バンクーバー と ビクトリアHOME

バンクーバーに戻って来たのは、11月7日の午後でした。街路樹が綺麗に紅葉、あるいは黄葉した市内を早速バスで観光しながら、(1867年、ゴールドラッシュ時代の酒場経営者の名を冠した)ギャス・タウン、チャイナ・タウンを通り、(植物園的な)クイーンエリザベス公園、(トーテンポールで知られる)スタンレー公園、(市内を望む高台の)プロスペクトポイントなどの景色を楽しみました。

  (貴方、荷物を盗まれましたよ)
 ガイドさんが、ホテル・バンクーバーで我々のチェックイン手続きをしている間、我々観光客は、大橋巨泉の「OKショップ」で買物をすることとなりました。
 女性連が買い物に熱中しているので、少し外で待っていようと、外にでると、店の入り口に用意されているベンチに、同行の男性二人が雑談していたので、私も仲間の入れて貰い、三人が並んで腰を下ろし、四方山話を始めました。  
左の人をA−さんとし、私をBとし、右にC−さんが座った、A、B、C の形で、C−さんは店の出口に一番近い処に居ました。 其処へ、やや貧相な中年の日本人女性が、煙草を吸いながら近づいて来て、「何処に捨てたら良いかしら、灰皿はありますか?」と我々に尋ねるので、3人とも知らないよ、と、その女性を観察していると、通りの水溜まりで火を消し、OKショップの立て看板の裏にポイと捨てました。
 それから、1分もせぬ内に、普通の身成の、中年日本人女性が、C−さんに近づいて来るなり、「貴方、誰かに荷物を盗られましたよ」、と云うと同時に、大通りを右方向に走って去りました。「えつ!」彼の右側、即ち「店の出入口」に近い足許に置いてあったバッグが消えています。  びっくりした、C−さんは、慌てて、その女性の後を追って、歩道を右へ走りましたが、間もなく、「やられた!判らない」と言いながら、愕然として戻ってきました。 
翌日の3人の意見を纏めると、こうです。 最初の煙草の女性は、我々の注意を道路に集中させる役目に就いていた、我々の見なかった二番目の女性がバッグを置き引きして、予想と逆に店内へ逃げる実行犯であり、第三の女性は「採られましたよ」と、親切?に告げて直ぐ外へ走り、それに釣られて、C−さんを走らせ、我々全員の注意を店内の犯人から逸らせる役目であった−− と云うシナリオです。
 海外では、日本人に用心せよ!とは聞いたことが有りますが、目の前で、隣の人が置き引きに遇うなど、驚きでした。 日本人向けお土産屋の前で、日本人中年女性であれば、日本人の誰もが旅行者と思いこむ心理を利用した、巧妙な手口です。 不幸中の幸で、C−さんは、財布・パスポートをポケットに入れていましたが、もし、バッグに入れていたら大騒となり、領事館での手続きなどで、彼の帰国は3〜4日遅れたことでしょう。
(VICTORIAを訪ねて)
今回カナダを訪ねる最大の理由は、初めて、ビクトリアを訪れる事でした。気候温暖なこの街には、BCの州政府が置かれています。リタイヤした老人家族も多い街と聞いていました。バンクーバー港から観光船で1時間半掛かります。船は3万トンの大型客船で、就航してまだ1年と云う話でした。船内は子供の遊技場や食堂もあり、行きは親子連れ、帰りは学生が多いのに気が付きました。インターネットに繋いで仕事をするビジネスマンの為のボックス3方向の仕切で用意されています。

@

B

A

C ビクトリアらしい落ち着いたホテルです。観光客が多いので、観光馬車もあります。

狭いながら、綺麗な街並みです。休日で、多くの学生を見掛けました。

ビクトリア港に到着して、州議事堂@及びその内部(Aはステンドグラスの一つ、B中から外の景色)、(中央部が低くなった英国式)議場などを見学、その隣の博物館でカナダの自然と歴史を勉強し、Cエンプレスホテルなど辺りの落ち着いた雰囲気を楽しみました。 

ブッチャート・ガーデン

 市内で昼食の後、ブッチャート・ガーデンを訪れました。 此処は個人の所有地です。此処は、ブッチャートと云うセメント会社を経営する方の奥様が、夫の会社が石灰を採掘した跡地の広さを見て、花園に変身させようと決心し、全エネルギーを注ぎ込んだ結実と云われ、自ら樹を植えたり、種を撒いたりだったそうです。


@入り口


A サンクンガーデン


B 噴水も2カ所ありました


C 後の建物の殆どが、ご自宅の様です

 彼女は、この庭園を無料で公開していましたが、後にあまりに多い観光客に対応するため、有料になりました。彼女の死後、その孫に引き継がれ、そのお孫さんも2年ほど前に亡くなられました。彼も、鍬を握り庭造りに励み、晩年には、駐車場の整理役を務め、礼儀正しく、笑顔を絶やさぬ人だったそうです。
 採掘跡地ですから、Sunken Gardenとも呼ばれています。入り口の近くに、ブッチャートさんの自宅があります。温かい日には、庭を長目ながらアフタヌーン・ティーを楽しむ事が出来ますが、今回は、小雨の中、クリスマスの飾り付けが始まっていました。  私は、鉱山会社に籍を置いた者として、ブッチャートさんの奉仕精神に、感服するばかりでした。日本の経営者あるいはその配偶者には、考えられない事であると断言して憚りません。HOME