2018年9月24日
港の見える丘公園

 今年の夏は猛暑が続きました。熱中症で亡くなった人も例年の2割増になり、私も庭の手入れを我慢する日々でした。北半球全体が猛暑だった様です。世間では「暑さ寒さも彼岸まで」と云いますが、その通りですね。今日は少し寒いくらいの日になりました。
 9月24日、10時頃には薄日が差し穏やかな一日を予想させました。10月号の表紙に絡む「小さい秋」を撮るべく、カメラを下げて外出、山手通りの元町公園に着いた時は11時半頃でした。公園で数枚を撮りましたが、「小さい秋」と云うよりも「夏の終り」と言える写真ばかりになりました。
kinjo1 kinjo2
若い人の住まいですが茫茫です  建てて入居せず7年以上の侘しい家
busstrt
県道のポプラ並木も茫茫のまま夏の終りを迎えました。猛暑も一因と思われます。
motopark landmark
元町公園(外人墓地の横を下れば元町) 秋の兆しを見せる生け垣とランドマーク
レストラン1 レストラン2
お洒落なレストラン 公開されて居る西洋館の一つ
曼珠沙華
寿命の短い曼珠沙華がまだ残っていました。吾が庭のそれは既に縮んでいます。
不思議 丘の上ホテル
更に「港の見える丘公園」まで歩いて、初めて「岩崎洋裁専門学校記念館」に立ち寄り、ランチ定食を摂りました。此の公園に入ると、左手の低いプレートに「貴方と二人で来た丘」の歌詞が刻まれて居ます。
 旧英国大使館の庭園に小さい秋を求めましたが、弱った薔薇だけでした。久しぶりに「霧笛橋」の下のへ降りて少し写真を撮りました。写真は僅かに残る薔薇です。
薔薇1 薔薇2
霧笛橋の下
坂1 旗
BEAR

公園のマスコットBEAR君は今日も笑顔です。元町へ歩いて下り、中華街まで歩きました。
人形の家 アメリカンファッション
人形の家の前で遊ぶ少女 ニューヨーク・バーニーズの大きな洋装店
3連休の最後の日と合って、今日の街は人出が多い様です。思い切って桜木町から地下鉄で吉野町へ移動し、バスで帰宅しました。我が家のダイニングで遅めのエスプレッソ珈琲を飲み一休み。夜は、家庭サービスで.戸塚駅の近くの寿司屋へ行きましたが、帰路、バスの窓から中秋の名月がずーっと笑って居ました。