エジプト(その3)HOME

 
12月18日(土)
 9:00カイロ発の列車で、途中の農村風景を楽しみながら、アレキサンドリアへ移動しました。紀元前500年頃にアレキサンダー大王によって開かれた、エジプトとしては比較的新しい街です。「グレコローマン博物館」を見学しました。写真撮影は自由でした。
カイロ中央駅 アレキサンドリアの市場
ガイドのイマンさんと クレオパトラの像 ネフェルタリの像
 その後、昔は貴族の墓地であったカタコンベ(今は共同墓地)を訪ね、更に、15世紀に建設された、やや近代的な「カーイトゥベイの要塞」を訪ねました。

 カーイトゥベイの要塞から嘗てリゾートとして栄えた、アレキサンドリアを望む。


 列車でカイロへ戻り、ました。ホテルは、グランドハイアットにチェックインしました。HOME
下はグランドハイアットの自室からナイル川とカイロ市街の夜景です。


エジプトの旅(その4)HOME

12月19日(日)
 午前中、赤のピラミッドと屈折ピラミッドを観て「赤のピラミッド」に入りましたが、中は照明器具が盗まれたり、壊れたままだったりで、真っ暗。日本から用意して来た 懐中電灯はホテルのスーツケースの中で、ドット疲れました。夜は18時45分ごろから、約1時間、「エジプト考古学博物館」の「貸し切り見学」。 阪急交通社が、数十人の日本人だけに貸し切りで見せて呉れるものです。ゆっくりと「ツタンカーメン」から「ラムセス2世のミイラ」まで、 手に取れる近さから、面から、裏から見学出来ました。私にとっては、この旅の最大イベントでした。残念ながら写真撮影は許されません。下の写真は、ハガキから取り込みました。ツタンカーメンの面の裏は、鉛色で滑らかに仕上げられています。
赤のピラミッド(玄室に入りました) 初期の形式と言われる階段ピラミッド
ツタンカーメン王の心臓を入れた壺の箱を飾る面 ご存じツタンカーメンのミイラが被っていた面
12月20日(月)
 早朝にホテルを出て、航空機でルクソールへ。午前中に、西岸の「王家の墓」地区で、ツタンカーメン王、ラムセス3世、4世の墓を見学し、ハトシェププスト女王葬祭殿を観て、ナイルクルーズ船「アマルコ1」に乗船、チェックインして、昼食。
 午後は、東岸の広大な「カルナック神殿」を観光。夜の音と光のショーは30分で切り上げました。
ラムセス3世の墓の構造図 ハトシェププスト女王葬祭殿にて
ツタンカーメン王墓の入り口 王家の墓の移動トレイン

 「カルナック神殿」のほんの一部をパノラマで撮影しました。HOME




 ここをクリックで次に進みます。