HOME

世界遺産:ポロブドール遺跡とバリ島、バンドンの旅

 インドネシアから2年前の十月の旅の報告です。日曜日に成田空港を出発し、金曜日の午前中に帰国するという大変忙しい旅でしたが、団体ツアーですから、短時間に安く、沢山見せますと言う、近畿日本ツーリストの方針に感心する旅行となりました。

 バリ島が属するインドネシアは、ほぼ赤道直下にあります。 従って、朝の6時に日の出、夕刻6時に日没と、一年中同じです。 ジャカルタでは、日の出と共にコーランが街中のスピーカーから流れ旅愁を誘います。 

 ご存じの様に、インドネシアはイスラム国家です。1945年の第二次大戦後、スカルノおよびムハマドを中心に、オランダからの独立運動を起こし、遂に1949年 共和国として独立を認めさせました。スカルノは親日家で、国旗も上の半分が赤、下の半分が白の2色としました。スカルノ氏の娘が今の大統領メガワティ氏です。 人口は約2億人強です。 宗教・民族問題で揺れ続けています。

 ジャカルタには日本から進出した企業も多く、私も仕事で2回訪れました。街の表通りは近代的ですが、200mも裏に行くと、貧しい家並に出逢います。勿論この時は、出張ですから、観光は皆無で、バリ島など思いもよりません。街角で脚を擦り剥いて血が出ている男が、下水溝の水で傷を洗っているのに驚きました。

 イスラム国家の中で、バリ島が特殊扱いされる大きな理由は、この島にだけ、ヒンズー教(仏教の一派)が生き残り、島民の生活に溶け込んでいるからです。 この島はインドネシアの人々にとっても特殊な文化が息づいている異国の島なのです。 大きな観光資源となるヒンズーへに対して、政府の圧力は皆無です。 日本人にとってバリ島が親しみやすいのは、印度や泰国と同様に、ここが仏教の地だからと思われます。

今回、 成田空港をAM10:50に発った日航機は、夕刻ジャカルタに着き、乗り継いだ国内線でバリに着き、ホテルにチェックインしたのは夕闇が迫る頃でした。

 左の写真は、宿泊したバリ・ビーチホテルのロビーに飾られている仏像です。日本の仏像とは異なり、頭に飾り物が多く、衣類(?)も、王侯貴族を思わせる、豪華絢爛の金ぴかです。表情にも艶めかしさがあります。

 ホテルは、入り口が2つあるロッジ風の平屋・一戸建で、椅子を置いた、入り口のポーチには収穫の感謝を意味するらしい美しいレリ−フもありました。部屋からフロントまでが遠いのは良しとしましょう。

 二日目、早朝の海岸は人影も無く、波も静かで、浜辺にはレンタル・サーフボードが並んでいましたが、サーファーの姿は未だ見掛けませんでした。

今日は、バリ・アート・センターの見学、キンタマニ高原で湖を眺めながらの昼食、チュルク寺院、ケチャック・ダンスの鑑賞、ディナーショウetcと、大変忙しい一日でした。

 アートセンターでは絵画、人形などの展示や、織物の実演を楽しみました。
 右は、日本の獅子に相当する面です。

 チュルク寺院では、主として中年の女性達が、明日からの祭りの準備に追われていました。聞くところでは、祭りは、毎週1回以上行われるそうです。  信仰心が厚いのでしょう、祭りの準備作業は凡て無償のボランティアだそうです。

 写真を撮るのも自由で、沢山写真を撮りましたが、ページが重たくなるので、極く一部を載せます。それでも、画像が多く(28.8kpbsで60sec)と重くなりました。

 寺院の見学の際は、腿や脚を出来るだけ出さない服装(ズボン)が適当なのですが、蒸し暑さから、ショートパンツで参加した私は、寺院に入る度に、布を与えられ、腰に巻くよう指示されました。 左下の写真のように無様になります。
 女性もショーツ姿は許されません。 長い布を腰に巻くことを要求されます。スカートを履いていた家内は、腰に黄色の帯紐を巻きました。

 キンタマーニ高原で昼食の後、現地の中年のおばさんの売り子達が、バスの窓にすり寄って来て、「千円、千円」と叫んで、衣類や土産物を売り込む姿に、目の遣り場が無い恐怖感に襲われました。
 この近く中流の民家は、塀を巡らせ、小さい入り口を設け、悪魔、泥棒の侵入を防いでいます。それでも、豪邸は少なく、ジャカルタ程の貧富の差は無いと思われました。

 ケチャックダンスは薄暗い中で、若い男達が「ケチャック」と唄いながら踊りますが、暗くて写真にはなりません。
下は、ディナーショウのダンスで、若い娘達が、王子と姫の恋物語を演じている事は判りました。宝塚歌劇と同じで、男装の麗人が現れます。しかし、娘達は、全員10代の様です。従って、日本の宝塚より、もう少し上品で、もう少し素人ポサがありました。

下は王家の広間で踊る官女たち。右は王子さま。
王子さまは動きが激しく、写真はブレています。

 

 

 

 

 

 

 三日目は、早朝に空路ジョグジャカルタへ移動しました。此処で訪れたBorubudorボロブドール遺跡の(礼拝・儀式のための構築物で、最上階は天界を、中間階は現世を、地上は地獄を意味するとのこと)ほんの一部の写真を貼り付けます。
この広大な世界遺産をホームページ上で実感を持って見ていただく事は不可能と思います。

Borubudorボロブドール遺跡

 

 

 更紗の織物工場、染色工場を見学し、隣の店で買い物し、更に、有名な影絵芝居を裏・表から見せて貰いました。(最後尾の写真)

 その後にPRANBANAN(ヒンズー遺跡)を見学し、最上部の祠の中で、観音像と並んだ写真が、暗い洞窟なのに良く撮れていたのに、満足しました。此の遺跡は、未だ発掘が続いていました。JOGYAKARTA:ジョグジャカルタ市内のホテルにチェックインした時は、今日も真っ暗になっていました。

 四日目となる翌朝は、暗い内にチェックアウトし、飛行機(50人乗り)でバンドンに飛びました。

 HOTEL-PAPANDAYANに早目にチェックインし、バスで、湯煙の上がるTANGKUBAN-PARAHU火山に登りました。箱根早雲山の倍くらいの地獄巡りでした。 途中のチァトルの温泉では、同行者の中で、私独りが、湯に浸かりました。 男女混浴の温泉と言っても、温水プールと考えて下さい。 男はフリチンですが、女性は水着を着けています。 肌が荒れるのではと思わせる、鉄臭いお湯でした。 午後は、バンドン郊外のお茶の製造工場を見学(静岡よりも大掛かりに自動化していました)、果物と野菜が多い商店街で小休止。ホテルに戻ったのは夕刻でした。

下左は地獄巡りで、右端が家内です。右の写真はプランバナン寺院の最上階の洞窟の中で。 


 
 五日目は、午前中が自由時間で街を歩きましたが、暑くて、埃っぽい街でした。午後2時半、バンドン駅から特急列車アルゴ号でジャカルタに着いたのは、午後5時でした。 線路脇の貧民街を見て、家内は憐れんでいましたが、どの国でも鉄道沿線には、貧しい人が多いのでありませんか。 

 ジャカルタ市内見物は、独立記念公園の周辺だけで、夕食と買い物が済むと飛行場に向かい、ジャカルタ23:30発のLALで帰国の途につきました。

短くて忙しい旅でしたが、お陰で、疲れる前に帰国する事が出来ました。

ぐたぐたと記述し申し訳ありません。 バリ島の魅力を発見するためには、個人旅行で、ゆっくり滞在する必要がありそうですが、家内は、公衆トイレには紙も無く汚いし、水道水は飲めないし、もう結構と言っています。HOME

上は影絵芝居
左はバンドンの市場で