エジプトの旅(その5)HOME

12月21日(火)
 我々の船が、最近修理が終わったと聞く「エスナの水門」を通り、落差20メートルほどの川上に抜ける日となりました。船内で1日ゆっくり過ごしました。水門の構造は、理論的にはパナマ運河などと同じですが、此処では2隻の船が続けて水門に入ります。船は自力で、ギリギリの壁の間を抜けて行きます。(普通の運河では、岸辺から人力で引いたり、岸辺のウインチ付きのトロリー車に引っ張って貰います)。船長の腕が悪いと壁を擦ったり、水門にぶつかったりすることも有るのでしょう。

上左:前の船に続いて、第1水門に入る様子です。どの船もサイズが似たり寄ったりである理由が判ります。

上右:第1水門の出口側です。第2水門を通ったのは深夜で、写真は撮れませんでした。

左:第2の水門を抜けて上流側の水位へ出ました。

12月22日(水)
船がエドフに着き、朝8時半、2人乗りの馬車に乗って、ホルス神殿の観光です。御者が乗車直後から降りるまで「バクシーシ」を言い続けました。昼食後船は、コムオンボに着き、船からほぼ全貌を見せる(鰐のミイラを祀る)「コムオンボ神殿」を観光しました。夜は、同行者の中に誕生日の方が居られ、皆でお祝いしました。船内で民族衣装を着たパーティーが行われました。HOME
2人乗りの馬車に乗って 夕刻のコムオンボ神殿
12月23日(木)HOME
アスワン・ハイダムを見学しました。アースダムとしては世界最大です。細かいことは省略し写真をご覧戴きます。午後ファルーカ(ヨット)に乗船し楽しい一時を過ごしました。夜はベリーダンスもありましたが、妊婦かなと思わせる中年女性でした。
12月24日(金)
 空便で、アブシンベルへ移動し、ホテルにチェックインしました。私共にはインドネシアのホテルを想い出させる、ブーゲンビリアの咲き誇る、別荘風でした。午後、アブシンベルの大神殿、小神殿を観光しました。夜はもう1度同じ神殿を訪ね、音と光のショーを楽しみました。夜食はクリスマス・ディナーで七面鳥が美味しかったです。
セティホテル@アブシンベル 綿のだるまさん(ホテル)
アブシンベル大神殿 光のショー

2月25日(土)HOME
アブシンベル>>アスワン>>カイロ>>チューリッヒの移動です。
チューリッヒ空港で入国審査の折り、前の人がなにやらトラブったので、私は、審査官に、突然ドイツ語で「明日東京へ飛ぶ日本人グループツアー」ですと話しかけました。「今日は何処から来た」と訊かれ、「エジプトから」と応えると全員をすいすい通して呉れました。自分でも40年振りのドイツ語に驚きました。
チューリッヒ空港のヒルトン・エヤポートにチェックインし、夕食はクリスマスは・ディナーでした。ケーキも蝋燭付きでした。食後有志5人に添乗員(遠藤さん)でメーンステーションへ、Xmasイルミネーションを観に行きました。小雨の中、落ち着いた、綺麗な電飾を観ることが出来て楽しい想い出になりました。
旅の最後の夜食。フロイエ・バイナハト=Merry Christmas と書かれたデザート
(上)中央駅のイルミネーション (下)街と商店の飾り付け
12月26日(日)/27日(月)
朝11時出発、空港でショッピングし、翌27日午前8時半無事に成田に戻りました。
HOME