鎌倉半日ぶらり散(その2)

このの散歩を3つに区分しました
  光則寺の花 長谷大仏 江ノ島
 22016年9月26日(月)
今日は不思議と外国語浸けの日になりました。
 JR東戸塚で乗車してから鎌倉までを(横須賀米海軍での会議に出ると言う)米人夫妻と偶々席を共にし、大船観音の説明、会議の成功への期待、鎌倉散策の勧めとPRをしました。
 江ノ島の弁天窟の近くで昼食の際には、海を望むカウンターの隣席に、韓国の若い女性が凄いカメラを持って着席し、片言でビールを注文をすると、パチパチとビールのラベルを撮り、近くの犬を撮り、風景を撮り、忙しくして居ます。話しかけると日本語 は駄目、英語少しと言うので、撮影の目的、被写体の選択について訊ねましたが、英語は初歩の初歩で漢字も使って話ました。
 午后3時頃、江ノ島駅のプラットフォームのベンチの隣に座って居た25才くらいの白人女性が、乗車しても私の隣に座ったので無言のままも悪いと、英語で「落ち着いたご様子ですが、日本語 が分かりますか?」と質問したら、「ドイツ人で、日本語は全く判りません。東京に住んでます」とのこと。
 少しドイツ語を交わしてから、英語に切り替えて、鎌倉に着くまで、お互いの沢山のことを話しました。彼女は27才の生物学者で、アメリカ系の企業に居ることが判り。「道理でドイツ人にしては英語が上手ですね」、「日本人にしては英語が上手ですね」になりました。

 話の中で、私が「86才にもなって生きていることに、気が引けます(I feel guilty)」と言ったら「まあ、101才で死んだ私の祖母も、同じ事を言ってました」と言われ、アフリカを例外として人口構成の老化は世界的であることに同意しました。時間にして20分くらいですが、 愉しい時間でした。老いてなお、次々に英語で考えて居る自分 を再発見しました。本日、俳句は駄目!
***************************光則寺********************************
さて、花の寺と呼ばれる「光則寺」の花々が2週間で大きく変わって居るとはおもえませんが 、先ずは江ノ電の長谷で下車し光則寺に立ち寄ってみました。
 今日は花が目当てです。門前で、「のみの市」が開かれて、ご婦人方が沢山集まり、商品、と言っても古着、瀬戸物、文房具など雑多です。門前は即ち右に幼稚園を見る処でもあり、今朝は子供達の甲高い声が生け垣越しに聞こえます。
「のみの市」は英語「Flea_Market」の直訳ですが、もともとはフランス・パリ郊外の地下鉄駅の近くで毎週立つ古物市「marche aux puces」から来ている様です。全く季語になりません。
路地の花も撮影 写真の奥の塀の中が幼稚園
長谷幼稚園保護者会の主催とありあす 門の傍の秋海棠
光則寺の本堂には師孝第一の扁額が掛かっています。今日は静かです。
 
「のみの市」を抜けて、寺門から左手の「孔雀の小屋」を訪ねました。二羽の孔雀が狭い小屋に居るのですが、網が太く頑丈で、目が細かなので、写真を撮っても「網」を撮ることになり、クジャクは撮れません。
門に戻って植物園(乱雑な花壇)を回りました。秋海棠、紫陽花、など雑多です。
秋海棠に出会いました。
2週間前には無かった紫陽花です。 北米バージニア原産(大正時代に渡来)
此処でこんなに沢山の曼珠沙華に出会うとはおもいませんでした。  
庭の奥(土牢の方向)に進むと秋海棠がほぼ満開でした。
土牢へ向かう露地 土牢はこの階段の上

長谷大仏

光則寺を辞して、長谷大仏に移動しました。今年4月に修理が終わり綺麗なお姿を拝むことが出来ましたす。 入場料も200円と安く、追加の「胎内観覧}は20円でした。国内外の拝観者が押し寄せる理由の一つだと思います。
大仏さんと言うお寺ではありません。 大異山と言うのが正しい様です
胎内の壁(大仏の正面の裏側 大仏の頭を裏から拝観。旋毛の裏側のいぼ
大仏の高さは11.3メートル、台座を含めて13.4メートルと記されています。大仏の胎内見学では、1252年から〜10年以上掛けて、これ程多くの青銅鋳物造り、繋ぎ合わせたことに驚嘆します。
やっと本物の芒に出会いました。
 

江ノ島の下道(したみち)など

 再び「長谷駅」に引き返し江ノ島に向かいました。
 上右の写真の杓文字の鳥居の先を右に進むと「下道」に繋がります。通常の観光客が余り利用しない「下道」は釣り人の常用する道路です。軽四輪車とバイクのための道ですが、天気が良ければ右手に富士山を望む道でもあります。
下道の峠から階段を数段降り、数段昇り、通常の観光客が弁天窟に向かう道に出ます。直ぐ、参拝者の少ない「奥津宮」神社があり、恋人岬の入り口があります。今日は久し振りに岬の誓いの鐘の広場まで行きました。
食堂の混み具合をみて、更に前進し、奥から二番目の店に入り、海の見えるデッキ上に席をとりました。
薄曇りですが、心地良い風を感じます。簡単な定食にところてん(心太)を追加した処で、かの韓国娘が隣に来ました。
食後、弁天窟の入り口まで急な石段を下りました。入場料の高い弁天窟には入らず、疲れた足を休めるべく、江ノ島遊覧船を待ちました。
20分くらい待たされ、漸く舳先のシートを確保しました。乗客は家族連れの日本人が多かったです。乗船時間は15分位ですが、揺れるので立ち上がることは許されず、多くの写真は撮れません。
 法律・規則で許されて居るのでしょう、救命胴衣は未就学児だけに配られました。無事に桟橋めく石垣に着きました。無事、今日の散歩を終わりました。:2016/10/01記