カナダ大陸横断の旅日程表HOME


3月号より掲載


2月号より掲載


4月号より掲載

 
日程表(旅の詳細は次のページからです)
6/14(日)

成田発17:57→サンフランシスコ着11:00
サンフランシスコ発14:20→バンクーバー着16:30(真昼の明るさです)
Hotel Vancouverにチェックインし、夕食後、家内を休憩させ、一人で乗車券を受け取りに行きました。

6/15(月)

午前は展望台に上がるなど市内散策、午後は日本人運転手の観光タクシーで、ガスタウン、スタンレーパークなどを回り、夕食は、国際会議場(バンクーバーセンター)の高級レストランで魚介料理を摂りました。午後10時でも未だ明るいのです。

6/16(火)

荷物をVIAメイン駅のロッカーに預け、シーバスでグラスマウンテンなどを散策、駅に戻り、遅い昼食を摂って、いよいよ19:00発車です。All aboard !。夕食は列車食堂で。
3品からメインを選ぶコース料理で実に美味いのです。

6/17(水)

車内で朝食と昼食。ジャスパーには、少し遅れて12:55着。予約しておいた、レンタカーをAVISが駅まで持って来て呉れました。
 まっすぐ、Jasper Park Lodgeへ向かい、チェックインしました。夕食には早いので、Medicine Lake までドライブし、帰路、路上に出てきた「黒熊の一家」に遇うことが出来ました。
 Jasper Park Lodgeの庭には、「野生の鹿」が沢山います。ウンコが問題です。部屋のそばまで来ます。ホテルマンから子鹿を連れているのは、危険なので近寄らないで下さいと注意されました。  夕食はホテルで魚料理を摂りました。

6/18(木)

コロンビア氷河ハイウェイをLake Louise へ向かってドライブ。途中アサバスカ滝、ボウ湖などを見る。シャトーレイクルイーズにチェックイン。湖畔を散策。霧雨あり、虹を見る。
晴れたり曇ったりで天候は落ち着かない。夕食は町へ出て、サーモン。

6/19(金)

朝食後、バンフへドライブ。生憎の雨となり、バンフのホテルで昼食。レイクルイーズへ引き返す。夜は、ホテル最上階のレストランで。料理が出て来るのに時間ばかり掛かる。
此処に2泊目。

6/20(土)

天気が良くなり、もう一度氷河ハイウェイを走り、途中アサバスカ氷河の雪上車に乗る。サンワプタ滝観光。夜はジャスパー市内で中華を摂る。Jasper Park Lodge 2泊目。

6/21(日)

ゆっくり朝食をとり、午前はホテル近傍を散策し、Medicine Lake 経由、Maligne湖へドライブ、観光船でマリーン湖をゆっくり回る。     午後ゴンドラでホイスラ−山へ登る。此処はスキー場として有名。          凄く高価なJasper Park Lodge に3泊目。

6/22(月)

朝食後ホテルでゆっくりし、10時半にチェックアウトして、駅の近くのレンタカーの店に車を返し、駅の近くで昼食。なんと、トロント行きの列車は予定の4時間遅れで到着しました。17:50 発車。食堂車で美味しい料理です。序でながら、1等寝台車にもシャワーは1つしか有りません。中から鍵を掛けて湯に掛かります。             (車中泊)

6/23(火)

ウイニペッグ、シュー・ルックアウト、などで停車。3食とも食堂車で。ベッドメーキングは、停車時間を利用して行われます。。展望車は、クーラーが効きすぎです。日本人は我々二人だけですが、此方の人も寒い、寒いと、冷風の吹き出し口にティシューなどを詰め込みました。階下の休憩室と厨房を適温にすると、展望車は寒くなるのだそうです。(車中泊)

6/24(水)

一日中列車の中です。列車の遅れは4時間のまま、トロント駅に22:30に着きました。タクシーの運ちゃんに、「近くて悪いね。チップを弾むよ」、と言い訳しながら、ウエスティン・ハーバー・キャッスルと言う、全室からオンタリ湖を見渡せるホテルにチェックインしました。                                (トロント泊)

6/25(木)

トロントタワーなど市内を少し散策し、シーバスで、センターアイランドの遊園地へ行きました。園内のケーブルカーに乗り、園内で昼食をとり、トロントへ戻って「ボートハウス」と云うレストランで夕食を摂りました。                                      (トロント泊)

6/26(金)

10:05トロント発の列車で、ナイアガラへ(所要2:30)。列車の行先がニューヨークであるのと週末のため満席でした。下車の時、荷物の間を掻き分けるのが大変でした。 日本から「ナイアガラの正面の部屋」を予約した、オークス・インにチェックインしました。素晴らしい景色です。  エレベーターでテーブルロックまで下りました。

ニューヨークへの列車は此処から予約し、やっと確保しましたが、予定の列車は取れず、可成り遅い出発になります。NYのホテルにはチェックインが夜遅くなることをファックスしました。                            (ナイヤガラ泊)

6/27(土) 観光。「霧の乙女」号で、滝のそば迄行きましたが、飛沫で写真など撮れたものではありません。                             (ナイヤガラ泊)
6/28(日)

ナイアガラ観光と昼食・買い物。午後2時頃タクシーでアメリカに入り、アメリカ側のナイアガラ駅で乗車しました。 ニューヨーク(Pennsylvania)駅への到着は19日の0時を回っていました。それでも、問題なくホテルにチェックインしました。                                    (ニューヨーク泊)

6/29(月) 市内観光1日(自由の女神など)。                (ニューヨーク泊)
6/30(火) 昼はメトロポリタン美術館。夕刻グッケンハイム美術館など。夜はブロードウェイでミュージカル(オペラ座の怪人)                  (ニューヨーク泊)
7/01(水) 12:15JFK発 UA801のビジネス・クラスで東京へ
7/02(木) 15:05成田帰着
「一度カナディアン・ロッキーに来た者は、必ずまた来ようと心に誓う」と良く言われますが、全くその通りになったのです。 レイク・ルイーズとジャスパー・パーク・ロッジとに合計5泊し、約1000qドライブして景勝地を巡り、再び寝台車の人となったのは6月22日の夕刻でした。 
 筆に絶するカナディアン・ロッキーの美を、何時の日か、訪ねられることをお勧め致します。 なお、今回の旅は、1000q のドライブにニューヨークまでの列車を合わせ、地上走行距離で、6300q に達しました。
以下詳細を、次の号に記載します。