「初夏のバンクーバーHOME

 
1998年の初夏に訪ねたバンクーバーでもHotel Vancouverに宿泊しました。 当時このホテルはCanadian Pacific Railways の経営でしたが、現在、このホテルは Hotel Fairmontの系列下に入り、左下写真のホテルのカードキーは、過去の歴史を語る貴重なものとなりました。 The Hotel Fairmontと言えばサンフランシスコの丘の上の歴史あるホテルを思い出します。 第2次世界大戦の折り、毎夜、兵士を送るダンスパーティーが開かれ、数々のロマンスを生み映画化もされ、今もそのダンスホールが残されています。

名門Canadian Pacific は鉄道の建設の際、風光明媚な場所を厳選してリゾートを開発した。

6/15日、午前中は、バンクーバータワー(写真右上)まで散歩しました。高さでは、後日訪れたトロント・タワーには及ばないものの、風景では優るとも劣りません。白い建物はバンクーバーセンターと呼ばれる国際会議場です。
午後は、観光タクシーを雇い、市内をざっと回りました。下の写真3葉はその折りのものです。Queen Elizabeth公園内に大きなセコイアの樹が有るのに気づき写真を撮りましたが、2002年の秋の訪ねた折りは何処だったかもう分かりませんでした。

左下は、余りにも有名な「世界最初の蒸気時計」です。この時計は大抵表示時が狂っているのですが、当日は、正しい時をきざんでいました。 夕刻、バンクーバーセンターの先端に在るレストランで、ゆっくり食事を楽しみ、食堂をでた時はもう、午後9時半でしたが、右下の写真は、白夜に近い季節の夕陽が造る、長が〜い影です。

翌16日、寝台車の発車時刻は夕方なので、シーバスに乗って対岸へ渡り、更に路線バスとケーブルカーで、グラウス・マウンテンまで登りました。此処はスキーシーズンは賑わいますが、夏は閑散としていました。特筆すべきは、木製の彫刻が沢山並んでいたこと位です。

:


帰りの路線バスを待っています。後方のお土産屋も閑散としています。

 話が飛びますが、左下はその日の夕刻に乗車した鉄道の始発駅です。
 右下は最初の下車駅で新婚の老婦人との語らい。