海外で出遭った親切

第二話(オーストラリア)

HOME

 

 1970年、南米に第二の鉄鉱山を開発することとなりました。私は事前にオーストラリアの大型鉱山を見学して、のちのちに恥ずかしくない鉱山設備を設計し、採鉱機種を選定などをしたいと考えました。学会誌で見学先鉱山のアドレスを確かめ、自分で出張計画書を作り、二ヶ月も前に見学先へ手紙を送り、受け入れ了解の返信を得て、上司の最終許可を取り付けました。 今考えれば、大変厚かましい事ですが、すべての訪問先で歓迎され、当時までの三菱鉱業の名が如何に効果的であるかを知りました。
計画では、先輩の鉱山技師一名と共に、先ずは西豪州のパースへ飛び、ここを起点として、オーストラリア各地の鉱山を廻り、帰路にはフイリピンの鉱山にも立ち寄ることとして居ました。Airsrock
ところが、出発の1週間前になって、会社に出入りしていた旅行業者が 「羽田からオーストラリア行きの航空券は入手出来ません。兎に角シンガポールまで飛んで下さい。 後は其処で何とかなりますよ。」と無責任なことを言います。 
見学先への約束の日程があります。
仕方なく、我々は,1月の屠蘇気分の醒めないうちに、シンガポールに飛びました。到着時刻は夜でしたが、英語のよく判らぬタクシーを掴まえて何とかホテル・オーキッドにチェックインしました。 
翌朝は、開店時間を待ちかねるように,カンタス航空の事務所に出かけ、ファーストクラスでもと言ったり、袖の下を出したりしましたが断られ、それでも粘りに粘って何とか、当日午後4時のシドニー行きのエコノミーに搭乗することが出来たのです。(当時はFirst とEconomy しかありません)。
さて、飛行機が飛び立って、ご馳走にありつきホッとしたところで、機内アナウンスがあり「只今シドニー空港はストライキのため、パースに不時着します。」とのこと。 乗客にざわめきが起こりましたが、なんと、我々の目的地に不時着するのです。「万歳!?」。 
夜の11時過ぎにパースに着陸し、
 私は直ぐ、Qantas 航空のカウンターに走りました。 カウンターの若い職員に事情を説明し、ここで降ろして欲しいと頼みました。 彼は、即座に、「解りました。OK」と言います。 彼は、我々を駐機場の飛行機の貨物室のドアまで案内し、二人の地上勤務員に指示して、山のように積まれたなスーツケースの中から、次々にスーツケースを降ろさせ、これか?これか?と言いながら、我々のトランクを引っ張り出してくれました。 更に、彼は、私達二人だけのために、入国審査、税関を開けて呉れました。 
Takeoff
やっと入国を済ませ、 両替所で持っていた米ドルをオーストラリアのコインに両替し、見つけた公衆電話から、電話帖を繰りホテルの電話番号を調べ、次々に電話しました。  
 「満杯、No vacancy」でやれやれと、次の番号を調べていると、後ろから、私の肩を叩く人がいます。 振り返ると、先程のカンタス航空の職員でした。 彼は「僕が探してあげよう。此方へ来なさい」と彼の事務所に連れて行き、其処から、とあるホテルに電話し、事情を説明し、予約を取って呉れました。 
この職員に「何故そんなに親切にして呉れるのですか」と訊ねたら、「二ヶ月ほど前に日本へ行ったとき日本人は皆親切でしたから」とのことでした。
TAXIを拾って、空港を出ると、その中年の運転手は、真っ暗な道を少し走っては停車します。 広々した、見通しの良い交差点で、▽の標識の通りに一時停止していたのです。 我々のTAXI以外には、車のライトは全く見えないのです。紳士の国に来たなと思いました。
紹介された新しい小型のホテルは、個人経営の様でした。 翌朝起床すると、部屋に朝食が運ばれ、食後は黒鳥が泳ぐ、庭先の素晴らしい湖畔(実際は河岸)を散策し、約束していた機械メーカーの駐在員とも連絡がとれ、翌日から、予定通りの日程を消化することが出来ました。
「日本へ行ったとき日本人は皆親切でしたから」というカンタス航空の若い社員の言葉が忘れられません。困った人を見たら助けなければとつくづく感じ入りました。