれが四度目で 、一人での参加は初めてです。
 参加して、此の計画は旅客に強行軍を強いる無理だらけの旅と判りました。時間のほぼ90%は移動使われたのです。一日当たり観光に充てられた時間は3時間で 、その他の時間はバスで走り回り、指定店でのショッピングに充てられました。利用ホテルは2流で、最初のホテルでは、コンドームが置かれ、怪しげなカメラが置かれていました。次の (ベルリン郊外)ホテルでは、人糞の付いたタオルがそのまま、洗濯され、プレスされて置かれていました。ぞーつとします。その後のホテルはまあまあの2流でした。
 9/11日、午前7時45分に成田第一ターミナル内の指定カウンターに集合との指示で、やむなく、前夜から空港内の「レストハウス」に泊まりました。然るに、9時45分発予定のルフトハンザは 成田を正午12時に離陸、更にフランクフルト空港では、嵐のため着陸出来ず、30分間旋回を続けると云うオマケまで付きました。
 予想通り、今回の旅では。何処の食事も不味く、ビュフェスタイルでは、此だけは食べねばと皿に盛っても、三分の一も食べられませんでした。パンを始めどれもこれも塩が強く、同じ匂い なのです。珈琲も不味いです。観光は時間制限のため急ぎ足になり、脚も心も草臥れました。それでも「指定土産物屋」ではたっぷり時間を割いて呉れるのです。 日本に帰つて、体重が何と2.5kgも減量しているのに唖然としました。 マイセンでは、後の組の日本人ツアー客が、トイレで「これじゃ、トイレ休憩の為に走っている様なものだね」と嘆いていましたので、他のツアーも似たり因ったりかも知れませんね。
 添乗員も計画の無理を承知して居ました。更に、日本で配られた「最終旅行日程表」の訪問先の順序は、添乗員と運転手の打ち合わせでどんどん変更され、記録写真の順番がどれが何処か判らない次第です。
今後、国内旅行を含めトラピクス主催の旅は、先ずは疑問をもって調べる必要がありと感じました。

第一日:9月/11日(火)

 フランクフルト空港に着き、入国・通関でゲシュタポ風の青年審査官のチェックを無事通過し、迎えのバスに乗ったらもう夕刻でした。雨の中をワイマールまで270kmをひた走り、怪しげな (連込み宿と思われる)ホテル・パークインにチェックインしたら、もう真っ暗でした。
 此処で早速、不味いビフェスタイルの夕食を摂りました。部屋のベッドの頭にはコンドームが置かれ、浴室の石鹸には、バイアグラの成分が入っているかの如き怪しげな説明文(英語)が付いているのに驚きました。 クレームを付けて居たら、添乗員が手持ちの石鹸をわけて呉れました。 運転手のジョンさんも「俺と一緒に別のホテルに行こうか」と案じて呉れました。
 日本から徹夜で飛んできたのに、第一夜で眠ったのは3時間程度でした。朝飯は勿論質素なブフェスタイルです。野菜・果物を主に摂りましたが、4日目以降は、日頃親しんでいるヨーグルトは日本と同じ味と気づき、皿一杯を飲むことにしました。小錦の様な体格の添乗員が奨めた「オレンジ・ショーレ」など 「ショーレ」の付く飲み物は、胃・腸で炭酸ガスが噴き出し腹が張って苦しくなります。小柄な日本人には不向きです。他の人々も同様らしくトイレでは皆さん空砲ばかり撃っていました。 ご用心ご用心。
機体は2階建てのA300でした ワイマールに近づくと、雨は小止みになりました

二日目:9月/12日(木)

 早朝のワイマール市街へ出発です。ワイマール は旧東ドイツです。初めて見る光景は明るさに欠けています。官吏らしい二人が、ゴミ箱の中を点検していました。ゴミ箱は、芥の種類によって決められた規格品で清掃車のアームで軽く持ち上げられる様な設計と見えます。
 観光はゲーテとシラーの像があるマルクト広場に始まりました。

 ゲーテとシラーの像を前に説明するガイドさん。

 旅客にはドイツ国内の学生と老人が多いと見ました。

 建物の左端の部分がシラーの住居です。 入り口。掲示はされているが、入場出来なかった。
Eisenachに移動して、バッハが演奏していたと云う教会に立ち寄りました。此処で偶然にも、聖歌隊の練習風景に出遭いました。デジカメムービーで撮りましたが、 HTML5になってフラッシュ・ムービーは使えなくなりました。HOME

 マルチン・ルターの家も観たことになっていますが、
 記憶・記録にありません。

 BACHの教会の名前も記録に漏れました。
Bach記念館では、写真撮影は許されず極めて残念でした。

此処から、食堂Augustinbrauで昼食のあとバルツブルク城(Wartburg)へ移動しました。 城と云うより宮殿で、内部の装飾は絢爛たるものがあり騎士の間、歌合戦の間、エリザベートの礼拝堂、など見どころが多い宮殿です。此処からアイゼナッハ観光へ移動します。

 上の写真の撮影場所は明確ではありませんが、
写真の右の黒い塀はCASINO(日本のパチンコ?)です。

その左にはTOYOTAの修理工場が写つています。

 左の写真はWarzburgのマーケットです。寂しいです。
 背後は市庁舎です。旧東独圏では、市庁舎の隣は
 マーケットと決められている様です。

下の写真はWarzburg城です。マイセンのマークに似た交差する「刀のマークが気になります。

 上は、Wartburg城=宮殿の見取り図

本日の観光はこれまでです。ベルリン郊外の宿に移動=大変な距離で草臥れます。HOME
その1 その2 その3 その4 その5

「その−2へ」