秋のカナディアンロッキー(カナダ前編)
HOME

家内の白内障手術が順調に経過したので、かねてより、ビクトリア(カナダ)に行ってみたいと希望していましたので、9月中旬、新聞広告で「阪急球交通社」のそれらしい旅の募集を見付け参加する事としました。
ご存じかと思いますが、ビクトリアは、カナダ、B.C. (British Columbia)州の首都です。バンクーバーは商都と言えます。 旅行社の日程に従って、初日は、アルバ−タ州のCalgaryに飛び、一気に、カナディアンロッキー・国立公園の南端にあるバンフの街まで、バスで移動しました。日暮れが迫るカルガリー・冬ののオリンピック競技場、懐かしいキャンモア(25年前に1月間の滞在)の秋灯を左に眺めながら、日没後、ホテル・バンフ・スプリングス(右下写真の奥)にチェックインしました。100年以上前の建造物ですが、最近 Fairmont Group の系列に入り、8億ドルを掛けて改修し、カナダ随一のホテルの名を欲しいままにしています。(12月号の表紙は、その別館の夜景です。バンケットルーム・会議場などが有ります)。

翌朝、部屋からボウ川と雪を被った山を眺めることが出来ました。(下の写真)。

ロッキーの観光はバスで、キャッスルマウンテン(バスの遮光ガラスで左下写真は夕方の様)、Crowfoot烏の足氷河などを望みながら、レイクルイーズへ向かいました。此処は、4年前の夏、2泊した宿です。今回は、写真休憩のみです。下右は真冬と夏のシャトー・レイクルイーズ俯瞰です。11月はこれら2枚の中間でした。

キャッスル・マウンテンの偉容です

ルイーズ湖は、若干の結氷があるものの、スケートをする厚さはまだ有りません。湖水は寒い間は透明で、夏には青さを増します。これは、水に溶解する金属イオンの濃度が、水温に因って変わるからです。
 
今回は、結氷が始まったミネワンカ湖畔を散策しましたが、風に吹き寄せられてぶつかり合う氷の金属音が印象的でした。(左の写真)
バンフに戻り、ゴンドラでサルファー山に昇り、ロッキーのパノラマを見ましたが、展望台の手摺りなどが入って、360度のパノラマ写真は失敗でした。
来月号のパノラマでご紹介しましょう。
第2部は、途中を省略して、バンクーバーに飛びます。では来月、またお逢いしましょう。同行者が置き引きに遇った詳細を記述の予定です。

左の写真(カタログから)は、ホテル・バンクーバーです。この歴史あるホテルも、バンフスプリングス同様、嘗ては、Canadian Pacific Railways の経営でした。

Fairmont 系列に入り、近代的に改装された、歴史有るホテルです。センターに有って、港にも、地下鉄(Sky-train)駅にも近く、買い物、観光、ビジネスなどに便利です。HOME

4年前には3泊しましたが、今回は2泊でした。