第二回・再びの船の旅 (上)

カリブから・南米・スエズ運河・メキシコへ−T

上: 何うして、出掛けることになったの?

上の写真は、私共の乗船した サンプリンセス号 です。 77,000総トン(因みに、飛鳥は28,700 トン)、乗客定員 1,950名、14階建てのビルと考えて良さそうです。 赤くマークした場所が私共に与えられた部屋、 Stateroom B702 で10階に有りました。 14階の前方に24時間オープンの食堂があり、プールやジムは13階にあります。 客室は11階から4階に有ります。 喫水線以下の階は(事務室・医務室・船員室で)階数に入れません。 船は11月/9日 プエルトリコのサンファンから出航し船内11泊の旅です。
何故船の旅を選んだのか、話を此処から始めましょう。 「瓢箪から駒」の事でした。
1.) 今年(1999年)の 7月または8月 に ロンドンに4〜5日間滞在してから、アイルランドへ足を伸ばす事を考え、ロンドンの地図や、大英帝国の地図、列車時刻表などの資料を沢山買い込みました。 アイルランド語に不案内の私は、情報誌を参考に、ロンドン出発のグループ・ツアーに参加しようと、現地のツアー会社を探しましたが、I.E. 上では見付けることが出来ませんでした。 当時、英国ではインターネットの利用度が低かったのでしょう。
次に、ロンドンのツアー会社の日本の代理店を探し、此処に申し込みましたが、「残念ながら、当代理店には、7月分の枠は与えられていません」とのことでした。 7月はベストシーズンなので、英国近辺の国の観光客を優先している様です。現地発のツアーは日本人を好まないのかも知れません。
 新聞紙上で、日本の中堅の旅行会社(W)の アイルランド・ツアーの広告を見ましたので、此処に「貴社のツアーに参加して、期間の前/後に個人旅行を楽しみたいのですが」と問い合わせた処、「規定の料金に、3万円/人を積み増せば、企画旅行の直前の個人の旅行の組み込みを受け入れます」とのことでした。 しかも、「ご希望の日に出発のアイルランド・ツアーは既に12名の申し込みがあるので成立しています。 急いで料金を払い込んで下さい」、と言われ、翌日、払い込み用紙が送られてきました。 私は、(手数料を低く抑えるため)即日、指定銀行の横浜駅前支店に出向き、指定の100万円余を払い込みました。
ところが、何と、2日ほどして、「参加者が8名となり、旅行は中止となりました。払い込まれた料金を、貴方に払い戻すのは、1週間後です」 と電話が入りました。 此処で怒っては、損をしかねないので、大人しく払い戻しを待ちました。 もう二度と此の会社のツアーには申し込まない事でしょう。
2.) その直後の8月、ゴルフを一緒にした友人は、「飛鳥」で世界一周を終えて帰国したばかりとの事でした。 彼の話を聞いている内に、「また、船の旅をしてみようか」と考え始めました。 早速、インターネットで、クルーズ会社のホームページを探し、Princess & Cruise のホームページを開き、Agent Finder (代理店案内)を開きましたが、日本の代理店は紹介されていませんでした。
 直接、米国の船会社に電話した処、「一等船室は予約で満杯です。キャンセル待ちとなりま。 キャンセルは出航の1週間前に決まるのですが、良いですか?」との回答です。一週間前では個人旅行の組み込みは無理です。 たまたま、その月の近畿日本ツーリストからのダイレクトメールに、「パナマ運河クルーズ」が紹介されていましたので、「丸の内倶楽部」(新橋のインペリアル・タワー)に出掛けて、追加資料を分けて貰い、申し込みを済ませました。 船会社が満杯と言ったのは、各国の旅行会社が見込みで部屋を押さえていたのですね。 tophe
3.)近畿日本ツーリストでは、同社の規定のグループ・ツアーの前後に、私の個人の日程を組み込む事を了解して呉れました。 同社の今回の企画ツアーの参加者は、私共2名を外すと、規定より可成り少ない、10名でしたから、ツアー自体が成立しない可能性があったのでしょう。 何はともあれ、ほっと安堵しました。お陰で、乗船の前に4泊、下船後に4泊できました。個人旅行のホテル予約も引き受けるとの事で、高価な旅になるなぁと心配をしながら、追加依頼しました。HOME

船はプエルトリコのサンファンから出航し船内11泊の旅です。 私共は、早めに、11/05 成田発のDelta航空でアトランタに飛び、ヒルトンに2泊。ホテルのコンサージュに依頼し、中型車で市内を観光し、「風と共に去りぬ」で知られる[タラの家]、King牧師の教会(写真左)・墓地、南北戦争記念館 などを巡りました。  次に、サンファンに飛び、リッツカールトンに2泊し、古城など旧市街を見学しました。 
 帰路には、メキシコのアカプルコに1泊、山中の鉱山町に1泊、メキシコシティに2泊しました。これら追加の旅は、後日紹介致します。
11/9(火):気の早い私達は、9時にチェックアウトし、フロントで乗船案内のバスを待っていました。見かねた船会社の職員が、早めのバスに乗せて呉れましたが、船着き場で30分以上待たされた上、後日船会社の精算書にちゃっかりバス代が加算されていました。乗船と同時に昼食が始まります。 食後、フロントで日本から直行便で来たらしい人々と添乗員に逢うことが出来ました。船内でのディナーは、日本人だけのテーブルを囲む様に手配され、松田さん・寺尾さん夫妻と6名の席になりました。若手グループ6人は隣接のテーブルです。HOMEtophe
クリックして次のページへ中へ
カリブ海パナマ運河クルーズ関連日程表
11/5(金) 成田発18:00  Delta Airline 56 アトランタ 16:05 着
                                     Atlanta Hilton & Towers泊
11/6(土) King牧師の教会、南北戦争記念館など観光 
                                                                     Atlanta Hilton & Towers泊
11/7(日) アトランタ 08:30発 DL #389 サンファン, Puerto Rico 12:58着
                                                                            The Ritz-Carlton, San Juan泊
11/8(月) スペイン軍の城跡、バカルディ酒工場、旧市街見学など 
                                                              The Ritz-Carlton, San Juan泊
11/9(火) 午後1時半 サン・プリンセス号、Princess Cruise & Tours に乗船 PM11 出航
11/10(水) 08:00 St. Thomas, U.S.V.I.入港。ゴンドラで丘に登り、狭い街を散策              17:00 出航
11/11(木) 10:30 ナポレオンの妻の生地 Martinique 入港。ボートで島の一部を巡り、火山博物館を見学、雨に逢う。タクシーで熱帯雨林を通り抜ける。               18:00 出航
11/12(金) 7:00 Grenada 入港。スパイスの島 スパイス製造工程を見る、スパイスの植生多し。スパイスの博物館およびアンナンデールの滝、小さな城跡。 14:30 出航
11/13(土) 8:00 La Guaira, Venezuelaに入港。首都カラカスへバス・ツアー。独立の英雄ボリバールの屋敷を見物、大寺院見物、山の上のホテル・エウロピアンで昼食。土産物を造るガラス工場を見学。  18:00 出航
11/14(日) Curacao キューラソー 入港。ハト鍾乳洞、キュラソー売店、ミュージアムなど。 18:00 出航
11/15(月) 一日中海上航海 船やや揺れる  下痢始まる。
11/16(火) 7:00 パナマ運河通過開始。(船医の診察を受ける)運河通過16:30
11/17(水) 一日中海上航海         船内の施設や催し物(演劇など)を楽しむ。
11/18(木) 一日中海上航海         船内の施設や催し物を(舞踊など)楽しむ。
11/19(金) 14:00アカプルコ 入港 一時下船して免税店を見る。
                              夜メキシコ舞踊など。 船中泊
11/20(土) 13:00 サン・プリンセス より ようやく下船。夜の食事附き観光に参加、ダイビングを見る。                         Hyatt Regency Acapulco 泊
11/21(日) ランド・ツアー (3泊、4日)(個人参加) $509、 植民地の景観を残す石畳の街、タスコ観光・銀細工の店、昼食後大寺院など見る。 丁度、独立記念日で花火など賑やか。           ポサダ・デラ・ミション Hotel Posada de la Mission泊
11/22(月) クエルバーカの教会を見る。  Mexico Cityを観光の後ピラミッドへ。昼食後、土産屋の宣伝あり。久しぶりの日本的会席食。           ホテル日航・メヒコ泊
11/23(火) 個人的に延泊、考古学博物館を見学。ホテルの近くを散策。
                                     ホテル日航・メヒコ泊
11/24(水) Mex. 07:40 発 DL #465 ロスアンゼルス 09:30 着(入国手続き)  
 11:05 発 DL #79 (空席が多く、楽な旅であった) 
11/25(木) 東京 成田  16:00着 

 此処をクリックして次のページへ進んで下さい