カナダ大陸横断−その2HOME

 AA) ジャスパー(Jasper) から

バンフをロッキー山系観光の西の入り口とすれば、ジャスパーは東の入り口です。此処で私どもは、思い切り贅沢と言われる、Jasper Park Lodgeに先ず2泊し、Chateau Lake Louise に2泊し、引き返して、再び、Jasper Park Lodgeに1泊しました。ロッジと言う名は、客室が独立家屋の形式をとっているからです。一棟6戸もありますが、左下の写真の様に私どもの部屋は完全独立でした。ホテル形式の部屋も若干ある様ですが、この山の中で独立家屋形式の部屋をサービスするのは、大変な苦労を伴うものでしょう。宿泊費が高いのは当然かも知れません。
ただし、一見したところログハウスと思われるこれらの建物は、安テラで、薄い壁に材木の表面を貼り付けたあるだけの事でした。従って、昼は暑く、夜は冷え込みますから、暖房費は相当なものでしょう。冷房はありません。日中、部屋に入るとムッとする暑さでした。フロントに文句を言うと、扇風機を持っていきますとの事でした。部屋には既に扇風機が有りましたので、これは断りましたが、高級ホテルの評判とは些か違った実態でありました。

Jasper Park Lodgeの部屋;ベランダ側(裏側)です。

エアコンはありません。ドアの上のそれらしきものは捕虫灯らしいです。

 

 


 部屋の入り口に親子の鹿が来ました。
 白い車は、私のレンタカーです。この時、ホテルマンから、「子連れの鹿は特に危険です」と注意されました。


Jasper Park Lodgeの庭先が直ぐ湖になっています


マレイン湖のボート乗船券売り場です。これも見せ掛けの「ログハウス」ですが、環境に適合しています


ホテルの近くの空き地には野生の鹿が少なくありません。人間の近くが安全ということが判っているらしいのです。


マウンテンシープと呼ばれる山羊です。泥を食べていますが、ミネラルを補給しているのだそうです。


BB) レイクルイーズから

この地を発見したのは、カナディアン・パシフィックの鉄道開発の調査隊でした。その美しさを讃えて英国の王女の名前を与えたと云う次第です。(実際には、2回目の命名とも云われています)。湖水の色は、温度による(岩石)金属の溶解度の差のため、夏は色が深い紺色になり、冬は透明に近づきます。最も真冬に訪れた時、湖面は完全に結氷していました。


湖に映ったロッキーの嶺と氷河の美しさは他に例を見ません。


ホテルの庭先を散策し、ホテルを背景に撮りました。うっすらと虹が出て、歓迎の意を表しています。

散歩道(トレッキング)が3種類用意されています。
一番短い道順を選びのんびり歩きました。


散策の途中に出合った栗鼠です


ホテルの庭先で撮りました

CC) 氷河ハイウェイから

 仕事のため、このハイウェイは1972年以来数回通りましたが、来る度に拡幅されて、今や、産業上の大動脈の1つと考えられます。こうして、旅を続けると、世界中何処も彼処も、道を拡張し、人間の生活圏を拡げている様に思われ、野生の動物達には、苦痛を与え、環境を破壊する事で、人間自身も被害者になりつつあるとの実感を深めます。
 自然環境保護に力を入れている国の代表格と云われるカナダですが、其処でさえ、72年当時は木造であったChateauが、8階建て鉄筋コンクリートに替わり、その周りにも新しいホテルが数軒出来ています。新しいレストランも周囲に出来、お金持ちの別荘も増えていました。
此処で出合った、私と同世代らしい米国の退役軍人は、カリフォルニアの南端San Diegoから、夫婦で、トレーラハウスを運転して、来たそうです。日本の三沢にも住んだことがあるが、日本語は全く判らぬままと云っていました。これから、自分が釣った魚を料理すると、張り切っていました。


 アサバスカ氷河の上です。これをコロンビア氷河と勘違いして帰る観光客が多い様です。


この様な滝が各所に見られます。これは小さいモノです。


不思議な湖で、悪意(マレイン)と云う名前を与えられています。


寝台車で2泊してトロントに予定の時刻より4時間遅れて着きました。
(写真)車窓からの風景は大豆畑と湖の連続です。自家用水上飛行機を度々目にしました。

DD) トロントからナイアガラまで

トロントでは、湖を見渡すホテルに2泊し、翌朝は、世界一高いトロントタワーに登り、447メートルからの眺望を楽しみ、次の日は、オンタリオ湖の中之島の遊園地に行きました。
ナイアガラでは、日本から、オークスインと云う、ホテルを予約して、滝が一番良く見える部屋と指定しましたので、絶景を楽しむことが出来ました。家内は滝の音で眠れなかったそうです。夜間、滝は七色の投光器に照らし出され、虹になって輝きます。皆さんが此処を訪ねられる時は、滝の夜景も見逃さない様にお勧めします。
ナイヤガラから、橋を渡れば米国です。此処から、午後の列車でニューヨークへ向かい、NYのセントラルステーションへの到着は19日午前0時を回っていました。NYで3泊し美術館を巡り、オペラ観劇を楽しみました。以上で此の項目を終了します。読了有り難うございました。HOME