ブラジルで遭った出来事HOME

 サッカーのワールド杯が日韓共同で開催されている今、ブラジルでのサッカー観戦にまつわる「苦い思い出」をお話しましょう。 パスポートを開くと、初めてブラジルを訪ねたのは、1975年4月になっています。 当時、商社NWが仲介者となり、大手製鉄会社と鉄鉱山を開発する計画が進んでいました。 この初回訪問は、現地視察で済ませたので、ホテルに近いベロホリゾンテ駅の喧噪以外、殆ど記憶に残っていません。
 帰国後、再度の出張に備え、ポルトガル語の参考書(高橋都彦・富野幹雄先生の共著 =ブラジル・ポルトガル語)を読みました。 本書に挿入されていた読者カードで、例題でわからぬ箇所(動詞の変化)に付いて、質問したところ、高橋先生より、直接お電話を頂き、恐縮した事を覚えています。(的確なご説明で1〜2分の会話で済みました)。

南米サンティアゴ(チり)のサッカー場 (試合の1時間前)

  リオデジャネイロの常宿:手前の公園に市営サッカー場があり、表側の部屋では朝まで喧しく眠れない

 翌1977年、2月に1週間か10日ほど手伝って欲しいとの話で、ホイ来たと、小さめのスーツケースを提げて、3/11日、単身、ロス>>リマ>>リオデジャネイロ 32時間掛けて飛びました。 到着して初めて、開発の主体が同国の国営大企業「Valle do Rio Doce」であることを知りました。 到着の翌日から、同社の技術者との会議が始まりました。 地質・鉱山の調査は終盤にあり、鉱山開発の具体的な設備投資に関するエンジニアリングに取り掛かる段階でした。 
 会議が一週間続いた頃、今年一杯残って仕事を一緒にして欲しいと言われ、慌てました。 着替えも有りません。家内が、衣類やゴルフ道具を揃え、後から来る若い技術者(前田弘君)に託して寄こしました。 以降、我々の根拠地は、ブラジル第3の大都会 ベロ・ホリゾンテ となり、結局、この年のクリスマスまで、9ヶ月間この地に留まることとなりました。 朝食はホテル、昼は会社の近くの食堂、夜はドイツ料理店を愛用しました。今考えると牛肉が主食でした。
 よく、ブラジル人は 「おおらか」 と言われますが、私に言わせれば「無神経」です。 Rio de Janeiro の歩道を歩いていると上から、水が降って来ます。 見上げるとクーラーの排水なのです。誰一人気にしている様子はありません。 滞在したBelo Horizonte (ベロホリゾンテ) の街を歩くと、上から煙草の吸い殻が降ってきます(窓からのポイ捨てです)。 商店は夜の閉店間際に、店のゴミを一斉に歩道に出します。歩道はベチャベチャになります。ネズミとゴキブリが横行します。ネズミは日本の猫ほどもある大きさです。 真夜中に清掃車が来るので、ゴミをだして彼等の仕事が無くならぬ様にしているのだと平気で言います。 
 街を流すタクシーの殆ど凡てが、フォルクスワーゲンで、助手席側にドアは有りません。鈎の付いたチェーンがぶら下がっています。助手席に座った客は振り落とされない様にしがみついています。車優先社会ですから、ベロホリゾンテの歩行者は命がけで交差点を渡ります。
 ブラジルは、外国人を大事にしない国です。植民地でみんなが外国人だからです。ポルトガル語もしゃべらないで何しに来たと言わんばかりです。ホテルも一流は別として英語は通じません。 もし英語が通じたとしても、せいぜい、フロントの一人位です。 社内会議をする内に、彼らの英語の発音はひどい物で、誤解の可能性が高いことが判り、2週間目からは、下手くそな私のポルトガル語で討議を進めることとなりました。 たとえば秀才を誇る技師が、Railway をハイウェイと発音するのです。私のポルトガル語は「ポルトニョール」(=エスパニョール(スペイン語)+ポルトゲス)と言われましたが、この方が遙かに安全でした。
 広くて、安くて、安全なホテルを探し歩き、結局、8畳と10畳がある(写真1)、書き物も出来る宿に落ち着きました。 契約は一週間毎の支払いです。 風向きによりますが、ほぼ毎朝、近くのコーヒー焼成工場の悪臭と車の騒音とに悩みました。 のんびりしたホテルで、請求はどうかすると10日以上経って来ました。

3 =Rioのキャバレーの舞台に引っ張り出され、スキヤキ・ソングを歌い、拍手・喝采を浴び、踊り子の挨拶まで受け得意げな私です


1=居間から寝室を見る    

 2=ブラジリアで前田技師と
 4=ブラジリア観光で撮影

 さて、本題のサッカーに入ります。10月の穏やかな夕刻、今夜はプロ・サッカーの大試合があると聞き、同僚の技師と連れだって、二人で観戦に行くこととしました。行きはタクシーを使いました。サッカー場とその周囲の熱気は、流石ブラジルです。ゴールが決まろうものなら、場内は、全員立ち上がり、私は前が見えなくなります。物凄い歓声です。
 やっと終わりました。と、皆が一斉に出口へ小走りします。 私も外に出て、さて、と辺りを見回せど、友人とはぐれて見知らぬ人ばかりです。 タクシーがあろう筈も有りません。 夕暮れも間近です。バスが埃を舞い上げながら次々に出て行きます。どれも満員です。 仕方なく乗客に「Para Centro?」と訊いて、飛び乗りました。私が最後の乗客で、戸口の手すりに掴まって尻を外に向けて、ぶら下がるように乗り込みました。 走り出すと、少年が走り寄って来て私のズボンのポケットから財布を引き抜こうとしています。私の両手は振り落とされない様にバスの手すりをしっかり掴んでいます。手を放したら死んで仕舞います。盗まれているのが解ってもどうする事も出来ません。
 小一時間走って、バスは薄暗い、貧民が多いらしい丘の上で終点となりました。乗客が皆降りて、私一人になった時、私は運転手に身振り、手振りを交えて、財布を盗られた事、警察を呼んで欲しい事を告げました。 運転手は、「座って居なさい、このバスは、CENTROへ折り返す。ホテルの近くで降りなさい」、と言って呉れました。ホテルから100m以上離れた交差点で下車し、無事ホテルに戻りました。街には、窓から贔屓のサッカーの旗を振る自家用車が列をなして走っていました。乗用車の窓から3メートルもあろうかと言う旗を振るのです。
 盗られた財布には、ホテル代の請求が何時来ても良いように、10日分の支払い額が入っていました。 翌日、会社で、ブラジル人技師にお気の毒と言われれましたが、金よりも、オーストラリアで買ったオストリッチの高級な財布が惜しいよ、と言ったら、これも亦、社内の噂になって仕舞いました。
 日本では一度もスリに遭わない私が、米国(South Carolina の空港)でスられ、San Francisco のレストランで置引きにも遭っています。 その後のスポーツ観戦では、「連れにはぐれない」こと、「ズボンのポケットは出来るだけ使わない」ことをモットーにしています。 最近、輸入品のシャツを買うと、胸ポケットが無いのに困惑します。財布を入れたポケットにはボタンを掛けて置きましょう。
 この仕事の帰路、ロスに2泊し、レンタカーでディズニーランドに行きましたが、小雨の降る年末の月曜日で、園内はガラガラでした。銀行がスポンサーになっている可愛いい世界中の人形達が歌う 「It's a small world after all」に、恥ずかしながら、涙が込み上げて来ました。HOME