ナイル川を航くエジプトの旅(その1)HOME



 

004年12月15日に成田を発ち、27日に帰国しました。以下、大凡の日程です。
15日=チューリッヒ経由16日=カイロ着。ギザのホテルにチェックイン。夜はSound & Light Show へ。
17日=クフ王のピラミッド、3つのピラミッド、市場など。
18日=アレキサンドリア観光へ。
19日=赤のピラミッドに入る。夜はエジプト考古学博物館の貸し切り見学。
20日=空路ルクソールへ、王家の谷・王妃の谷・ハトシェプスト神殿。夜はカルナックのSound & Light Show。
21日=船内で休息。22日=馬車でエドフ観光。コムオンボ神殿。
23日=アスワン観光、イシス神殿、ヨット(ファルーカ)セーリング。夜はベリーダンス。
24日=空路アブシンベルへ。ホテルはコテージタイプ。神殿観光。夜はSound & Light Show。Xmasイブの料理。
25日=空路、アブシンベル>>アスワン>>カイロ>>チューリッヒへ。夕食後街中へ。
26日=13:05チューリッヒ発、成田へ。27日9時頃成田帰着。

(感動したこと)
 (1)
私は、出発まで、ピラミッドとエジプト考古学博物館の見学を目的と考えて居ました。しかし、実際に紀元前2650年に建設されたピラミッドを目の辺りにし、(日本の縄文時代に相当する)紀元前2800年頃、既に 1年を365日とする暦 が象形文字を使って表現されたことを知って大いに驚きました。洪水の周期が生活を左右するので、ナイルの水位を測り、水量に依って税金の賦課額をきめていたそうです。英国やフランスの学者が、殆ど手がかり無しに象形文字を解読した事も驚きです。
 
(2)
エジプトはアフリカに在るので赤道に近いと思うと、さに非ずです。カイロは九州に近い「種子島」の緯度に在ります。ナイル川を遡って南下した、アブシンベル宮殿の緯度は台湾の「高雄」(カオシュン)に相当する事も初めて自覚しました。訪れたカイロは初冬で、クレオパトラが愛したと言う「アレキサンドリア」には冬薔薇なども咲いていました。

 序でに、日本でも美人の代表とされる「クレオパトラ」は、BC30年頃の存在で、エジプトにとってはごく最近の存在なのでした。更に、クレオパトラの彫像を見ましたが、鼻は高からず、低からずです。エジプト人の間での代表的美人は、自分の神殿を造らせた、王妃「ネフェルティティ」とされています。

 (3)訪れる人は誰しも、その昔々に人類初の文字を作り、天文学を初め、ピラミッドなどを建造し、大いに繁栄したエジプトと今の貧しいエジプトとの落差に、驚愕する筈です。特に「チップ=バクシーシ」を強請る庶民の多さにも驚くことでしょう。 例えば、アスワンの近くで、私がポケットから眼鏡を落としたら、家内より先に、横を歩いていた少年がすっと拾って呉れました。有り難うと言って受け取ったら、少年は「バクシーシ」と手を出します。近くに居た警察が私に近づき『「バクシーシ」「バクシーシ」』と繰り返して促します。ホルス神殿へは馬車で行きましたが、御者は最初から最後まで「バクシーシ」と後部席へ手を出します。前方を見るのは馬に任せて自分は見ていないのです。

現在のムバラク大統領を初めとする、エジプトの政府(特に観光大臣)は、こうした落差を埋めるための努力を怠っているとしか思われません。国が国民の教育をおろそかにすれば、この様に貧しくなるのだと言う見本の様に思われます。

 おおまかに言えば、今回の旅は遺跡を辿りながら、上に挙げた地図の北から南へ、飛行機とクルーズ船で南下したことになります。HOME

12/16(木)09:45、チューリッヒ発 14:35カイロ着。
空港で、バスに同乗する警官を小一時間待ち、パトカー先導で空港を出ました。このパトカーは直ぐ見えなくなり、何が目的で待たせたのか解りません。ホテルはメリディアン・ピラミッドで、客室からピラミッドを間近に望む高級ホテルでした。その夜、早速、ギザピラミッドの音と光のショー(日本語)を観に行きました。観客は少なく、見応え充分でした。
遺跡の壁面に映るクフ王の横顔 闇に浮かぶスフィンクスとピラミッド
ホテルの自室からのピラミッド 投影された女王ハトシェプスト

エジプトの旅(その2)

 

12月17日(金)
8:30ホテル(メリディアン・ピラミッド)を出て、クフ王のピラミッドを訪ねました。案内人も予期していなかったらしいのですが、折角日本から持って行った懐中電灯はホテルに置きっぱなしで、途中の蛍光灯は盗まれたらしく、真っ暗な穴の中へ手探り・足探りで入りました。玄室には照明がありました。
ホテルロビーで クフ王のピラミッド 壁画の1例
クフ王のピラミッドの入り口 スフィンクスを間近に(見学者多し)

 クフ王、カフラー王、メンカウラー王の3つのピラミッドが見える台地で写真休憩です。お土産屋が沢山並んでいます。駱駝乗りを奨める男もいました。我々は後日と言うことで断りました。
 


  

フインクス見学のあと駱駝に乗りました。少し怖々と乗っています。昼食後は街中のモハメッドアリ・モスクを訪れ、モスク内部を見学し、高台からカイロの市街を見下ろしました。
初めての駱駝  モハメッドアリ・モスク


カイロの市街は、埃に煙っています。流石、中国人はエジプトを「埃及」と書いたと感心します。
 



HOME

 此処をクリックで次に進みます。