*豪華客船でカリブ海クルーズ

 会社人間生活も残り少なくなった頃、ふと立ち寄った大手旅行会社の棚に船旅のパンフレットを見付けました。 そのパンフレットに紹介されている船のパック・ツアーは、何れも楽しそうです。しかし、飛鳥を始め日本籍の船は、余りにも高価です。 そこで、私はカリブ海を外国の豪華客船で旅しようと思い立ちました。 旅行代理店HISに行き、航空券 (Tokyo→ San Francisco→ San Diego→ Miami→ Orlando→ Tokyo)、 Nordic Empressの乗船券、ホテル、その他を、それぞれ手配してくれるように頼みました。 担当の「千葉さん」が親切に手配して呉れました。
 上の画像の矢印が私たちの First Class Stateroom でした。
旅程の組み方に若干の無理が有りました。San Diego→ Miami は距離的に近いので3時間で飛べると考えて、計画しましたが、実際には直行便は、サンディエゴとマイアミ間の直行便は存在しなかったのです(今も存在しません)。 San Diego→ Denver →  Miami とデンバーまで東に飛び、そこからマイアミに南下して、大いに時間を無駄にしました。 行程の順序は、成田→NY→マイアミ→カリブ海→オーランド→サンフランシスコ→成田 が正解だと思います。backtotop 
さて、私達は、1996年 3月27日 の夕刻、成田を発って、サンフランシスコに2泊し、サンディエゴに2泊し、マイアミに1泊し、目的の Nordic Empress 号に乗り込んだのは、4月1日の11時でした。

 サンフランシスコ/サンディエゴの話は、米国西部編で改めてご紹介する心算で、此処では上の写真だけとします。今回のマイアミは、船会社の指定宿 HYATT に 1泊しただけですが、運河に面した部屋を与えられ、かちどき橋の開閉を部屋から見物し、4/1の朝は、ホテルの近くを散歩しました。 船会社の係がホテルに来て乗船予約を確認し、10時頃、観光バスで港に移動しました。乗船手続きは、パスポート確認など、結構手間取りました。
 乗り込んで来る客の中に「shipshape」とプリントした T−シャツを着ている50人くらいの太り目の団体を見ました。 船旅で船形のスマートな体を作ろうと言う人達のようですが、乗船すると、すぐビュッフェスタイルの昼食、船出するとすぐ豪華な夕食(Dinner)、そして夜食(Midnight Snack)、翌朝からは、食べようと思えば、無料で、朝6時半から翌日の午前1時半まで、食べ続けることも可能なご馳走の連続です。 船でたらふく食べたら、プールやジムで運動しても、逆の結果に終わったのではないかと思います。
 日本人乗客は私たちの他には、スイートルームをご利用の新婚さんカップル(後日、東野さんご夫妻と分かりました)が一組だけでした。 船会社が呉れたパンフレットには、「日本語を話す船員がいます」と書いてありましたが、実際には日本語を話す船員は皆無でした。
 乗船して間もなく、マイアミのホテルでボーイに頼んでおいたスーツケースも無事届きました。昼食を済ませ自室のベランダで休んでいると、船内放送で「今から避難訓練をします」とのこと。トイレにいた私は、慌てて、家内に先に行くように言い、遅れて群衆に紛れ込みました。 乗客全員が中間デッキに集まっていました。安全担当者が各自の部屋番号を読み上げるので、乗客は部屋の人数を「two」とか「four]とか大声で言わねばなりません。目的は沈没などの時、自分が乗るべきボートを確認することです。 彼のタイタニック号46,000tonより大きい船ですから、いざの準備が必要なのですね。出てこない人も数人居た様です。 HOMEbacktotop
 ディナーだけは、必ず、決められたテーブルで決められた人々と摂ります。(上右)写真は、そのテーブル仲間で、私達の他は、@結婚50周年の老夫婦(写真の前列右)、A奥さんをニューヨークに置いて、毎年独りで来ると言う70代の男性(カジノ大好き人間、左端)、B更に娘さんを伴った、40代後半の夫妻(右後方)でした。このご夫妻には、特に親切にして貰いました。  
上の写真 左は、自室のベランダです。 右は、Midnight Snack の時の家内 と ソムリエです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
翌4月2日、朝バハマ共和国のフリーポートに入港。英国風の街並み、植物園を巡り、昼食を摂り、ショッピングです。
その夜、船長招待のカクテル・パーティー(上級先客だけに順番が回って来ます)では、大変お洒落をして来るカップルを多く見かけました。私達もまるで新婚さんの様な演出で記念写真を撮って呉れましたが、気恥ずかしいので、此処には出せません。 ビンゴゲームやダンスなどを楽しみます。
 船内には2つのプ−ル、カジノ、ラスベガス・スタイルのショウが毎晩かかる劇場があり、カラオケまで用意されていました。船長は、同社では「目下8万トンの船も建造しており、南極観光も計画中で、画像を利用してゴルフ場も作ります」と言っていました。(後年、この様なスクリーン利用のゴルフ場の付いた船に乗りましたが、用意されているクラブが重くて、手袋も無く、プレーは諦めました)。 毎朝、船内新聞が配達されます。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 4月3日は、ナッソーに上陸、昼は買い物、水族館見物、夜は街の劇場で、舞台上のヘリコプターが瞬時に出たり消えたりするマジックショウを見ました。勿論船内の劇場でも毎晩ショウがあります。カジノ好きのお爺さんAは我々と一緒に上陸しても、劇場には行かず、陸上のカジノに行ってきたそうです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4月4日は、ココケイと云う、船会社所有の無人島にボートで上陸し、バーベキュー大会、その他の催し物がありました。午後、私達は、初めて船内を探検して回り、スポーツジム、パターゴルフ、クレイ射撃などの設備があることを知りました。 船の中間デッキでジョギングしている人も見掛けました。ジムのウェイト・リフティングで汗をながす人もいました。少しだけベルト・ウォーキングをしてみました。
 船室は二人部屋、四人部屋、六人部屋などあり、ハッチ式の窓だけの部屋もあるようですが、食事は、全員平等です。エンジンに近い部屋は振動があり、暗いだろうと思いました。 夕食はメインダイニングで二交代制です。夕食のメニューはイタリアン、フレンチ、中華、カリブの日替わりですが、更にその中の3〜4種類の中から選びます。HOMEbacktotop
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5日目には下船し、その日の内に、オーランドに飛び3泊し、Disney World の MGM Studio, Epcot Center など を巡り4/9無事、成田に戻りました。ご紹介したい写真が多すぎて困ります。 メキシコにも入国し、ディズニーワールドに3泊して十分に楽しみました。 ただ船に乗るだけのグループ・ツアーには絶対に無い、自由と沢山の付録がありました。だだし、船旅の4泊5日は短すぎます。 船内泊をあと2泊ほど増やし、船旅を楽しみたかったです。船が大きいと船内事情が分かった頃に下船になります。第2回の船旅へ移動backtotop
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
後年、カリブからスエズ運河を渡る船に乗りましたが、これは、第2部で書きます。最近の Royal Caribbean Cruise の楽しみに関してお知りになりたい方は、http://www.royalcaribbean.jp/cruise/rci/cruiselife/cruiselife.doでより詳しい情報 をご覧になれます(日本語)。