カナダ大陸横断−その1HOME

 

カナダ大陸横の旅(その-1)

 私がマイレッジで手に入れたUAの無料の切符を使うため、やむを得ず成田からサンフランシスコに飛び、米国に入国の手続きをしてから、バンクーバーに飛ぶこととなりました。 しかし、この入国手続きのお陰で、後日、ナイアガラからタクシーで米国に入国する際には、パスポートを見せるだけで済み、ケガの功名となりました。
シスコからバンクーバーへの飛行機が30分ほど遅れ、暗くなるのを心配しましたが、着陸して見ると、同地の午後6時は東京の3時の明るさでした。 これは、緯度の差に、更に夏時間の差が加わってのことです。 
 ホテルに荷物を入れ、早速、地下鉄に乗って、メイン駅に切符を引き取りに行きました。 地下鉄は改札も検札も無く、無人運転で、市民の良心を信じて運転されているらしいのです。時たま検札はあるが、切符は二時間有効なので、時間内の切符を持っていれば、何度でも好きなだけ乗って良いと聞きました。驚き!。
 その日のテレビのニュースでは、日本経済の不振がカナダ経済の不振に繋がり、カナダ・ドルが大幅に下落したとの報道が繰り返されていましたが、15年振りに見るバンクーバーは健やかな成長を続けたように見えます。
 16日夕刻、VIA鉄道の一等寝台に乗車し、ジャスパーに着いたのは翌日の午後1時でした。 寝台個室は同社のパンフレットに紹介されている写真よりやや狭いと感じましたが、サロン、展望車、食堂(メニューを含め)は満足出来るものでした。

バンクーバーで乗車;プラットホームは有りません。踏み台が置いてあります。

個室寝台;洗面台、トイレ冷蔵庫、2脚のソファは夜間は2段ベッドになります。

一等用サロン;常に珈琲・紅茶とビスケットが用意されています。

サロンの上が展望車です。下の階の半分は食堂です。

望車から外を眺めのんびり過ごします。列車の最高スピードも100km/H以下で、大凡75km/Hでしょう。単線ですから、途中、長い貨物の列車をやり過ごす為に何度も、停車します。
更に途中食料を積み込んだり、大掃除をする為に、2時間近い停車時間があり、此処では駅前の商店街に行きなさい(掃除の邪魔になるから?)と、案内してくれます。大きな商店街で、生け簀や、大きな食堂、書店などから小さな土産物屋迄あり、地元の人びとの姿が目立ちました。
左下はでジャスパー駅に着いて、自分達の荷物が降ろされるのをホームで待って居るところです。赤いコートのご婦人は70歳以上とお見かけしましたが、「新婚旅行で初めてジャスパーに来たのよ!」と話掛けてきました。新しいご主人はリタイアした技術者だそうです。 私が以前、この近くに鉱山技師として働いていたと言うと目を丸くして、「鉱山は重労働でしょうね」と言われ、驚いて、NO!と理由を説明している所です。右はJasperの宿から訪ねたMedicine湖からの帰路出合った黒熊です。親子ですから危険なので、観光客も熊もやや緊張しています。

 カナディアン・ロッキーの訪問は今回で4度目ですが、山も湖も25年前と全く変わらぬ秀麗さを見せて呉れました。少し変わったのは、鹿が町中に頻繁に出現する様になったことです。ジャスパー・パーク・ロッジでは私の借りたバンガローに鹿の親子が、特に夕方から朝に掛けて出て来ました。人間が自然を破壊して鹿に近づくと同時に、鹿も人間の近くに居ることで他の猛獣から身を守ることが出来ることを覚ったものと言われています。それに、コロンビア氷原パークウェイの幅も、1部ではありますが、大きく広げられ、物資の輸送に大きな役割を果たしているようでした。

 

 25年前には木造だったレイク・ルイーズのシャトーは、当然のことながら、コンクリートに変わっています。 その昔、ここを訪れ、空室を見付けて泊まり、夕食時にはネクタイが無くて食堂に入れず、ボーイ長からネクタイを借りて食事を摂ったことを、懐かしく想いだしました。 勿論、今の従業員に木造のシャトーの話をしても木造のシャトーを知る年齢の者は居ません。 
 写真の対象として世界で最も高い頻度で採り上げられている、カナディアン・ロッキーの心臓部とも言うべきレイク・ルイーズは、昔と全く変わらぬ静かな美しさを見せて呉れました。
 右の写真はサン・ワプタの滝です。 季節は6月末頃で水量の多い頃でした。 8月は観光客が多くなるのが難点ですが、標高の高い場所の氷河湖の色は、この時が最も美しく、文字道りエメラルド色に輝きます。しかも、一つ一つの湖が違う色をしているのです。
以下詳細,以下に記載します。